FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
03 | 2019/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

7月21日にセミナー開催決定しました。
今月になって初めてのブログです、自分で考えが浮かばないとブログは書く気になれませんし、意味の無いくだらない記事も書きたくありませんので久しぶりで書いております。
さて、今回はセミナーのお知らせですが、今回のセミナーはナムロールと取引を始めましたので、ナムロール社の製品をセミナーで紹介したいと考えております、ナムロール社ではポドと言ってスペインでは足医師のことをポドと呼び、ポダイアトリー関連の製品を多く販売しています、一番はグラインダーですが、足型を製作するバキューム、足裏を見るポドスコープ、爪を削るマイクロマン、ドリル、ポダイアトリー用の診察イス、Footmaxx社の製品は足底面圧センサーと、もちろん処方箋インソールの説明に時間をかけますが、汎用タイプのインソールも新製品が出ますので、それらも紹介したいと思っております。
昨日はJPAを名乗る他会社があり弁護士さんのところに依頼に行ってきました、JPA日本ポダイアトリック協会は28年に商標登録をしていますが、他のJPAはビジネスです、一緒にされたらたまりません、JPAではその時々の状況によって処方箋インソールを製作する会社を変えてきましたが、その時はその会社が良いと思い制作を依頼してきましたが、良い会社・ラボがあればいつでも変更をします、今は私の知る限りFootmaxx社が一番だと思っているので依頼をしている訳です、もちろん、テクノロジーだけではありません、その会社の姿勢、スタンス、サポートとすべてを見なければなりません。 
ニュージーランドも2社お取引をしましたが、スタンスがまるで違います、悪い言い方をすれば田舎者だと思うのです、そして島国で日本と同じ環境ですので島国根性があります、グローバルでみていませんので、少しちがうかなと思います。
とにかく、次回のセミナーでは少し趣を変えて開催いたしますので楽しみにしていてください。
スポンサーサイト
大物シンガーから注文
昨日、神奈川の代理店様から注文がはいりました、驚いた事に日本人なら誰でも知っている、超大物シンガーの方の注文が入りました、まだ本人の了解をいただいておりませんので匿名ですが、Top-Runも有名になってきたんだと思います。
ご本人の了解が得られれば公表いたしますが、そのくらい皆が知っているシンガーの方です、フーム、面白い事になってきました。
シダス・オーダーメイドインソール作ってみました。
大昔にスキー用のシダス・インソールを製作した事がありましたが、現在のシダスはかなり進化していると思えたので、つくば市の靴屋さんに制作を依頼しに行きました、店長は感じの良い人で、そこそこ足の事を知っていました、これはシダスが開催する講習会などに出席しているので、少し詳しいと感じました。
基本的に靴屋さんですので、沢山の靴が展示されていました、気になった点は私の嫌いなBMZとMBTというのでしょうか靴底が船底型のシューズが販売されている事でした。
シダスのゴルフ用が比較てきベースの部分が硬かったので選択をし、シダスの器械で足型を取り、加熱したインソールの上に1分30秒立ち硬化するのを待ちます。
履いた感じは、物足りない感じがあります、アーチの部分は少し盛り上がり感はありましたが、アーチの頂点の部分が違っています、そして中足部のサポートはありません、それでもスーパーフィートなどよりは私はシダスの方が良いと思います、ただ出来上がった物を検証することはできません、あくまでも感覚の世界です、足底センサーで変化が見れればもっと良いと思いました。
さて、明日フットプレートの上で計測をしてまた皆さんにお見せいたします、ちなみに価格は12.000円弱でした、お店の対応はしっかりしていました。
素足での足底面圧
001_20190322191059059.jpg
シダスを使用しての足面圧
002_20190322191117f85.jpg
処方箋インソールの面圧
003_20190322191137a18.jpg
かなりの変化が見られます、そのような訳です12.000円払いましたが、私はシダスのゴルフ用は使いません。もちろん、アジャスターにもよりますがシダスの場合は基底部が柔らかいので、それがコンセプトですから、後はご自分の好みでしょう。
困った患者が多い
お陰様でベスト整骨院に新たに来院する患者さんが増えています、その中で一番多いのは整形外科に行ったけれど治らないから来たという方が圧倒的に多いことには驚きます。
そこで原因を探していかなければなりませんが、多くは足が問題で治らないケースが8割以上おります、比較的説明しても理解していただけれるのは女性です、男性はほとんどが理解しようとしないのです、これには脳が関係しており女性は感性で物をみる事ができますが、男性は頭で考えるので、私が説明しても理解できないのです。
最近も膝が悪いというのでセンサーで計測したら、左足が過回内でした、そして、この場合は左下肢が仮性短縮をし余計に膝に負担がかかりが、また、加重がかかると下腿が内旋され、それで半月板に軋轢を生じ炎症を起こしますと説明しました、しかし、理解できないのです、ベストでは一番安い汎用タイプの製品を4.000円代で提供しています、これを使ってくれたら格段に治るスピードが早くなるのにと思うのですが、医療費の無駄だと思います、最近は整骨院でも制約が強くなり、3部位以上はケガの理由を明記しなければいけませんので、当然にこの患者さんの膝の治療費は頂いておりません、無償で施療をしています。
以上のようなケースの方が現在5名ほどおります、もちろん一度説明をして理解いただけない場合は2度目からは足
の話はしません、何か物売りと誤解されることが嫌なのです、昔からバカに付ける薬は無いと言いますが、こう言う事を言うのでしょう。
それが現在の日本人の足に対する認識だと思います、もっと足を大事にしケアーしてあげれば痛みの無い人生を送る事ができるのに勿体ない話です、我々治療家も大変なのです、こういう人達を相手にしている訳ですから、また、医療費の無駄使いとも思います、それも患者さんの足の認識が世界レベルで最下位であること、足医学が普及されていない事が問題だと考えます。
私の考えでは厚生省は整復師を潰す計画だと思うのです、それは小泉政権下で規制緩和政策が施行され、その当時現在の10倍の専門学校が設立され、卒業生はインターンの義務が無く、開業できたので質の悪い経験の無い整復師が世間に出回り、悪さを覚え、不正な請求が多くされ、結果、我々に対して締め付けが強くなったと考えられます。
そして、整復師はお山の大将ばかりですから、自分は偉いと思っている人が多くいます、それと社会に出てサラリーマンを経験していませんので社会オンチなのです、これは私も整復師ですので良くわかります、しかし私の場合はサラリーマンの経験がありますから社会オンチではないと思います。
また、整復師はお山の大将の集まりですから、結束、団結力がありませんので厚生省に対しては言うがままになっているのが現状です、本筋からかなり外れましたが、現在の足医学は世界でも最低レベルだとお考えください。
まだまだ、足の世界の夜明けまでは時間がかかりそうです。
フットケアー用7本ドリルセット
今回ご紹介するのはナムロール社がプロデュースしている爪用ドリル・グライインダーの歯先です。
7本セットで、中身はドイツ製のドリルとなります、画像をご覧下さい、歯ごとに小型ケースにスッポリはいる用になっています。
価格はセットで18.000円で販売いたします、まだ、サイトに上げてありませんが、ご希望があればお取寄せをいたします。
023_2019030418161477b.jpg022_201903041833516cb.jpg
021_201903041833349ee.jpg



プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード