足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
05 | 2006/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ゴルフシューズの選択
一昨日、久しぶりに大手のスポーツ専門店に行ってきました。当然の事ながら私の場合は靴に目がいってしまいます。
沢山あるメーカーの靴を調査しましたが、はっきり言ってフットジョイ
、アディダス以外はどんぐりの背較べです、最悪なのはナイキです、中敷が靴に縫い付けてありました、この手法は中敷が外せないばかりか、中敷の良し悪しがわかりません。僕は、このような靴は絶対買いません。私が1997年にアメリカに行った時に専門家から聞いた話だと、原価が5ドルだそうでした、ですからナイキのゴルフシューズは多く見積もっても10ドルでしょうね、メーカーは原価を下げる為に必死になっており、形さえそこそこであれば顧客の事なんかどうでもいいと思っている感がいなめません。
その中でもアディダスやフットジョイの靴はちゃんと中敷が取り出せるようになっていて、尚且つ使用されている中敷も安物ではありませんでした。下請けに出す場合も韓国ならベストですが中国や他の東南アジアの場合は、まず駄目ですね、ものすごく厳しい意見ではありますが、メーカーの方達にも、まず第一に顧客の事を最優先に考えなければいけないと考えます。
スポンサーサイト
プロゴルフトーナメントについて
日本のゴルフトーナメントを観ていて最近とくに気になる事があります。それはプロが首にコラン何とかかはわかりませんが、やけに多いですね、筑波大学の白木トレイナーが言っていましたが、私は理論、根拠のないもの、例えばスパイラルテープとかは信用しません、と、言っていましたが、私も同感です、首に付けたり腕に付けたり、とても多いですね、PGAの選手は付けていますでしょうか?日本だけですよ、恥ずかしいじゃないですか、プロが付けていれば真似をする、子供と一緒ですよ、身体はN極とS極との分布の場所が決まっています、治療の為に一時的に使用する事は、18世紀メスメルが磁気療法を発明していますし、風水学も身体と地球のバランスのことを指します。
数年前も2万とか3万円くらいでブレスレットがありました、某プロが使用しているという事で流行し、ゴルフ場のお風呂に入ると皆が付けている奇妙な光景を記憶していますが、どうして日本人という人種は?面白いですね、ですから片山晋吾プロが現在、首に付けている事が気になるのは私だけでしょうか。
多分、製造メーカーとの契約なんでしょうが彼にとってはマイナスなイメージしかありません。そんな事より、身体に気を使い、構造医学を重視し、スウィングを研究した方がベターではないでしょうか。
もう一つ、プロがガムを大きな口を開けてクチャクチやっているのはマナーが悪いですね、特にY,Kさんは最低です。それと、やたら似合ないサングラスをしているプロが多いですが、カッコイイと思っているんでしょうか、もともと日本人は鼻が低い、彫りがないので似合わない人がほとんどです、ゴルフをプレーする場合はファッションも含めたマナーが大切と考えます。
カスタムインソールの反応に驚き
カスタムインソールの記事を書きましたが、関心が多く、3日間に34名の方方に読んで頂きました、この事は非常に嬉しいことです、言い換えれば、関心が沢山あるという事になります。
中には、業者の方もおられるかと思われますが、残念な事に私のようにアメリカ・カナダ・ニュージーなどを足で歩いて、生の情報を掴んでいたり、沢山の会社(ラボラトリー)の製品やサンプルを持っている人は、他にいないと思いますし、それが私の強みであると考えております。
ご存知のように日本はサッカーで負けてしまいましたが、仕方がありません、日本人は農耕民族であり、走る事は苦手なのです、それと欠けている部分は頭で考えてはいけないのです感性ですべきなのです、冬季オリンピックでもそうでしたがメディアが騒ぎすぎです、それぞれの国の選手も必死でやっております、そう簡単にメダルは取れません、そんな中で荒川選手は尊敬に値します、彼女も血の出るような努力をしたのでしょう。
私は1997年からカスタムインソールに、どっぷりとはまってしまいましたが、スキーをしていなければこんなにのめり込むはなかったでしょうね、それが、突き詰めていったら、身体にも大きく影響をしている事が理解でき、構造医学という学問が存在しアメリカには大学もある事も知りました。ですから、くどいですが日本の足医学は15年遅れをとっていると明言しているのです、スポーツは水泳や相撲など特殊なものを除いてほとんどが足で立っているのです、また、身体に痛みがでる場合も全部が原因があって発症します、現在の西洋医学はあまりにも過度な対症療法ですので、迷惑を被るのは患者さんなのです、あくまでも痛みがでたら、どうしてそうなるのかを考えなければいけません。
歳のせいだとか、神経痛だとか、使い過ぎだとか、私の意見は詭弁としか思えません、皆さんも悪いところがあったら絶対に諦めないで、治る
事を信じて、希望を捨てないで下さい。
今、ダビンチコードが流行していますが、構造医学の元祖はダビンチだといわれており、有名な人体の絵などは、テキストで使われております。そろそろ足に興味をもっていただき、まず、自分の足はどうなっているのか認識をしてください、成人の日本人の足は間違いなく90%以上、正常ではありません、ただ、人間は補正能力がありますので、少しの異常であれば大丈夫ですが、そこが問題です。
カスタムインソール注文方法について
カスタムインソールの注文の仕方について説明いたします。現在のアメリカでは、ちょうど新雪の上を歩くと足型が残りますが、それを応用したものでバイオフォームという柔らかいスポンジがあり、その上に座位で半荷重で膝を90度に屈曲させて足型を採る方法(ミッドウェイトベアリング)があります。
この方法は遠隔地のかたや、忙しくて専門家に足型を採ってもらう時間の無い方に有効であります。
足型の採り方はビデオかDVDを同封致しますので、ご自身でできますご興味をお持ちの方はご遠慮なくメールをいただければ、対応をさせていただきます。

トップランのHPリニュアールしました
お待たせいたしました、最近、トップランのHPが新しくなりました。足の事がご理解いただけると思います。ただ、今の時代は良いものが売れるとは思いません、また、あまり専門的になると引いてしまう方もおります。
オーダーメイドの靴中敷は、履いてみて初めて体験ができる製品ですので口で感覚を説明する事は困難ですが、すでに北米では市民権を獲得し
医療具である事は間違いありません。
私は、HPにも記載してありますが、紆余曲折があり、困難な道を通ってきました、もちろん、これからも大変な事だと覚悟をしております。
単なるビジネスでは止めた方がいいと思いますが、人間には使命というものがあります、私の目的はオーダーメイドの靴中敷を眼鏡をつくるような感覚で、皆さんが作りやすくする事を希望しています。
その事によってどれだけ足で困っている人達が救われる事でしょう。
また、無駄な医療費をどれだけ軽減できるか計り知れません。是非、開いて見てください。
http://www.top-run.jp

体言て何の事だろう
今日は東久留米市に友人のお見舞いに行ってきました。彼はプロゴルフ・プロサービスの草分け的な人で私もプロサービスをしている時にお世話になりそれから10年くらいのお付き合をさせていただいております。
彼は脳梗塞になり奇跡的に助かったのですが、やはり過労が原因だと思います、そうなる前に体言(ボディーラングエッジ)という信号をキャッチできなかったのでしょう、一般の人はそういう事に疎いものです、例えば風邪を引く前にゾクゾクしたり、寒気がしますが、そういうサインを早くキャッチできるのと、出来ないのでは病気の治り方に大差がでます、必ず病気には事前に体言が(信号)がでるのです。
身体の痛みは必ず足から始まります、例えば、踵が痛い、外反母趾、習慣性捻挫などから起こり、上にいきます、膝や腰になり、背骨、頚椎などに波及します、簡単に中敷で修正できるのに、日本人は足に気ずいていません、自動車で一番重要な部分はどこでしょう?そうですね、タイヤです、どんな高級車であってもタイヤが減っていたら怖くて運転なんてできません。前輪はトーイン、キャンバー、キャスターの3つの決められた角度があり、それが狂っていたら自動車は真っ直ぐ走る事ができないのです、足も同じです、踵骨の下、距骨下関節という部分がとても大切ですが、ここは難しいので省略します、皆さんの知らない大切な決まり事が足にはたくさんあります、たまにでいいですから足を気にして見て下さい。
でも、私の友人は治って本当に良かったと思いますし、ヤッパリ神様が助けてくれたんだと感謝しております。

ゴルフシューズについて一言
最近のゴルフ雑誌を読んでいますと、少し前に比較してゴルフシューズの広告が多くなってきました。
各社こぞって独自の個性をアピールをし、販売に力が入っています
なかでもふざけたキャッチコピーをピックアップしてみました、ヘッドスピードを履き替えろ、機能で選んで・色で決める、約5ヤード飛距離を伸ばす・爪スパイク、飛んで曲がらないこのソールはあなたの為に、ざっと見ただけでふざけてます。ヒロシではありませんが、飛んで曲がらないなんて魔法の靴があれば私は10万円でも買いますよ、ふざけすぎです。メーカーの良心を知る一番手っ取り早い事は中敷をみるのです、靴の良し悪しは中敷が80%の割合で
身体が反応をします。テクノロジーは韓国製が一番品質が良いですね、50年もスニーカーを製作している実績があります。
最悪なのは中国製でしょう、私はただで提供されてもいりません。
国内販売メーカーでナンバーワンはやはりフットジョイでしょう、
キャッチコピーも真面目ですし私も使用してますが、しっかり出来ています。皆さんも購入する場合は色やデザイン、安物、ふざけた
キャッチコピーの製品は止めて下さい。
ニートフィートの靴中敷、マキシマムフットサポートを装着すると、踵荷重の人は少し前に重心が移行します、足の重心は踵から前に47%のところです。踵荷重の人はバックスウィングで回旋しにくくなります、ですのでどうしても手で上げてしまいます。それで悩んでいる方は是非試してみてください、また、姿勢が正しくなりますので歩行がとても楽になります。価格もニュージーでは米ドルで20ドルで販売していますが、トップランでは2500円で世界標準価格になっております。
メタボリック症候群について反論
最近メタボリック症候群について話題になってきていますが、症候群とは病気ではないのです、シンドローム(英語)と聞けば聞こえはよいのですが、何かへんですね。
医学界では、必ず流行があります、例えば、高血圧、糖尿、骨粗鬆症などです、そして健康に自身の無い人はドッグや検査にいきます。
最近、骨粗鬆症なんて言葉を聞かれますか、もうすでに死語になっています。
たいてい、こういった事に左右される人は臆病な人、心配性の人が多いものです。
だいたい、内臓脂肪なんてものは健全な生活をしていれば無縁なものなのです、そして思い立ってストレッチや運動をしても3日坊主なのです、きちんとした食事をして、適度の歩行や運動をしていれば関係ありません。私が嫌いな事は日本人は流行ものが好きで、飽き性なのです、
メタボリックなんて聞こえはいいですが、悪い言葉で表現すれば単なる
脂肪デブなんです、自分の生活態度が悪くてそうなったのですから、反省をして規則正しい生活をすれば良いと思います。
ゴルフのプレーについて一言
ゴルフの裏話についてのブログはとても好評をいただき50名の方々に読んでいただきました、まだまだありますが差し障りがあるのでまた、機会がありましたら面白い話をお伝えします。
私はゴルフのプレー前に必ずする事があります、靴を履くまえにニートフィートのパウダーを靴にふりかける事と汗をかく胸や股などに3Bクリームを塗ります、これで1日のプレーを快適に過ごす事ができます、足はパウダーにより汗をかいても臭いやベトベト感がでません。
今日は月例コンペがありましたが、パートナーの皆さんがとても良い方々で楽しく、リズミカルにプレーができました、月例の場合はほとんど初対面の場合が多く、中にはうるさい人や極端にスロープレーの人もおります、そんな場合はリズムが狂い、とても楽しいゴルフなんてできません、後続の組からプッシュされ、カートのアナウンスではプレーを早くして下さいと何回もアナウンスされたまったものではありません、ですから、今日みたいに気分よくプレーができると最高です。ちなみにスロープレーの人は他人の事に気が行きませんし、自分がスロープレーヤーという事を理解してはいないのです、困ったものです、私も友利さんのバックを担いだ経験がありますが、プロトーナメントではショットの後は駆け足に近いくらい早いのです、しかしグリーンでは1打何百万円も賞金がかかってきますので、慎重にラインを読みますので時間をかけます。
遅いプレーの人は、そんな場面を真似をして、本質が解ってないんでしょうね、プレーファーストはオノフのキャッチコピーですが気をつけましょう、中敷も大切ですニートフィートを宜しくお願いします。
ゴルフ雑誌の裏話教えます
やはりゴルフの好きな方が多く今回も沢山の人達に私のブログをよんで
いただきありがとう御座います。
本当にあった面白い話を教えます、某、ゴルフ雑誌の企画でカスタムの中敷を使用した場合、飛距離の差がどう変わるのかという実験をしました、そして、雑誌社の人がその辺に球を転がしておけばいいよ、と言われびっくりしました、それからその雑誌は絶対買わないと決め一度も購入してません。ゴルフトゥデイの実験もやりましたが、これはものすごく厳格に行い、やらせなどはまったくなく素晴らしいものでした。
もう一つ面白い話です、何年か前に静岡オープンの時、ゴルフメーカーの人とツアープロ二人と食事をしました。その時に有名なプロが、私達は雑誌の取材でテクニックを教える時、ギャラは5万円なんですよ、私達プロがたった5万円で、本当の事を教えると思いますか、と言われました。ですから、ほとんどのテクニックに関する記事は、人畜無害のものが多く、内容もエンドレスでぐるぐる廻っています、ですので、ツアープロがツボのところは教えてくれません。
また、アマチュアが言われてできるものでもありません。よく読んでみて下さい、いつも同じような事ばかりでしょう、そんなにテクニックがしょっちゅう進化する訳がないのです、それよりもPGAのレッスンプロに教えてもらう事が一番の近道ではないでしょうか?
あと一つ、ダイワのオノフの宣伝にプレイファーストと謳っていますが
プレイが極端に遅い人は困りますね、どうしようもありません、遅い人は気を付けて下さい。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード