FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スキーインソール・インプレッション
いままで、私が制作会社を変える度に新しいインソールを製作依頼しているスキーヤーからのありがたい報告を掲載いたします。
名前は仮名にしてあります。


川股 和博 様

こんにちは、〇〇です。

インソールは先週から、ハートの板もこの土日に試すことができました。

インソールは〇さんのも含め、やはり過去最高の出来でした!

左右方向のニュートラル、脛の傾き補正が完璧に出来ています。その結果、ターンの左右差がほぼ無くなりました。足場の安定感も素晴らしいです。

〇さんは、板もブーツも同じでインソールのみ変えただけで先シーズンとは全く違う次元の滑りになっています。

ハートの板の方も、最初はセンター幅の広さに少し戸惑っていたようでしたが、そこはクラウン所持者、すぐに慣れて側から見てても何も違和感なく滑ってました。気に入って大変喜んでいました。

いつも毎回素晴らしい商品をありがとうございます。
今シーズンもいいシーズンとなりそうです。

また今後もよろしくお願いします。

〇〇 〇〇

12月3日(月) 17:35 (6 日前)

前回、掲載しました、ナムロールのグラインダーとポドスコープの価格が送料の関係上若干訂正いたしました。
スポンサーサイト
岡田利修ブランシュイン・高山
今年も利修キャンプに行ってきました、火曜日の午後6時に竜ケ崎を出発、圏央道が通行止めだったので、北関東道を使い東北道にでて前橋に行き、佐久まで行ってからブランシュに到着しました、夜の11時になってしまいました。
翌日、朝9:30分集合で10名の生徒(皆指導員ですが)ガチンコで2日間キャンプをしてもらいました、寒くてまいりました。
翌日も朝の9:00~午後の3時までみっちりと教えていただきました、それにしてもみんなスキーバカです、上は70歳、69歳、65歳
あとは若い人が数人です、高山の頂上はマイナス18度でした、利修さんがカリキュラムを組んでおり、主に基本練習です、プルークからシュテム、基本、基本です、それにしても毎年皆スキーレベルが向上しています。
これも利修さんとクマさんのお陰ですありがとうございました。
ペンション・アングラーズ・ハットが定宿ですが、ここは最高です、料理、風呂、暖房、価格、納得できる良いペンションだと思います、スキーをする時に利用をお奨めいたします。
私は何でも、よいもは良い、悪いものは悪いと書きます、料理は手が混んでいて気持ちが込められているのがよく解ります。
PS このメンバーの中でオルソティック・インソールを使用しているのは8名です、3名は使用していません、説明しても理解できない人には薦めません。
ブランシュ
ラングの靴はいいですね,
自分
山頂の温度計(標高1800m)
温度
北さんの顔をみてください、寒くてどうしようもない顔です。
北澤

リッドスキーキャンプ白鳥
土曜日の午後3時に龍ヶ崎市をでました、白鳥に到着したのは午後8時でした、530kmありました、日曜日は足の筋力が衰えている為に3本で滑走をやめました、三重の方が処方箋インソールを欲しいという事で白鳥まで来ていただき合流したわけです。
日曜日は雨でスキーをするにはもってこいの天気でした、私は栗山デモ班に入りましたが、女子でこんなに上手い人がいる事に驚かされました、やはり日本のトップは違うなと、そして教え方もとても上手くとても楽しい時間を過ごす事ができました、午後、2時に白鳥をでて又530kmの道のりを帰らなければなりません、案の定中央道は混んでいて自宅に到着したのは夜の9時を過ぎていました。
とっても疲れました、私も68歳ですがまだまだスキーが上手くなりたいのでもう少し頑張ります。
キャンプ白鳥
栗山でものファンになりました。
第10・11回茨城県マスターズ技術選手権大会
2月26日に福島県だいくら高原スキー場において茨城県マスターズ・スキー選手権大会が開催されました、参加者はマスターズ、14名の参加でほとんど50歳代の方達で60歳代は2名でした、そして私は最高齢の68歳で参加しましたが、最下位でした、仕方がありません滑走日数も6日くらいで筋力も落ちていましたし、だいたい競技の滑り方もよく知りませんでした、しかし、技選さながらの上手いスキーヤーも2名ほどおり、私などは遠く及びませんでした、しかしながら、悔しい思いもありますので、もっと練習をして次回は少し成績を上げようと思いました。
枯れ木も山のにぎあいと言いますがまさにそれでした、でも私はジャパ―ナとハートの宣伝も兼ねていますので、参加する事に意義があるのです。
25日の朝、家をでて東北道を下り、だいくらスキー場に着いたのはお昼くらいでした、それから少し練習をしてビジネスホテルに4時くらいに戻りゆっくりと休養をとりました。
翌朝、だいくら高原に午前8時に着き、受付をすませ9時45分から競技が始まりました、スタートはまったく緊張しませんでした、小回りの前に仲間がずらしを入れたターンの方が点がでるようだと聞こえたので、滑りを変えた事で小回りは失敗してしまいました。
やはり自分の滑りができなかった事が敗因でした、また、中回りというのを私は練習していなかったのでこれも駄目でした。
悔しいけれど、それがジャッチする方の目は正しかったのです、そんなに甘いものではありません、1年に数日の滑走日数では歯がたちません、しかし歳の性にはしたくはありません。
福島で感じた事は皆さん親切で優しいのです、人柄が好きになりました、福島万歳、そしてありがとう。
IMG_1394_20170302002021ecc.jpg
IMG_1395.jpg
PS 今回から使用したFootmaxx社の処方箋インソールは誠にいいです、カーボンで制作されていてブーツに入れても違和感がまったくありません、とにかく薄くできていますのでスキーには最高だと思います、インソールはよいのですが、成績がこれでは話になりません、上手い人が使えばもっと上手く滑れると思います。
2017ブランシュ高山
パスワードを忘れてしまい更新できませんでした、いつも私はこういう事がしょっちゅうなのです、適当なんですね、さて、2017年1月25・25日は恒例の岡田利修キャンプでした、24日の夜に仕事を終え午後8時に龍ヶ崎を出発し佐久市のブビジネスホテルに泊まり、翌朝ブランシュに着きました、岐阜のスキー仲間とは正月のキャンプでも会っていますから、そんなに久し振りではないですね、利修さんにも正月に教えていただいていますので、20日くらいでしょか、利修さんの滑りも現役時代を彷彿させるくらい滑りこんでいて益々磨きがかかっていました。
1級の人が一人、あとは指導員を受ける人ほか全員が指導員ですが、指導員だから上手いという事はなく利修さんからみれば一般スキーヤーも指導員も変わりはないと思います、それだけ上には上があるという事です。
さて、参加者の中で処方箋インソールを使用している人は、5名、汎用品が2名、もちろん利修さんは使用しています、面白い事に理学療法士の方が1名いるのですが、その人の足を診ましたら超回内で偏平足ですが話しが通じない理解しようともしていません。
それで私はPT(理学療法士の事をPTと呼ぶ)でございますなんて言ってもスジが通りませんし、解ろうとしない事は情けない事です。
私は、もし将来処方箋インソールが欲しいと言われても販売しないでおこうと思っております、いや、彼の前では極力インソールの話には触れないでおこうと思っています。
2017高山
PS 処方箋スキーインソールの最近のレポート
お問合せ項目:バイオメディカル デュアルについて
お問合せ内容:川股様
お世話になります。
長野県・・市の・・・・・です。
昨年はインソールでお世話になりました。
約一年間処方箋インソールを使用し12月にスキーのシーズンインをしました。
一昨年、昨年と左膝の痛みに悩まされていましたが、シーズンインから一ヶ月が過ぎましたが、少し痛みはありますが、腫れも少なく滑る事ができています。
ありがとうございます。
半年ほど前から話題の新しい汎用インソールを試してみたくお願いします。
バイオメディカル デュアルXXS:22cm~23cmを1足
XS:23.5cm~24.5cmを1足
M:26cm~27cmを1足 合計3足分お願いしたです。

○○ 太郎
もう1件です。
川股先生
こんにちは。
先日インソールを送っていただいた○○です。

土曜日に届きましたので、日曜日と昨日のナイターで使ってみました。
ブーツを履いた瞬間の第一印象は「なんか運動しやすそう!」でした。
そしてパワーポジションの姿勢等をとってみたところ、
これまでもも内側~膝内側の筋肉を使っていたのに、
もも外側の筋肉で軸がとれたので驚きました。
この内側の筋肉が痛くなる事にずっと悩んでいました。
これだけで滑りにいい影響がでるのは予想できました。
実際滑ってみると、足元が安定してすごくスキー操作がしやすく、
すごく運動しやすい気がしました。
久々にスキーが楽しくなりました!!!(笑)
本当にありがとうございます。

気になる点は、
左足が完璧なバランスなのに対して、右足が若干乗りずらい事です。
左足はフラットに足が感じるに比べて右足の方が少し小指側に荷重されているように感じます。
これはやはり、お伺いしてカスタムインソールを作ってもらうしかないかなと考えております。
ただ、今週末に技術選がありますので、ブーツのカント調整などで応急処置できないでしょうか。
アドバイスいただければと思います。



プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード