FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
03 | 2006/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ひび割れの足
インターネット検索で、ひび割れの足を検索しましたが、びっくりしました23万件もの掲載がありました。
と、いう事は、それだけひび割れで困っている方々がいるのですね、本当に驚きました。しかし、その中でも最も廉価で確実にきれいな足にする事はニートフィートのヒールバームというクリームが一番近道でしょうね、なにしろニュージーランド製品ですから、自然な成分で製造されておりますし、NZの軍隊やラクビーなどスポーツのシーンで証明されていますし、ニートフィートの会社の経歴も長く、ニュージー、オーストラリア、シンガポール、イギリス、アメリカなど多くの国で愛用されておりますので、他社の製品は判りませんが、確実に良い製品だという事だけは明言できます。ぜひ、機会がありましたら、お試しください、きっと、もっと早く知っていればと悔やむ事と思います。
スポンサーサイト
健康について
皆さんは健康という言葉について考えた事がありますか?私の健康の定義は、健康な人は健康なんて考えた事が無いと思います。
それが私の健康に対する考え方です。
運動生理学では正三角形があり、一辺が栄養、ビタミン、ミネラル食に関して、一辺が心や精神、底辺は構造医学でこれらが正三角形をしていれば身体は正常といえます。一番困る事は心や精神が病んでいる人が多いと思いますが、自覚がない事が問題であります、最近、テレビのニュースでは残酷な犯罪が多発しておりますが、私の考えでは基本は家庭に問題があり、躾、道徳、などが欠落していると思います。何か問題が起こると、すぐ学校だ、病院の先生だと他人のせいにします、最近も割り箸が鼻に刺さり医師の診断ミスだという事件がありましたが、なぜ、子供が割り箸を持っていたら、なんで注意をしなかったのか疑問に思えます、これなどは一例ですが
私は団塊の世代です、私は20年位まえから、私たちの子供達は家庭教育の差が大きく、社会問題が増加すると懸念していましたが
残念な事に当たってしまいました。
物事を損得で考えたり、妬みや恨みは最もいけない事です、人に何か頼まれたら、嬉しいではありませんか、人に優しくできる事も気持ちがいいではありませんか、仕事、仕事に追われ自分を見つめ直すことが現代人の一番必要なことと考えます。

ニキビなんて怖くない
またまた、ニートフィート製品で新しい発見をしました。スクラブソープという石鹸です、何人かモニターをしていただきましたが、とても良い報告をいただきました。
まず、しつこい汚れを除去する効果が高いことです、また、キューイフルーツの種、砕いた胡桃を成分に含んでいてスクラブ効果があるそうです。
そして何が一番良いかというと、天然成分ですので人体、皮膚の弱い部分には害がないということです、それと、価格が安い事もいいですね。是非、お悩みの方は試してみてください。
エドガー・ケイシーについて
基本的に病気は治るものと私は考えております、ただ、治し方がも間違っているか、直し方が解らないのです。
例えば、難病、奇病というものが沢山ありますが治し方が解明されていないのです。
アメリカにはエドガー・ケイシーという偉大な治療家が存在しました、エジソンと同じ位に有名だということです、福田高規氏、宮崎哲也・好本健一両氏の共訳された本が販売されておりますが、病気の考え方が根本から覆される事を確信してます。
人類を救う治療法の本を簡単に説明しますと、第1部、生命の法則を知る、第2部、心と身体を整える、第3部、E・ケイシーをよく知るために、という内容になっていますが、第2部では家庭でできる手当て(症状別)として、様々な病気の手当ての方法が明記されております。
例えば、サフランという薬草は消化器系及び腸の系統の粘膜組織の活力を損なう性質の毒を除去するような形で。消化器系統の胃の分泌を同化調和する、と記述されております。
エドガー・ケイシーは宗教家でも何でもありません、それこそ、患者を救う為に生涯を捧げた偉大な人物だと思います。
難しい病気で悩んでいる人は、参考にしてください。心の歪んだ方は読まないほうがいいと思います、読んでも治りませんから。
姿勢について
よく言われることに、あなた姿勢がわるいね、だから肩が凝るんじゃないの、よく耳にします。では、姿勢はどうして治したらいいのでしょうか、背中に矯正バンドをしてみたり、いろいろなグッズが氾濫していますが的を得ていません。
物事には原因があって結果が発生します、一番困る事は肥満のかたで極端にお腹が出ている人がいますが、当然のことながら、腰には多大な負担がかかり腰痛になって当たり前です。
これは例外として一般の人達での姿勢の良い人はそういるものではありません、構造医学の見地から考えますと、まず、足が一番重要であり、その上に下腿、腰、脊柱、頚椎、頭蓋骨と下から上に、骨で立っております、人体を横から見ますと、耳、肩の付け根、膝、
足の外くるぶしの少し前、デジカメで撮影して耳から足まで線を引いてみると面白いです、円背、(ラウンドバック)も、1タイプだけではありません、筋肉のバランスが狂い姿勢を悪くしている要素もありますが、一番簡単な治し方は、オルソティックを敷く事です。
オルソティックを入れて、一番最初に感じる事は、腰が前方にでます、それから足が真っ直ぐに前に出る事、背中が伸びた感じになることなど、が顕著に解ります。あまり鈍感な方はわかりずらいかもしれませんが、とにかく、例えようがないものですので、説明する事が難しいのいです。
ユニークな例えようですが、長い旅行に出かけて、家に帰る時に電車が駅に近ずくと何かほっとしますが、そんな感じです。
どんなにお金があっても、歩く事が不自由であれば何にもなりません。
自分医学でもっと自分の身体を研究してみてください、しかし、心の歪んだものはオルソティックを入れても治りません。
胸郭出口症候群
今日、診た患者さんの話をします、何年か前から腕がシビレて困ってしまうという患者さんがおり、原因として考えられる事は2つあります、一番は頚椎の神経根が圧迫をされシビレが発生する場合、二番目は鎖骨の下に腕神経が通っていますので胸鎖乳突筋が緊張していたり凝っていると腕神経が圧迫されシビレます、何年か前に胸郭出口症候群という事が流行しましたが、この事を指します。
手の神経は大きく分けて3つあります、トウ骨神経、正中神経、尺骨神経です、どの部分がシビレているか調べてみると頚椎のどこの神経根が悪いという事が診断されるのです。
治す事はそんなに難しい事ではないのですが、患者さんが疑心暗鬼
になり易く、例えば、自分で脳に異常があるのではとか、ネガティブに考えやすいのが人間の性です、あまりナーバスに考えると病気は悪化します、気楽な人ほど長生きするのではないでしょうか、性格と寿命の因果関係を調査したら面白いかもしれませんね。
インチキ治療販売
本日、福島の郡山の某、治療院からダイレクトメールが届きました。何でも奇経療法を基にした何とか療法という事で、疑問に思ったので差し出し人にFaxをして、貴方はどんな資格をお持ちですかと問い合わせをいたしましたが、回答を得られませんでした。
多分、私の考えでは奇経療法をパクったものであり、それらに治療に必要な器具を販売したり、セミナーなどをしたり等、新種の金儲けだとおもいました。鍼灸師ならこんな事は当たり前の事であり、新治療でも何でもありませんが、柔道整復師等は鍼灸の方面はあまり知らないのでハマッツテしまうでしょうね、整骨院を開業していると、皆さんがライバルであり少しでも患者さんを獲得したいので、騙され易いでしょうね、私は一番懸念しているのは、無資格の人がそのような販売行為を無資格な治療家に販売することです、例えば、目の不自由なマッサージの方や、鍼灸師の方も沢山おります、正等なあ治療家の職域を侵してしまう事に問題があります、厚生労働省に問い合わせをしましたが、あまり、興味がないようで、取り締まる気持ちがないようです、無免許の人が患者さんの皮膚に触れる事また、治療行為をしてはいけないのです。
たった、数ヶ月、民間のセミナーに参加をして、私はカイロプラクティックの先生ですというような事がまかり通っています、また、一般の人達も治療の世界の事は知らないと思います、カイロでも整体でもリフレでも足裏マッサージでも、何かしらの国家資格が無いと施療行為をしてはいけない事を法律で立法するべきです、そうでないと、我々のように苦学をして専門学校を3年も通い国家試験をパスした人間がかわいそうだとは思いませんか、こんな治療無法国家は先進国の中で日本だけではないでしょうか?みなさんどう思いますか。

バカバカしい靴下の話
今日、週間某ーゴルフ雑誌を見ましたら、ゴル用の靴下で飛距離が伸びるという記事があり、私なりのコメントをしたいと思います。
確かに、信州大学の繊維学部では、運動生理学にもとずいて、各繊維メーカーなどから研究を以来されているそうです、しかし、身体のパワーの伝達は足の裏で地面を押し付けるように立っているから出来るのです、そして、右足から左足にかけての体重移動によるフットワークを行い、スムーズな回転運動を行います。
確かに、少しきつめの靴下を使用した場合は足のうち返しを少し予防が出来ると思いますが、何年か前にもスチュワーデスの人達の間で話題になったきつめのストッキングを履いていると疲れにくいという商品も存在しましたが、現在では噂さえ聞かなくなりました、ゴムヒモ症候群というものがあり、身体を締めつけると良くないという学説があり私もそれには賛同します。
また、プラシーボと言って、(疑似薬),メリケン粉でさえ、この薬は効きますよというと7割の人に効果があったという報告があるように、この靴下を履けば距離がのびると思って使用すれば気持ちがそうなります、しかし、学術的に考えると、メーカーの売らんが為の策略かなとかんじます、実際に1足あたりの単価は1500円位ですので、一般販売のものより高価ですね、また、この企画の被験者のも問題があり、数人のデータしかありませんし、アマチュアのロウハンディの人を対象にしても、打つたびに玉がまっすぐに飛ばないわけですからこまりますね、もっと、このような企画をするのであれば、取材を掘り下げてして欲しいと思いました。
足は複雑でもっとも難しい部分です、軽く考えて欲しくありません。みなさんも騙されないようにして下さい。
オルソティックについて
オルソティックとは、足の底板板(矯正具)の事をいいます、1997年に私とカナダの友人、ステファンの二人でニューヨークまで行ったり、彼の故郷であるモントリオールで工場をさがしました。
ランガー社の生みの親であるベネフィット社、バイオップ社を視察をし最終的にバイオップ社と契約を結びました。それから私は普及をする為、たくさんの整骨院を訪問し代理店を拡張していきましたが、関西の某会社が私の開催する勉強会に参加をし、次々に代理店を横取りをしていきました、裁判も考えましたが、当時の私には資金力もなく、あきらめました、その後、カナダ大使館の友人からバイオップ社は倒産したよと聞き、やっぱり悪い事をすればそんな末路であろうと思いました。現在そのバイオップはアメリカのオルソティックメーカーの買収され稼動をしているようですが、もともとバイオップを日本に最初に輸入したのは私でした、どうしてオルソティックが普及しないかといいますと、全部の代理店の方々が現地に行ってないので、外国の状況を知らないからなのです、ただ、金儲けに走ってしまい、本質を欠いてしまっているのです、当時の私は、バイオップの為に沢山販売をしようと焦っていました、現在はゆったりと確かな製品を輸入をし、患者さんに喜んでいただければ嬉しいのです。
何年か先には、日本でも製造する技術やノウハウが蓄積され確実に創る事ができますし、ある大学と提携をして研究を進めております。
そうしたら、多分、カスタムのオルソティックが2万円以下で提供する事が可能になり納期も3~4日ぐらいで納品されます。
長い事、オルソティックにこだわり続けてきましたので、外国の市場や内容、サンプルは誰にも負けないほど持っております。今回はいままでの経過をお知らせしましたが、だんだんと医学的に説明をさせていただきたいと考えております。
人生のうちで、悔しい事は何回もあります、でも、キリストではないが、罪を憎んで人を憎まずでいった方がらくですね。
月例会ゴルフ
今日は、1日霧の中月例会があり、頑張ってプレイをしてきました。私はこういった大会は初体験でしたので、勉強になり、また研鑽を積んでハンディを下げていかなくてはと思いました。
現在のハンディは9,3ですが、やはりロウハンディの方は玉の捕らえ方が違いますね、しかし、目標をもって前進する事は大変ですが、やりがいがあります。
競技会というのは、遊びのゴルフと違って、マナーやルールが大切になりますし、少しの緊張も心地よいものです。
また、毎回、違った方とプレイをする訳ですから、沢山の方と知り合う事もできますし、ゴルフは良いスポーツだと思います、努力すれば結果が付いてきます、人生も一緒ですね。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード