FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

何でパチンコ屋が業務停止しないのか
もうこの問題は政府が悪い、パチンコ屋の言い分は給料も払わなくてはいけないし経費もかかると言うのだが、では、飲食業、他の業種の人達はどうなるのか、今は一つの戦時下であると考えてもおかしくないのです、そのくらい危機感を持たなくてはいけません、ニュースでパチンコ屋さんに来た人を取材していて、答えた人が家に居てヒマですることがないからと話していました、いい大人がこんな事って私には到底理解できません、こういう人はコロナに伝染して苦しめば分かるでしょう、バカは死ななきゃ治りません。
コロナは非常に怖い伝染病です、一人が伝染するとねずみ講式に増えてしまいます。
私の仕事も平常の三分の一しか売り上げが落ちています、だからって仕方がないでしょう、みんなで我慢しなくてはいけないのです。
一つ言える事は緊急事態宣言が遅すぎた事に尽きるでしょう、これは安部ちゃんが判断力に欠けるからでしょう、小池さんも同じです。
言えることは、みんなで我慢しなければいけないのです、今までにこういうケースは無かったのですから、対応が遅すぎた、検査の体制が無い、ご苦労しているのは医療従事者の方達です、さぞ大変でしょう、頭が下がります、どうかお身体をご自愛いただき医療に従事していただきたくお願いをいたします。
スポンサーサイト



パンプスにオルソティックは無理だと思います。
最近、Top-Runの代理店様からパンプスに入れるオルソティックの注文が入り、アメリカにパンプス用のコブラというタイプのオルソティックを注文しました、さて、完成してTop-Runに届き製品をみたのですが、かなり厚くこれでは無理だと思い専用のグラインダーで1時間ほどかかり研磨してパンプスに装着したら、なかなか良いかんじであったので納品しました、結果は駄目でした、もともとパンプスを履く人は隙間がありません、キュウキュウで履いております、そこにもってきてヒールの高さが9cmありました、さすがにいままでにない高さのヒールでした、また、ヒールの中足部は鉄板みたいな物がはいっていて、カーブがありました。
どうしてもヒールが履きたいという方にはカーボンで製作するより道はなさそうです、ただ、医療従事者としては身体が大事かファッションが大事かの問題となりますが、やはり履かなければならないお仕事なのかもしれません、ただ、CAの方方には使用していただいておりますが3~5cmくらいであればOKです、また、CA靴は先端も驚嘆に細くはありません、指定の靴があります。
今回の件は今年もジョージアのFootmaxxに行きますので、会議をしてみたいと考えております。

ドタキャンの問題
当院では、足の診断はすべて予約制となっておりますが、先週の金曜日に予約をしたいとい方が来られ予約をしました、その後、他の患者さんから土曜日の午前11時に予約をしたいと言うのですが、残念な事にこの時間帯は予約が入っており診療ができないとお断りいたしまし、当日、7日の11時に金曜日に予約を受けた方が来ないのです、電話もありませんでした。
こういうのを世間ではバカといいますが、こういう方は2回目に受ける事は絶対にありません。
幸いにも土曜日は、整骨院の患者さんが予約なしで2名ほど来られましたので暇では無かったのですが、世間にはこんな人間もいるんだと良い勉強をしました、いままでにはこのような方はおりませんでした。
私も歯医者の予約をうっかり忘れる事はありましたが、すぐさま電話をして次回にはお詫びをいたしました、最低でも電話1本欲しいですね。
こういう人は痛みも治らないでしょうし、適当に生きているのでしょう、可哀そうな人だと思います。
たまには車の話でもしましょう。
小生、初めて車を購入したのは18歳の時でした、車は日野コンテッサというリアーエンジンのくるまで、長野から富士スピードウェイまで行った事をよく覚えています、結婚するまではカローラ(初代のカローラはとても良い車でした)、カブト虫のLS1200、1303、と乗り継ぎ、開業して初めて新車で購入した車がホンダのアコードで、次に4ドアせだん、シビックRS、もう70台以上変えてきましたから何が何だか分からなくなっています、その中で記憶に残る車はFRのカリーナ18004ドアセダン、BMW318、BMW545、ポルシェ991の4(2015年型)が記憶に残ります、特にポルシェは別物です異次元の車でした、宇宙一というブレーキもさすがでした、100kmからフルブレーキをしてもピシッと止まります、ただこの車は実用的でないのです、ゴルフバックも積めませんでした、またポルシェに乗ったからといって目的地に早くは着きません、スピードを出すところもないのでお手放しました。
という訳で自称、自動車評論家です、1日で止めた車はトヨタのFJ40、ブルーバード4WD(約20年くらい前のモデル、1日で売却してしまいました。
特に、車に関しては、妥協する事が嫌で、これは困った性格だと思っています、ですので、一般の方々にも良い車を選んで欲しいと願っております、これはオルソティックにも共通する部分です。
今、乗っている車はBMWのM523という車であまり早くはないのですが実用的な良い車だと思います、仕事でマツダのMPV現在185.00km走っています、通勤はトヨタのパッソです、いずれも中古車です、パッソはすべてにおいてバランスが悪く前車のウィルサイファと比較するとウィルサイファの方がはるかに具合がよい車でした、パッソは最悪な車のひとつです、次には少し気を使い良い車を探します。
さて、日本の車事情をみるかぎり各メーカーさんはかなり無理をしています、燃費を稼ぐ為に極限までタイヤを細くしたりかなり無理をしています、僕は止めて欲しいと思うのは軽自動車で枠一杯に大きくしている車です、例を挙げるとダイハツのタント、これは本当に素人の乗る車でコマーシャルを見て買った人達で、こんな危険な車をよく販売するなと思います。
最近ではスズキの車のカラーがとてもお洒落で可愛いと思います、また、マツダの新3ハッチバックもいいですね、マツダは日本で現在一番真面目に車を製作している会社です、余談ですがホンダのベゼルの販売が好調で売れていますが、それでトヨタが真似をしてC-HRを販売しましたが、私はこのデザインを好きではありません、レクサスシリーズも大嫌いです(最近のもの)、もちろん好きな人もいるのでしょうが、また最近のホンダ車はデザインがいいですね僕はUKで製作されるシビックのハッチバックがすきです、
スバルはフォレスターがいいですね、ただ完成度が高く面白みにかけます、2年まえにジュージア州でレンタカーのSUVを頼んだらフォレスターが来て驚きました、1週間ほど乗っていましたが特に北米でのスバルは絶大なる信頼があります。
田舎で足替わりに使用するならまだしも、普通の人は軽自動車には乗らない方がいいでしょう、殺してくださいと言っているようなものです。
軽自動車の税金が安いからなど、もっての他で普通車の税金を払っている人はどうなんですか、ダイハツタントなんかは下手なコンパクトカーよりも大きいのです、今後自動車メーカーも苦しくなる一方でしょう、ただ一昔まえのような個性のあるもの、好きな車、欲しい車がなくなってきている事は事実です、しかし、一部の人はロードスターがでれば売れるように良いものを作れば売れると思うのですが利益を追求することで冒険が出来なくなっているのだと思います。
結論をいいますと、買ってはいけないくるまも多くある事をしるべきです。
フットプレートの問い合わせが多い
やっとやっと足医学が普及しつつある今日この頃です、最近そのせいか足底センサーの問い合わせが多くきます、ごく最近来た問合せですが北海道のデイサービスで顧客にインソールを調整して渡すのでセンサーの事を教えてください、PTの方からのお問合せでした。このPTという職業の方は足の事を知っている方は3%くらいでしょう、大昔、入谷さんという方がオルソティックを取り上げ、彼自信が(どこかのパクリ)DSISというブランドを立ち上げ少数のPTの方々が行っていますが、私は嫌いです。
これは、柔らかなインソールの上にいろいろとパッドを貼り歩行を見て合わせていく手法ですが、もし、車のタイヤがパンクをして穴を塞ぐためにパッドを何カ所も貼ったらタイヤはまともに回転しません、ホイールバランスは取りようがないし、車に乗っていてもゴツゴ感は出てしまいます、それと同じで矯正用のインソールもベイスの部分(シェル)は硬めの方がよい(年齢、体重で違う)でしょう。
私に言わせれば、いままでセンサーがなくてどうやって顧客様にインソールを合わせて渡していたんだろうか、こういう輩が一番多いのです、そして訳も解らずウンチクを言って販売している訳ですが、身体を壊したらどうすんの、という事です。
いろいろと使用してみてDSISが一番よいと感じたらそれをやるのもいいでしょう、しかし、PTの方々はDSISしか知らないのです、食事でいえば中華しかしらないで満足しているのです、もちろん、食事は世界130ケ国以上ある訳ですから、一つのもので片づけるのは危険です。
それで、私はそこに販売する気がありませんので、他社製品をお使いくださいと伝えました、他社といってもフットプレートの倍の価格がしますが、フットプレートの使用者は現在北海道で4台使用していただいております。
センサーは必要不可欠ですので販売をしていますが、Top-Runの特徴はアメリカの足医師が処方する矯正インソールがアメリカと同じ製品を日本で購入できることにあります。ここ一番の特徴ではないでしょうか、それも本国アメリカよりも安い料金でです、信じられないのです。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード