足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

初めての中国訪問
10月にビッグサイトの国際靴製品展示会で会った中国の方を訪ねて今回初めて中国を訪問してきました、残念な事に今までの私の中国感を変更しなくてはなりません、今までは絶対に中国なんて行きたくないと思っていました、それは中国の情報があまりにも悪かったからなのですが、自分が思うほど中国人は悪くありません、もちろん車の運転など日本人では考えられない交通マナーですが、中国の人にとっては気にならないのでしょう、だから国際免許は使えない訳です。
今回の訪問は靴を探しに行った訳ですが、本当に現地の人、靴関係の仕事をしている人でないと工場を探す事は絶対無理です、幸いにもチェンさんはとても良い人でホテルの手配も全てやってくれました、中国語は読めない話せない上で訪問した訳ですから、しかしチェンさんが大学で日本語を勉強している学生を通訳に連れてきてくれましたので全く不自由はしませんでした、チェンさんは英語が話せますのでチェンさんとは英語、難しい話は通訳を介して仕事ができました。
恐らく世界の90パーセント以上の靴、インソールは中国で生産されます、さうがに中国の人件費が高騰していますので靴はベトナムやインドネシアにシフトしているようです。
ホテルはマルコポーロという一流のホテルに4泊しましたが価格はそれなりに高い料金でしたが設備は日本のホテルなどよりも充実しております。
写真を数点掲載しておきます、皆さんも中国に対しての考えかた、変更したほうがよいでしょう、でもまだ取引をしておりませんので
その辺のところはわかりません。
IMG_0676.jpg
IMG_0754.jpg
IMG_0770.jpg

スポンサーサイト
ISPS、Handaシニア・ゴルフトーナメント
昨日、越生ゴルフクラブまで、倉本会長、湯原信光さんのオルソティックと届けに行ってきました、今シーズンの試合も残りが少なくなってきました、昨日は真板さんにお会いし膝の具合も聞いてきました、ちゃんとオルソティックを使用しておりました、デビットとは息子が大昔にキャディーをした事があったので何十年ぶりに再会しました。
丁度、息子が一緒にいきましたので会長が足裏が痛いというのでDr・Kojiがロッカールームで足を診察したところキューボイドにサブラクセーションがありアジャストしたところ、会長が痛みが取れたと言っておりました、倉本会長は話やすい人で敷居がまったくありません、とても喜んでおりました、以前、FootmacxxのSportsfrexxのインソールを使用していただいていましたが、川股さん、これものすごくいいので、もう1足欲しいと言われました、嬉しい限りです、昨日Footmaxxの本物のオルソティックをお渡ししましたので楽しみです、会長のお墨付きがあれば最高です。
倉本会長
倉本さん
湯原プロ
湯原さん
ポダイアトリストのKOJIと倉本会長
倉本さん、と弘治
David
デビットさん 
今日から試合が始まります、どうなるでしょうか、楽しみです。
現在、Footmaxx社のオルソティックを使用しているシニア・プロは以下の通りです。
倉本会長
湯原 信光 プロ
グレゴリー・マイヤー
田中 泰二郎 プロ
真板 潔 プロ
柳沢 健介 プロ
デビット・石井
以下、その他も多数使用していただいております。
2日終了時点、グレゴリー・マイヤー、柳沢伸祐トップタイ、真板さんは3ストローク離れて良い位置にいます、こんなに早く良い結果が出てしまうとは思いませんでした、残念な事に倉本会長は初日に77を叩いてしまいそれが響いております。
フジフィルム・シニア・チャンピオンシップ
水曜日11月1日にプロサービス業務で行ってきました、オルソティックを選手に直接手渡しをして、いろいろな諸注意をする、また、選手の意見を聞いたりする訳です、今回一番参考になったのは湯原プロです、以前にもオルソティックを提供したのですが、柔らかくてて駄目だったとの事で今度はカーボンの材料を使いなるべく薄く製作するように依頼をされました。
また、倉本会長のオルソティックもかなり前に製作しましたので、今回新しいFootMaxxのオルソティックを使っていただく為に足型を取ってきました、最近のシニアは試合数も増えますます面白くなってきました、また、ちょくちょく関東でのシニア・ツアーにプロサービスで顔を出させていただいておりますので、プロ達にオルソティックの事を聞かれる機会が多くなってきました、ほとんどのプロはいろいろなメーカーのインソールを試しているのです、それでインソールなんて効果が無いと思っているプロがほとんどなのです、そこで弊社が世界でもトップクラスの製品をプロデュースしており、使用した選手が膝の痛みが取れた等プロ同士で世間話をする訳です、ですから少しずつですがプロにも興味を持っていただけるようになって来たと思われます。
それでも頭の硬いプロもおりますから、そういうプロはご自由にどうぞとなります、当然のこと、成績も身体に不調なところがあれば満足な結果は出ないと思われます。
-6アンダー、グレゴリー・マイヤーもちろんTop-Runのオルソティックを使用しています。
グレッグ
2位タイ、真板さん、もちろんオルソティックで膝痛軽減
真板
+1、柳沢ケンスケプロ、
柳沢
田中プロ、カカトの痛みが消えたそうです。
田中
PGA倉本会長、今回新し作り直しをします。
倉本
残念な事に、最終日、マークセン、崎山さん、と同じ組で周りスコアーを伸ばせず3i位となってしまいました、それにしてもマークセンは強いですね、崎山さんはパットが上手いです、先週は千葉、ザ・カントリークラブまでプロ・サービスで2回訪問しました。
湯原さんのインソールをもう少し固いものにします。
靴屋さんは、足の事を知らなすぎる
先日来から足の質問を受けていた方がやっと先週の土曜日に来院され、いろいろなお話を伺いました、その方は東京で靴を製作してもらったのですが靴屋さんが言うには開帳足の場合は前足部が広がらないように締めるのだそうで意図的に細い靴を履かせるとの事でした、それを聞いた私は信じられないと思いました、そんな程度の知識で良い靴など出来る訳がありません。
何万円も支払い、なおかつ、それが身体に悪い結果をだしてしまったら、患者さんはどうしたらよいのでしょうか、お金は無駄になる、痛みは出る、ダブルパンチのダメージです。
とりあえず、痛みを取る為に汎用品のオルソティックを入れて帰っていただきました、もちろん処方箋のオルソティクもご注文いただきました、以下、メールのやり取りをご紹介いたします。
お問合せ項目:インソール装着の靴について
お問合せ内容:はじめまして。
○○と申します。
私は、妊娠後期から、産後の現在まで、右膝がまがったままになって、伸ばすと痛みもあり、半年になります。
靴のサイズが大き過ぎ、現在、靴の幅の狭いスニーカーに変え、歩き方も
少しずつ修正してます。
靴と足が合わないと身体に与える影響が大きく、靴を買うのが怖くなりました。
しかし、子どもも小さいし、子どもの思う存分、遊びに付き合いたいし、
また看護師として働きたいと考えてます。
そこで、質問なのですが、幅の狭い靴にもインソールはつかえますか??
また、貴社に伺う際、乳児も一緒に伺うことは、可能でしょうか??
お手数おかけしますが、お返事頂けると助かります。
川股様

二通送ります。
お返事ありがとうございます。
遅くなって申し訳ないです。
川股様

2通目です。
後ろの写真です。
○○ 様
せっかく送っていただいたのですが、真後ろではなく少し斜めに撮影されてしまっており正確なアドバイスができません、できましたら、もう一度真後ろから撮影してみてください。
サンプルを再度おくります。
Top-Run
川股


川股様

子どもの風邪も改善しつつあります!
今週は外出を控えて、週末の土曜に備えています。
本当に楽しみです。
土曜に伺うにあたり、
川股様のブログを拝見し、
膝の痛み等、
同じような体験をされた方が数多くいることを知りました。
1人じゃないんだと思いました。
そして、皆さん藁にもすがる思いでいろいろ探されて、私も気持ちがわかります。
タコのケアや足の爪きりなどの作業技術は勉強したり、習得に躍起になっていました。
しかし、なぜ、同じ場所にタコができる?なぜ、陥入爪になる?その何故の部分に目をとめず、解剖学も疎かにして、足自体には疎かったです。
恥ずかしいです😣
ただ、前師長が足医師の必要性をしきりに熱く語っていたり、某セミナーに参加した事もありましたので検索ヒントだけはありました。
その時は、前師長が何を言わんとしていたのかが、ぼーっとしてわからなかったです。
自分の膝を痛めてから、モヤモヤしていたものが繋がりそうな気がします。
○○
 ○○様
かしこまりました、21日土曜日、午後1:30分の予約を受けております、楽しみにしていてください、余談ですが先週の日曜日に東京のBMZスタジオにお電話をしてオーダーメイド・インソールはいくらですかと聞いたのですが、5万円と診断料が5千円で5万5千円という事で考えさせてくださいと断りました、この店舗はいつも留守のようで、電話もやっと繋がったような状態でいつも店舗にはいないようです、また、ここで販売している製品はノースウェストというアメリカのラボで製作しているもので、8年ほど前に接骨師のグループで足の勉強会で、ここの製品を使用している先生がいたので製品を検証しましたが、ぜんぜん駄目でした、そのような訳でノース・ウェスト社の製品はバツです。
ですので、本当に良い製品を見つけること自体、かなり難しいのです、それが今の日本の現状です。
Top-Run
川股様


○○です。
申し訳ないです、遅れそうです。
渋滞にはまってしまい、今柏市です。
先程、お電話いたしましたが、
切れてしまいました。
もう一度お電話いたしますね。

川股様
○○です。
今日はありがとうございます。
自宅に着きました🙇
開帳足と、足の不調を治すには、いまの足幅に合わせた靴と処方箋インソールで過ごすことが一番なのですね、、。
横アーチが潰れてしまっているなら、
どのようにして、横アーチを取り戻せばいいのか?幅広の靴を無理して履いていたからではないのか?と思っていました。。
足の解剖学から復習します!
おはようございます。

○○です。

靴屋さんの情報は、○○ステディというところです。
靴の幅が広すぎると、横アーチがなくなるため、サイズが合う靴を履きましょうという考え方で、緩んだ横アーチをしっかりしめようという感じです。
今回の私の足の件は、回内が2度でその原因により、
右膝が内側を向いてしまったのでしょうか??
もしくは、幅の合わないまま履いていたからでしょうか??
左と右の小趾外側にあるタコの様なものも外転による開帳足が原因なのでしょうか。。。
運動して、走って、体力をつけたいし、
歩行寿命をより長く伸ばして行きたいと考えています。
サイズの合わない靴→靴の中で足が暴れる、かかとが倒れる→扁平足→足が外転する→内反小趾になる
と考えていました..

○○ 様
大変に良い情報をありがとうございます、私もサイトを開けてみたのですが、ただの靴屋さんですね、足の事はまったく理解していないと感じました、○○さんもいろいろ悩んでおりますがオルソティックが来たらそれで終わりです、すべて解決します。

Top-Run

散歩に来ました!不思議です!
歩きやすいです!

○○ 様

そうでしょう、何でもないのです、汎用タイプのオルソティックも相当よいものです、ですので靴屋さんでも靴底をこんな感じに製作をしてくれればインソールなんて必要がないのです、よかったです。
川股

なぜこんなに歩きやすいのでしょうか??

今回の一連のメールは同じような事で悩んでいる方方に少しでも参考になればと思い掲載いたしました、靴屋さんでは足のトラブルは解決しません、なぜ、勉強していないからなのです。
今回の事で思った事では、人と違った靴やデザイン性のある靴を求める方は靴屋さんで製作してもらう事は問題ありませんが、決して靴屋さんで足の問題は解決しないという事でした、米国の足医師協会では80パーセント以上の人間が何らか問題が足にあると提起していることから、まともな足の方は殆どいないという事です。
スポーツショップでインソールの販売は止めてほしい
今日は午後1時半に予約を受けていた方を診たのですが、例によって市販のインソールを使用していました、私はフットプレートで検証してしまいます、何でもハイアーチだからとスポーツ店の人に言われ購入したようですが、裏がカーボンで出来ております、カーボン素材の製品は硬度が硬いですので、もし、アーチの部分が合っていなければとても怖いのです、ですから市販品でベーズがカーボン素材の製品は選択は無しです、こんな製品が平気で販売されている事を危険だと思います、足型を取るオーダーメイド(オルソティック)であれば問題はありませんが、この場合もカーボンの種類を慎重に選びます。
ですので、市販品では硬いものよりは柔らかい素材を使う訳です、スポーツ店で販売されるものは、まず、店員、オーナーが足の事を理解していない事が問題なのです、素人が素人に製品を販売してどうするのでしょうか、困ったものです。
買う側もインソールなんてくらいにしか考えておらず、怖さも知りませんので、店員の言うがままに、じゃあ買ってみるかくらいなのです。
この市販インソールの画像も撮ってありますが、さすがに掲載する事は断念しました。
まず、素足の画像
023_201710181835077f6.jpg
カーボンでできた市販品の画像
024_20171018183557656.jpg
最後が市販品、footmaxx
025_20171018183710368.jpg
画像でもお解かりになるように市販カーボンの画像は、中足部が接地してしまいます、きれいに、カカト、前足部に荷重されませんので、この方にはこのインソールの使用はしないよう指導しました。
なお最後のfootmaxxは、左右の中心を合わせてあげればOKとなります。
PS 最近3D画像で足を見る機械が販売されていますが、何もそんなに高価な機械やソフトを購入しなくても5万円もあれば3D画像で足の形を見ることがでみます、ただ、診断はフットプレートしかできませんが、興味のある方は質問欄にてお問い合わせください、治療家に限定させていただきます。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード