FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
01 | 2020/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

フットプレートの問い合わせが多い
やっとやっと足医学が普及しつつある今日この頃です、最近そのせいか足底センサーの問い合わせが多くきます、ごく最近来た問合せですが北海道のデイサービスで顧客にインソールを調整して渡すのでセンサーの事を教えてください、PTの方からのお問合せでした。このPTという職業の方は足の事を知っている方は3%くらいでしょう、大昔、入谷さんという方がオルソティックを取り上げ、彼自信が(どこかのパクリ)DSISというブランドを立ち上げ少数のPTの方々が行っていますが、私は嫌いです。
これは、柔らかなインソールの上にいろいろとパッドを貼り歩行を見て合わせていく手法ですが、もし、車のタイヤがパンクをして穴を塞ぐためにパッドを何カ所も貼ったらタイヤはまともに回転しません、ホイールバランスは取りようがないし、車に乗っていてもゴツゴ感は出てしまいます、それと同じで矯正用のインソールもベイスの部分(シェル)は硬めの方がよい(年齢、体重で違う)でしょう。
私に言わせれば、いままでセンサーがなくてどうやって顧客様にインソールを合わせて渡していたんだろうか、こういう輩が一番多いのです、そして訳も解らずウンチクを言って販売している訳ですが、身体を壊したらどうすんの、という事です。
いろいろと使用してみてDSISが一番よいと感じたらそれをやるのもいいでしょう、しかし、PTの方々はDSISしか知らないのです、食事でいえば中華しかしらないで満足しているのです、もちろん、食事は世界130ケ国以上ある訳ですから、一つのもので片づけるのは危険です。
それで、私はそこに販売する気がありませんので、他社製品をお使いくださいと伝えました、他社といってもフットプレートの倍の価格がしますが、フットプレートの使用者は現在北海道で4台使用していただいております。
センサーは必要不可欠ですので販売をしていますが、Top-Runの特徴はアメリカの足医師が処方する矯正インソールがアメリカと同じ製品を日本で購入できることにあります。ここ一番の特徴ではないでしょうか、それも本国アメリカよりも安い料金でです、信じられないのです。
スポンサーサイト



Footmaxxの新しいウェブサイトが昨日できました。
今夜、アメリカのFootmaxx社と話しをしましたら、昨日、ウェブサイトを新しくしたそうです、footmaxx.comでご覧ください。
陸上のオリンピック選手などが掲載されています、年内は処方箋インソールのオーダーが一杯で困っているということでした。
私も、事務所を移転したり、出張が多かったりで11月は大変に忙しい月でした、12月も貧乏暇なしで動いております。
2020年1月のJPAのセミナーも15名の枠が埋まりました、現段階ではお断りする方もおります、ただ、代理店様は断る事ができませんので少し増えそうです、セミナーに参加しないと新しい情報が入ってこない訳でますます勉強をしている人とそうでない人との差が広がってきてしまいます。
今回のセミナーでは10回参加した強者がいますので、彼らにはクラウン・プライズという称号が与えられます、今まで、セミナーを10年近く、年2回きちんと開催してきました、延べ参加人数は180名くらいになるでしょうか、中には1回しか参加しない人、上っ面だけ知って物販に走る、不届き者も3名ほどいましたが、そういう人は仕方がないですね、上っ面だけで仕事、商売をしている可哀そうな人達です、我々Top-Runの仲間は信頼関係で結ばれておりますので長い人は10年以上お取引をしている代理店様もおります。
とてもありがたいことですし、嬉しいですね。
ガイアの夜明け「元気に歩く驚きのシューズ」
タイトルだけ見れば、こりゃすごいと素人は思うかもしれませんが、ようするにグンゼという靴下メーカーが何か売れるものを作ろうと考えたプロジェクトで何も新鮮なものではありません。
素人の若いいお兄さんが任され、老人ようの靴を製作しただけのことでした、もちろん製作は中国で私も2度訪中しましたが、あの程度の靴でしたら2ドルか3ドルでしょう、それを日本で3.000円で販売するという所謂バンセンというやつです。
下北沢の病院も宣伝されていましたが、靴の試履会のミーティングでPTか先生かわからないですが、ミーティングでサンダルを履いていました、こんなサンダルを履いている医療人はバカとしかいいようがなく、靴のウンチクを語って欲しくはありません、顔を洗って出直して来いと言いたい、ガイアの夜明けは、時たま観ることがありましたが、こんな番組を放映されたのでは、もう観るきになりませんね、テレビなんて本当に適当なんです。
私の息子もポダイアトリストです、新橋で開業していますが、彼のところに2度テレビ番組のオファーがきたそうですが、全部断ったという事です、だから、テレビに出るような医者はよっぽど暇か自分のところを宣伝したいだけなのです、それを素人が見て、先生、昨日足の事をテレビでやってましたよって報告をしてくれるんですが、あの先生ね、あおの先生は足の専門家ではないよと、注意しています。
セミナーの知らせ
来年、2020年1月26日、日曜日にセミナーを計画していましたが、アメリカの講師の先生からチケットを購入しフライトもきまりましたので確実に開催いたします。
場所は竜ケ崎市の商工会の開館で開催いたします、そろそろ締め切りますので、よろしくお願いをいたします。
今回は、日本人の通訳の方を依頼していますので、分かりやすいと思います、受付の段階で軽いノリで参加される方はお断りしております、今回も15名です。
ご希望の方は、日本ポダイアトリックのサイトから入り、お名前、住所、メールアドレス、電話番号を明記してからお申込みください、万が一15名をオーバーしている場合はお断りする場合もございます。
お電話での受付をしておりません、参加費は8時間の講義で2万円となっております。
講義の議題は、もちろんバイオメカニクスですが、かなりバージョンアップしております、足面圧センサーの説明もあります。
第13回バイオメカニクス・セミナー開催
なんか月も前から準備していたセミナーが終了いたしました、胸をなでおろしている状況です、今回のセミナーは沢山のテーマがありましたので受講者の方方は疲れてしまったのではと思います。
再度、FPIも講義があり、ポダイアトリーの主にオセアニア地域の現状、歴史も紹介されました、バイオメカニクス、バイオフォームの取り方、グラインダーを使用してのパッドの調整の方法、STJのニュートラルのポジションの再確認、実際にバイフォームの取り方を何回も何回も練習しました、今回のセミナーでは皆さん顔なじみであり和気あいあいと非常に良い雰囲気の中でセミナーが開催されたと思います、また、先生方の親睦を十分に深められたようにかんじます。
JPAのセミナーで純粋に勉強したい方ばかりです、儲けてやろうとか野心のある方はおりません、受講者の方はスキルをアップさせる為に何回も何回を出席をして自身を付けて欲しいと思います。
JPAでは他組織と違い特定非営利法人ですので利益をだしてはいけない組織なのです、まだまだJPAでは普及啓蒙活動の為に頑張らなければと改めて気持ちを引き締めていきたいと考えております。
参加者は20名の計画でした、直前のキャンセルがあった為に総勢18名の参加で構成されました。二人の先生が時間の都合で早く帰りましたので2名少なくなっております、今回はPTの先生が福岡から来ていただいております。
セミナーが終わり、息子と彼女と4人で食事に行き、東京に帰るので佐貫えきまで送り、自宅でテレビを見ていて座ったまま寝てしまいました、これほど疲れたのは久しぶりでした。
参加者の中にはセミナーには来るけれど患者さんにまったく勧めない人が3名ほどいます、これは自分の殻の中でオルソティックが高いと思っているのです、ですのでセミナーの冒頭でお話をしましたが製作のプロセスを知らないので、1ペア―製作するまでどれほどのスタッフ、労力がかかっているのか分かっていないのです、ですので私はドンドン外国に出むかなければいけないと伝えました。
セミナー
次回作のセミナーは2020年1月26日に決定しました、内容についてはDr、Hongと調整中です。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード