FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
04 | 2020/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブランシュ2020利修キャンプ
ブランシュ
さて、2020年1月15日・16日に今年もブランシュ高山スキー場において、ハートというかジャパーナというか利修キャンプが開催されました。
各地で雪不足が伝えられるなかブランシュでは昨夜に降った雪のお陰で最高のコンディションでキャンプが開催されました、ブランシュはボード禁止ですので横からぶつけられる心配がありません。
2日間ともに開催でした、さうがに標高1800メートルの山頂ではマイナス7度ほどでした、空がとてもきれいで富士山もキレイにみえました。
身体は疲れましたが良い気分転換ができたと思います。70歳過ぎが3名含まれていますが皆元気です。

スポンサーサイト



明けましておめでとうございます。in Nozawa
明けましておめでとうございます。恒例になりましたジャパーナ・スキーチームの正月キャンプが開催されました。岐阜のメンバーが8人、東京から一人、茨城から二人の計11人のメンバーが集まりました。
1日は全員が揃いませんので各自フリー滑走をして、2日のキャンプに備えました、夜に到着したメンバーが3人います。
2日は生徒が11人、講師は利周さんで、ここ数年コーチをお願いしております、2日は基礎の基礎の練習をしました、今年は雪が少なくゴンドラで上の平まで向かい上だけでの練習となりました。
下の日陰ゲレンデなどは滑走不能です、この野沢は外人さんがとても多く1/3はオーストラリア人で慣れはおそろしく最近ではあまり違和感を感じなくなりました、もう少し雪が多かったら最高でしたが、これは仕方がありません。
皆さまにおかれましては今年も無事、平和に過ごされますよう願っております。
PS 今回の合宿で参加者は11名で、オルソティックを使用している人は8名でした、2名は初参加で一人は長い間参加している人でした、何故、思ったかといいますと民宿で使用していない人の後ろを階段で登る時に足首をみていたら、ものすごく回内がひどく仲間にMさんはオルソティック使っていましたっけと確認したところ、いや、彼は使っていないよ、というので、そうなんだ、やっぱりなと感じました、使う使わないは勝手ですが彼は理工系の大学を出ているというんですね、いやいや、勿体無い話です、まだまだオルソティックが浸透するまでにはかなりの時間がかかりそうです。
かなり回内が強い人でもスキーブーツは硬くできていますので、そこそこ回内が補正されますが、足の踵の回内は底の部分ですから補正はできません、所謂、カント調整くらいなものでしょう、しかしカント調整は無意味なのです。
そしてスキーだけで自分の足を改善する事は不可能です、日常生活でも正しいインソールを着用して矯正をしていかなくてはなりません、
まだ地球が平だと思っている人に地球は丸いと言っても信じてはもらえない訳です、でもそにような人は人生かなり損をしてしまうと思いますが、それは仕方がありません決めるのは本人ですので。


野沢1
野沢2

スキーインソール・インプレッション
いままで、私が制作会社を変える度に新しいインソールを製作依頼しているスキーヤーからのありがたい報告を掲載いたします。
名前は仮名にしてあります。


川股 和博 様

こんにちは、〇〇です。

インソールは先週から、ハートの板もこの土日に試すことができました。

インソールは〇さんのも含め、やはり過去最高の出来でした!

左右方向のニュートラル、脛の傾き補正が完璧に出来ています。その結果、ターンの左右差がほぼ無くなりました。足場の安定感も素晴らしいです。

〇さんは、板もブーツも同じでインソールのみ変えただけで先シーズンとは全く違う次元の滑りになっています。

ハートの板の方も、最初はセンター幅の広さに少し戸惑っていたようでしたが、そこはクラウン所持者、すぐに慣れて側から見てても何も違和感なく滑ってました。気に入って大変喜んでいました。

いつも毎回素晴らしい商品をありがとうございます。
今シーズンもいいシーズンとなりそうです。

また今後もよろしくお願いします。

〇〇 〇〇

12月3日(月) 17:35 (6 日前)

前回、掲載しました、ナムロールのグラインダーとポドスコープの価格が送料の関係上若干訂正いたしました。
岡田利修ブランシュイン・高山
今年も利修キャンプに行ってきました、火曜日の午後6時に竜ケ崎を出発、圏央道が通行止めだったので、北関東道を使い東北道にでて前橋に行き、佐久まで行ってからブランシュに到着しました、夜の11時になってしまいました。
翌日、朝9:30分集合で10名の生徒(皆指導員ですが)ガチンコで2日間キャンプをしてもらいました、寒くてまいりました。
翌日も朝の9:00~午後の3時までみっちりと教えていただきました、それにしてもみんなスキーバカです、上は70歳、69歳、65歳
あとは若い人が数人です、高山の頂上はマイナス18度でした、利修さんがカリキュラムを組んでおり、主に基本練習です、プルークからシュテム、基本、基本です、それにしても毎年皆スキーレベルが向上しています。
これも利修さんとクマさんのお陰ですありがとうございました。
ペンション・アングラーズ・ハットが定宿ですが、ここは最高です、料理、風呂、暖房、価格、納得できる良いペンションだと思います、スキーをする時に利用をお奨めいたします。
私は何でも、よいもは良い、悪いものは悪いと書きます、料理は手が混んでいて気持ちが込められているのがよく解ります。
PS このメンバーの中でオルソティック・インソールを使用しているのは8名です、3名は使用していません、説明しても理解できない人には薦めません。
ブランシュ
ラングの靴はいいですね,
自分
山頂の温度計(標高1800m)
温度
北さんの顔をみてください、寒くてどうしようもない顔です。
北澤

リッドスキーキャンプ白鳥
土曜日の午後3時に龍ヶ崎市をでました、白鳥に到着したのは午後8時でした、530kmありました、日曜日は足の筋力が衰えている為に3本で滑走をやめました、三重の方が処方箋インソールを欲しいという事で白鳥まで来ていただき合流したわけです。
日曜日は雨でスキーをするにはもってこいの天気でした、私は栗山デモ班に入りましたが、女子でこんなに上手い人がいる事に驚かされました、やはり日本のトップは違うなと、そして教え方もとても上手くとても楽しい時間を過ごす事ができました、午後、2時に白鳥をでて又530kmの道のりを帰らなければなりません、案の定中央道は混んでいて自宅に到着したのは夜の9時を過ぎていました。
とっても疲れました、私も68歳ですがまだまだスキーが上手くなりたいのでもう少し頑張ります。
キャンプ白鳥
栗山でものファンになりました。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード