FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
03 | 2006/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

姿勢について
よく言われることに、あなた姿勢がわるいね、だから肩が凝るんじゃないの、よく耳にします。では、姿勢はどうして治したらいいのでしょうか、背中に矯正バンドをしてみたり、いろいろなグッズが氾濫していますが的を得ていません。
物事には原因があって結果が発生します、一番困る事は肥満のかたで極端にお腹が出ている人がいますが、当然のことながら、腰には多大な負担がかかり腰痛になって当たり前です。
これは例外として一般の人達での姿勢の良い人はそういるものではありません、構造医学の見地から考えますと、まず、足が一番重要であり、その上に下腿、腰、脊柱、頚椎、頭蓋骨と下から上に、骨で立っております、人体を横から見ますと、耳、肩の付け根、膝、
足の外くるぶしの少し前、デジカメで撮影して耳から足まで線を引いてみると面白いです、円背、(ラウンドバック)も、1タイプだけではありません、筋肉のバランスが狂い姿勢を悪くしている要素もありますが、一番簡単な治し方は、オルソティックを敷く事です。
オルソティックを入れて、一番最初に感じる事は、腰が前方にでます、それから足が真っ直ぐに前に出る事、背中が伸びた感じになることなど、が顕著に解ります。あまり鈍感な方はわかりずらいかもしれませんが、とにかく、例えようがないものですので、説明する事が難しいのいです。
ユニークな例えようですが、長い旅行に出かけて、家に帰る時に電車が駅に近ずくと何かほっとしますが、そんな感じです。
どんなにお金があっても、歩く事が不自由であれば何にもなりません。
自分医学でもっと自分の身体を研究してみてください、しかし、心の歪んだものはオルソティックを入れても治りません。
スポンサーサイト



胸郭出口症候群
今日、診た患者さんの話をします、何年か前から腕がシビレて困ってしまうという患者さんがおり、原因として考えられる事は2つあります、一番は頚椎の神経根が圧迫をされシビレが発生する場合、二番目は鎖骨の下に腕神経が通っていますので胸鎖乳突筋が緊張していたり凝っていると腕神経が圧迫されシビレます、何年か前に胸郭出口症候群という事が流行しましたが、この事を指します。
手の神経は大きく分けて3つあります、トウ骨神経、正中神経、尺骨神経です、どの部分がシビレているか調べてみると頚椎のどこの神経根が悪いという事が診断されるのです。
治す事はそんなに難しい事ではないのですが、患者さんが疑心暗鬼
になり易く、例えば、自分で脳に異常があるのではとか、ネガティブに考えやすいのが人間の性です、あまりナーバスに考えると病気は悪化します、気楽な人ほど長生きするのではないでしょうか、性格と寿命の因果関係を調査したら面白いかもしれませんね。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード