足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
06 | 2006/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スウィングについて
先日のフィランソロピーの放送中、ワンポイントで横田プロが体軸の事を述べていましたが、まったく理解していません、私は彼のスウィングはけして好きではありません、また、足の悪い人は体軸を上手くできる事ができないのです。
運動やストレッチで悪い足を治す事もできません、これは既往歴、遺伝、職業など、様々な要因から構成され意識のなかで治す事は不可能なのです、もちろんプロは我々の何十倍も練習していますから
アドレスは綺麗ですが、プロの方がたでも足に気づいていない人もおります、ほんの少しですがこの少しが問題なのです、最近は幸か不幸かカートでのプレイが流行していますが、歩行でラウンドをすれば、プレイの後はふくらはぎや膝、腰など足から身体中に痛みが波及します、痛みや障害は原因があって初めて発症します。ただし、あまりにも足は軽視されていますので、よもや、足が障害の発生原因とは考えられていないのです。
スポンサーサイト
フィランソロピートーナメント
今週のトーナメントは面白かったですね、浜岡コースは私自身、友利さんのバッグを担がせていただいた思い出のコースですので人一倍感慨深いものがあります。
ホーさんが15番でバーディーを取れなかったのが敗因です、しかし谷口プラはやっぱりすごいですねプロの精神力はすごいものがあります。
今回のスコアは風が少なく好スコアがでましたが、ダイドーの時は3月中旬の例年、トーナメントの開催時期で風が冷たく、また強風のため、あまり好スコアはでないコースなんです、今回は10アンダーが6人という結果でした、最近、すし石垣プロも上位に行くコツを掴んだみたいで楽しみな選手です、また、他のプロも新しい人が参入してきました。
そろそろ選手の顔ぶれが変わる時期だと思いますし、トーナメントも以前のように活気が出てくると楽しみですね。
治す事の喜び
今日、仕事でマッサージに某ホテルにいきました。息子さんをマッサージしていた際、側でお母さんが去年、顔面を強打し首を痛めて手足がシビレていると聞きました、整形にも通っているんだけどなかなか治らないとの事を聞き、息子さんのマッサージを終了してから、少し診てあげましたが、たいした事がなく首が楽になったと喜んでいただきました。
人間、一番の治らない原因は恐怖心だとエドガーケイシーが説いている事を伝え、気持ちをプラスにしなければ駄目ですよと説得しました、お母さんは本当に嬉そうでした。
私達、治療家はそれが一番の喜びなのです、お金は二の次なんです、もっといえば別に欲しくはないのです、それが医療の原点だと思います。
しかし、お金を払っているんだから当たり前と思われると話は別になります。しかし、私からみればちょっとした事で悩んでいる方が多いですね、現在の医療制度、システムに問題はないのでしょうか、もっと患者さんの為に、努力をしなければいけないと思います。
アンチエイジング
今日、地方の某テレビ局でアンチエイジングの特集を放映していました。メタボリック症候群のブログでも記載しましたが、いたずらに横文字の言葉で流行をつくって欲しくないのです。脳年齢がどうたらこうたら、実際に嫌になります。人体は小宇宙です理解出来ない事のほうが多いのです、いままでに私は診療やゴルフを通じて何千人との人とお会いして感じる事ですがかなり年の差は実感できます。一番は考え方でしょう、マイナス思考の人は年よりも老けてみえます、それはそうでしょう物事をプラス思考できない人達ですから、実際人間は120歳までの寿命があるといわれていますが、風邪を引いたら何年、手術を受けたら10年とか、120から段々とマイナスされ現在の平均寿命になります。
やっぱりスポーツをしている人は全然しない人と比較になりません、三浦雄一郎さんのお父さんが90歳をすぎてエベレストでスキーをしましたが、私は信じられません。ゴルフでもこの間ラウンドした人は68歳でしたが私とドライバーの飛距離がかわりません、きっと若い者には負けられないと努力しているんでしょう、何かを上手くなりたい等、目標があれば歳なんて考えていられません、私は可哀そうに思う人は趣味が無い人です、休みには家でゴロゴロかパチンコなどをしてる人達です。
パチンコは趣味ではありませんギャンブルでありあれほど身体に悪いものはありません、上記の項だけでも10年は差がでます。
都会ではゴルフも費用がかかり余裕がないとできませんが、スポーツジムも良くないですよ、人間のハツカ鼠版です、人工でつくられた箱物の中で会費を払ってあるから行かなきゃ損だとか、あれとこれのマシンを
これだけはしなくてはと考えますとプレッシャーになります。もう下火になりましたが、ジョギング、エアロビクス、ジャズダンス身体にいいものがありましたか、みんな身体のあちこちを故障し止めた方が多いと思います、東大の中村先生がスポーツは身体に悪いという本がベストセラーになりました、やりすぎると活性酸素が発生し身体に悪さをします
特に、痩せる為に義務感でするものは禁忌です。私の持論ですが楽しくない事はしない方がいいと考えております。
今日のテレビで某ドクターが言っていましたが、考え方、ハートの持ち方が一番大切で外見やみてくれは関係ないといっていました。同感です
私は57歳ですが、だれも50過ぎには見てくれないです、いつも好奇心が旺盛で、ゴルフもそこそこしますし、くよくよ考えない性格です。
自分の目標は100歳まで生きる事にしています、途中で駄目になったら、それが運命ですから仕方ありませんが、そんな風に生きています。
アンチエイジングの言葉が流行るとそれを利用して効果の無いサプリメントやアロママッサージなどビジネスが流行る事が社会悪なんです。
どんなに顔をキレイにしても心が泥だらけでは意味がありません。
先輩が沢山いる中で生意気な事を書きました事をお許しください。

治らないと思い込んでいる人に
私の考え方は一貫して病気で治らないものは無いと思っています。治らないものは治し方が解らないのです。例えば、エイズやガンなどは典型的なものですが、いつか必ず野口ヒデオさんのような偉人が現れワクチンを開発してくれる事でしょう、しかし、人間は生まれた時に死ぬ運命にあります、心ならず若くして命を落としてしまう方は気の毒でなりません。
さて、足の痛みについてですが、一般の方達、例えば、膝の痛みや外反母趾、腰痛などで困っているとします、そして決まって整形外科に行きます、そしてドクターがⅩ線写真をとり、年だから仕方がない、働きすぎ、遺伝的なものと言って、患者さんを説得させます、言われた方も、医者が言っているのだから、仕方がないなと変に納得してしまいます。以前も書きましたが日本の足医学は北米に比較して最低15年は遅れています、ドクターが本物の足矯正具(オルソティック)を知らないのです、このようにドクターを中傷する事はタブーかもしれませんが
少なくとも医師という職業でいるならば最低限の事は勉強して普及に努めて欲しいのです、また、それが職務だと私は考えます。
トップランのHPでも紹介しておりますが、私が整骨院を経営していた際に足矯正具を使用していただいた方がたに、匿名でアンケートをしたところ、思いもよらない結果を頂戴し私のした事は間違っていなかった事を実感しました。外反母趾なんて病気ではありません、一過性のものです、オルソティックを使用すれば、なんて自分は遠回りをしたのか必ず後悔します、膝の痛みも原因をたどれば同じ事です、他力本願では駄目なんです自分で考え自分で治す努力をしてみて下さい。以前にも引用しましたが山を登るのに1本のルートだけではありません世界には、合理的に物を考え沢山の人達が足の研究をしています。治療には観血治療と無血治療がありますが、斬らないで治す事が出来るに越した事はありません、試してみる価値は充分にあります。駄目でもともとですが、そんな事はありません。ただ、スポーツ店で扱っているものと混同しないでください、あの手であればニートフィートのマキシマムフットサポートの方が2500円で安くていいでしょう。本物を本当にすごいという事をアピールをしたいのですが、いろいろ他社の製品などの事もありますので、なかなか真実を伝える事ははばかるのです。治るという事は医師法で決まりがあり表現が難しいのですが、皆さんの想像している範囲のものではない事だけは理解していただきたくお願いいたします。
また、治らないという思い込みを捨て、明るい明日に期待していただきたいと願っております。

全英オープン始まりました
はじまりましたね待ちに待った全英オープン、皆さんは誰が優勝すると思いますか、私は以外な選手が勝つような気がします。
ハミルトンのようにノーマークの選手だと思います、個人的にはSKホーが好きなんです、個人的に韓国の人はあまり好きではありませんが、ホーさんは日本のツアーで頑張っていますし、とても紳士だと思います。
全英のようなコースでは、飛距離よりも正確なショットを打たなければ
勝てませんし、パターが入らなくては無理ですしプラス勝利の女神が応援してくれないと難しいですね、足の話は又にいたします。
誰がかってもおかしくはないですね、みんな名誉の為に必死でしょうね
ゴルフは面白いです、こんなスポーツを知らない人は、チョット人生で損をしてるかなと、あくまでも個人的な意見です。
人間関係の記事の反響に驚き
人間関係についてブログを記載しましたが、2日間になんと70名の方方に読んでいただきました。人間関係で悩んでいる人が多いんですね、
私から、皆さんに問題を出します、テーブルが目の前にあって手のひらでテーブルを叩いた時にどちらが先に音が出るでしょうか?この問題は曹洞宗の尼僧さんが15年くらい前に私に質問をしました。
テーブルの方ですか、手の方ですか、よく考えてみて下さい。私は治療家の端くれで26年間整骨院を開業していましたが、ある事があって辞めました。これも経験した人でしか解りませんが、ストレスはかなりあります、しかし、私の場合は地でやっていましたからビジネスにはなりませんでしたが本当に良い経験をさせてもらったと思っています。
一番嫌な患者さんは、保険証を出せば治してもらう事が当たり前という信じられない人です。医者も含めて治療家とは舟の船頭と同じなんです治すのは本人で我々はアドバイスをする事や協力をするだけなんです。あるドクターに同じ質問をしたら生活保護を受けている人が、あの検査もしてくれ、この検査もしてくれといいたい放題の人が一番嫌だといっていました。このように観る側と受ける側でもかなりの違いがあります。一番大切な事は何だと思いますか、信頼関係です、何かこの医者はあまり信用できないなと思ったらその時点で治りません。
お陰さまで現在の私は、ホテルでマッサージをさせていただき生計を立てておりますが気持ちが楽なのです、それこそ一期一会で一生懸命に仕事をさせていただきますとお客様も理解してくれます。それでも、いつでもスクランブル状態で体調を整えておかないといけません、プロですから、お酒の好きな人にはできない仕事です。夜はそんな訳でそこそこ緊張をして待機しておりますが、昼は適当に好きな事ができます。だから考え方でイーブンなんでしょう、人間は考え方でかなり性格が歪みます、度が過ぎるとうつ病や精神障害がでます、田舎では比較的のんびりできますが都会では仕事に追われ大変だと思いますが、仕事人間は一つの病気です、休むという事ができないのですから、ハツカ鼠みたいなもんです、そういう人は仕事と心中するしかないですね。
人間関係で問題をお持ちの方は、ご相談をお受けしますゆ、解決するかしないかは別ですけど、あと嫁姑問題は私にはできません。
人間関係について
いつも沢山の方にブログを読んでいただきありがとうございます。また、内容についての反響は健康の題材、ゴルフの話、心や人間関係について皆さん興味をお持ちでいる事に気ずきました。
言い換えれば、それらの問題を抱えているというと思われます。いま、現在も私の妻が仕事の仲間とギクシャクしていて悩んでおります、私は
大体の原因は掴めています、ほとんどのトラブルは誤解から生まれます
原因があって結果がでます、私の妻は手が遅く、言っても治らない部分があります、しかし、悪い部分をみればそうですが、良い点もあるます、人に親切ですし、他人の悪口はまず言いませんし、真面目なんです、夫婦で悪いところがあればお互いに我慢ができますが、他人の場合、特に仕事がらみだと我慢ができない事もあるでしょう、私達夫婦は他人からみると幸せそうに見えると思いますし、お金にも困っていないようにみえるようです、しかし、内情は違います、ただ、貧乏だけれど気持ちは貧乏でないのです、お金なんて汚いものです、食べていけるだけと少しの楽しみが出来れば他はいらないのせす。
ですので、誤解とは恐ろしいもので、その人の妄想でどんどん悪く悪く理解していってしまうのです。罪を憎んで人を憎まずという諺がありますが、とても良い思想だと思います、人を憎むという行為は人間として好ましくありません、私は、例えば人に悪くされたり、騙されたりした場合は、相手の人をカワイソウな人、または、どこか病気なんだと思うようにしています、騙されたら自分が悪いと思います。考え方一つで、どうにも心は変化します。現在、私の家の家計は女房がパート収入で助かっている部分が多々ありますが、私は、女房の心の葛藤をみていて、もうパートは辞めなさいと言いました、確かにお金は助かるけれど、嫌な思いをさせたくないのです、それも、その人の悪い思い込みによって
良い関係をキープ出来ないんであればしょうがありません、私は、人の評判を聞いて、あんなに当てにできないものはないと思っています、だから、その人に実際に会って自分で判断をします。
皆さんも、こんな経験をした事はありませんか、誤解はいけません、こういう私も、いい人だと思ってお付き合いをしていた人が、ある悪い部分を見せられた時は、引いてしまう事があります。とても残念な事ですが悪い人とお付き合いしてもプラスの部分がなければ、仕方がありません、再三、言っていますが、もし、ゴルフを一日一緒にプレイをすれば、その人の性格が良くわかります。こんな奴、ゴルフをする資格なんて無いと思う事はたまにあります。キンチャンの良い子、悪い子、普通の子なんて番組がありましたが、そんなもんです、できればよい子になりたいですね。


古賀美保プロ優勝おめでとう
美保プロ優勝おめでとうございます。2年ぶりだという事ですが、涙ぐんでいました。彼女は今年に入ってから、ずっとトップテンに入っており
すぐに優勝すると予想はしてました、しかし、大山プロもやっぱり強いですね、半端じゃありません。日本の女子プロもご多分にもれず韓国勢にやられぱなしです、やっぱり日本のツアーですから日本人に勝ってほしいですね、日本が大人しい外交をして憂慮していても韓国はお構いなしにいちゃもんをつけてきますから、良くしてあげても意味がありません。もっと韓国の選手を規制すべきです、しかし、古賀プロはスタイルもいいし、可愛いいしスター性を備えています。
これからは、可愛い人が活躍してくれると視聴率もあがるんではないでしょうか、もちろん、不動プロのように一生懸命練習している人もすきです。とにかく、今年の賞金王は大山さんできまりでしょう。
練習量、技術など抜きん出ています、あとは古賀さんリーチヒ、不動さんのこれから追い上げがどこまでいくかでしょね、女子プロトーナメントは目が離せません。
最後に人間の性格というブログを16日に書いたのですが、21名の方方に読んでいただきありがとう御座いました。


人間の性格
どうでしょうか、皆さんも人間をしてきて、こんな奴とは二度と付き合いたくないと思った経験はありませんか?私はゴルフがすきで、たまに
1人でいきます、そして初体面の方達とよくプレイーをしますが、やかましい人、酒を飲みながらゴルフをする人、プレイが遅い人、人があナイスショットを打っても何も言わないひと、自分勝手な人、自分が上手いと勘違いしている人、スコアが悪いと機嫌が悪くなる人などいやですね、二度と一緒にプレイはしたくありません。
これは、ゴルフに限った事ではありません、言った事をきちんと守る、
嘘はいわない、お金に細かい人、自分は頭がよいと思っていてプライドの高い人(本当のバカ)、きちんと挨拶が出来ない人、僕は一番嫌いな人は物事を恩に着せる人です、本当は30万円かかる仕事だけれど貴方には特別10万円にしといてやるよ、そんな事は言ってはいけません、
曹洞宗の道元禅師ではありませんが、自己を知る、大切ですね、そうすると、自分の性格が解っている訳ですから、相手に嫌な事を言わないですみます。本当に言葉は心に思っているとつい言ってしまいます。
だから、考え方を変えないと駄目ですね、自分の性格を常日頃理解しなくてはなりません。これは私にも言える事です。
皆さんは、どう思いますか?


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード