FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
04 | 2008/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

邪気を受けた時の対応の仕方
いつも、ある患者さんを治療した後、何とも言えぬ不快感を覚えます、その感じは言い様がない変な気持ちで、少しイライラしたり機嫌が悪くなるのが解ります、そんな時はシャワーが一番良いのですが
シャワーの無い場合は洗面所で水を流し手のヒラを擦りながら15分ほど邪気を流します。
そうでないと、こちらの身体が変になってしまいます、邪気を帯びている患者さん、人は社会や人間に不満を持ちピリピリしているのでよく解り、それが、術者に伝わり、邪気が入り込んでくるのです。
邪気を帯びている人は、気が滞っていて、一つの病気ですが(東洋医学)西洋医学上では病気ではありません。たいていの邪気を持っている人は本人が気ずいておりませんので困ります。
見分け方は、怒りっぽい人や、極端に気の短い人、何にでも屁理屈を言い、つっかかって来る人、などです、それと女性に多いのですが、深めの帽子をかぶり人目を避けている人は、もう完全にウツ状態といって間違いありません。いかがですか、思いあたる事はありませんでしょうか、参考にしてください。
スポンサーサイト
医療費の問題
最近、テレビなどメディアさかんに後期高齢者の保険診療が問題になっておりますが、掘り下げてみると厚生労働省や政府の方針で何とか医療費を下げなければいけないので、たくさんの制約をつくりました、私は良い事だと思います、一人の患者さんが例えば胸が痛いという事で受診をし、その病院で満足が出来なかった場合は、また、他の病院に行く訳です、そうすると又同じ診療や検査をダブリます、一応、人間ドックは保険が効かない事になっていますが、それはそれ、検査という名目で保険請求をする訳です、やり方はいろいろあると思います、私もフットビューという足の面圧を計測する器械を持っていますが、医師ではありません整骨院ですのでお金は自費ですが1円も戴いておりません。ところが、同じものが医師の場合は1ケ月に1回、2,500円請求できるわけで年3万円となります、それでも医師たちは器械の償却ができないと言っているそうです、私はどうなるのですか、まったくのボランティアです、そのくらい検査というものは無駄が多く高額なものにつきます、勤務医の俸給が年1,400万円、開業医がその倍からそれ以上と皆さん周知のとうりですが、医者は儲けすぎです
人の生命を守る為に医者になったとしたら、お金は二の次ではないでしょうか?と、私は思うのです。
坊さんが、お葬式でいくらよこせと言ってるのと変わりはありません、もちろん、赤ひげ先生みたいなドクターもおられると思いますが、ほんの少しだと思います。
後期高齢者の保険問題はもっと研究をして、良い方向にして欲しいとねがいます、中途半端です、頭の硬い人達がつくるのでしょう、受診される方も少しの事で大騒ぎをしないで自分で治す努力をする事も大切ではないでしょうか。
終末医療について
人間は生まれて、死ぬ事は決まっております、今日のニュースで終末医療について放映されていましたが、自然が一番いいのではないでしょうか?しかし1パーセントでも助かる見込みのある患者さんについてはやるべきではないと考えます。
延命治療をすべきかは医者が決める事だと考えます、政治の問題ではないでしょう、後期高齢者、特別介護老人ホームなどの問題はいままでの経緯から、医療費を抑制する為にできたものです、ですので、医師、個人個人がしっかりと自分の仕事をしていればこんな結果にはならなかった筈です、いわゆる、利害関係が最悪の要因です、先日も書きましたが、長野県の老人が1年間にかかる医療費の平均が65万円、最も高い件で105万円です、何でそんなに差があるのでしょう、それはオーバーメディスン(過剰診療)なのです、検査検査、必要のないオペ、投薬、ほとんど気休めで薬を飲んでいるようなものです、患者さんもいけません、自分の身体を研究し必要のない薬は飲まない事です特にメタボの薬はいけません、毒薬です、健康な人は総じて薬を飲みません、身体をいたわり、良い食べ物をとり、楽しみを持ち、幸せに暮らしています。
私もお陰様で幸せです、人間、考え方ひとつではないでしょうか。
カスタムインソールの驚くべき効果
私のところの患者さんで、63歳で今まで腰痛に悩まされ、どこどこの整体に行って1回2万円の治療をうけ1ケ所で10万円かったとか、仙台の治療院にも行った、東京の有名なカイロにも行ったという
本当にご苦労をされ散在をした患者さんの話ですが、私の所は1月に10回、2月に10回、3月に6回
勿論、整骨院ですから保険が適用され1回の治療費は350円です、4月の始めにカスタムインソール
(オルソティック、矯正具)を使いはじめ、4月の通院は6回、5月の本日までの通院回数は3回となりますが、農家で田んぼを手広くされている方ですが、いわゆる、ツボにはまった、というか、足が原因だったのでしょう、本人もびっくりする程、改善され驚いております、私は冗談で整骨院としては減収ですね、と、言いましたが、これほど良くなると本当に嬉しいものです、いままで、やってきて良かったと満足しております、こんな形で患者さん、困っている人を助けるお手伝いができるなんて、充実感が
あります、人に喜んでもらえるなんて素晴らしいじゃないですか、合掌。
外反母趾は、あきらめないで。
外反母趾で悩んでいるかたは多いと思います、なぜ、いままで解決策がなかったのでしょう、それは全部、核心、的が外れていた為なんです。
思いだして下さい、ゴムを指に挟むもの、単純にアーチを上げただけの中敷、サポーター、テーピングなどなどです、もともと、外反母趾は
けっかです、原因があって結果がでます、当たり前の事ですが、木を見て森を見てないのです。
足は28ケの骨の集合体です、前足部、中足部、後足部に分かれますが、外反母趾は主に後足部の踵骨が回内され舟状骨の施錠が外れアーチが落ち前足部に過度の外転力がかかり、発生するのです、前足部だけ外反する訳ではありません、押しだされるかたちになります。
整形外科の足底板も国産のレベルでは無理があります、これは、お使いになられた方は良くお解
りだと思います。
本当に治したいとお考えの方は、本物の矯正具をお勧めします、それも北米形式の物がよいでしょう
現在、外国製を輸入している会社では2社ありますが、カナダの某社の製品は価格が高すぎです。
Top-Run製が一番安く、確実なものです。
ホームページでオルソティックで検索して研究をしてみてください、簡単に良い方向に向かいます。
トップページ リニューアルしましtた
本日、トップページを新しく致しました、皆さん是非ご覧下さい。中もおいおいと直していきます。現在は群馬の代理店さんが数ヶ月、取りつぎを休止しております。
明日は外反母趾にづいて記事を書こうと予定しております。

カスタムインソールとオルソティックの違い
最近、ヤフーでカスタムインソールを検索してみたところ、沢山ありびっくりしました。中には、以前、私のところの代理店をしているところもあり、ページまでパクッテいるサイトもありました。
言える事は、一般の人々は知らない訳ですから、ただサイトをみて、なるほど、こういう物なのかと思ってしまう事なのです。
カスタムインソールとは、辞書には載っていません造語でアメリカでは通用しません、日本のナイターと同じです、カスタムを引くと、あつらえ、特別注文などと記載されています、さて、あつらえとは、一般の中敷にスポンジやシートを貼っただけで、あつらえになってしまいます。
カスタムインソールとオルソティックは、どこが、どう違うのでしょうか?カスタムインソールは上記のとうり単なる中敷にちょっと細工をしただけでカスタムと言えるでしょう、オルソティックは辞書で引くと矯正具と記載されています、もともとは医療具なのです。治療という目的をもった特別な物なのです。
例えて言うならば、カップラーメンと中華そば屋のラーメンの違い、同じ車でも、軽自動車とベンツのEクラスの違い、量販店で売っている5千円のドライバーとダイワ精工のオノフドライバーのリシャフトした物の違い、同じ名前の製品でも製作段階からまるで別物なのです。
世の中は広いです、沢山の人々がおります、私はカップラーメンの方が好きなんだ、と、いう人もいるでしょう、軽自動車の方が燃費が良いし、ベンツなんていらないよ、ドライバーだって安くても自分が気にいっていれば文句はないだろう、そういう考え方もあります、しかし、そうは言っても、良いものはそれだけ研究費がかかっているし、ただ、値段が高い訳ではないでしょう、納得商品なのです、ですので自分の健康に気を使う人はオルソティックを使っていただき、カスタムインソールの方が値段が安いから、こっちの方がいいやという人はカスタムインソールを使えばいいと思います。
カスタムでも1万五千円以上はします、オルソティックは2万五千円から3万円くらいですが、耐久性はオルソティックは10年は使えますので、果たしてどうでしょう、考え方の違いがありますね。
URLにも記載してありますが、私も自分でシダスやアムフィットを実際購入してテストをしてますから、無料でもらっても使いません、勿論、全部は否定しません、カスタムの良いところもあるでしょう、しかし先日も朝日新聞に記載されていましたが、政府が効果の無いものについて勧告をした記事が数日前の新聞に記載されていました、例えば、これを使用するとガソリンの燃費が20パーセント節約されるとか、サプリなんかも指摘されておりました、カスタムもそうですが誇大広告の物は気を付けたほうが良いでしょう、とにかく足は大切です、皆さんも足や靴にもっと気を使い身体を大事にしてください。
追伸 ゴルフシューズのお勧めは、フットジョイ、アディダス、オノフです、これらは私がテストをして合格だと思いました、他社の製品はノーコメントです、また、上代で1万五千円円以下の靴は買わないほうがいいですね。
整骨院をもっと知ってください。
最近出版された五木寛之さんと帯津良一医師の健康問答の中から、Q12 手技の伝承は可能かの題材から抜粋しました、五木 いまでも、あちこちに「ほねつぎ」という看板を見ることがありますね。この骨接ぎというのは、日本独自の手技療法だと思うのですが、当然、これも民間療法の一種ですね?帯津医師 そうですね。骨接ぎは、今は柔道整復師ですよね。ちゃんとした学校があって国家試験があって、教育もかなり厳しいことをやっています。民間療法ですけど、国家資格ですし、立派な、一つの医療の中の領域ですね。五木 ああ、そうでしたか。骨接ぎは、外科とみなしていいわけですか。帯津医師 まあ、整形外科ですね。五木 なるほど、地方の町に行って、鍼とか灸とか骨接ぎとかという看板が出ているのを見ると、じつは人びとが、ずいぶんそこに救いを求めて行ってるんだなと感じます。そういう現実があるにもかかわらず、いまの病院は自分たちのやっている現代医学と、民間療法のあいだに壁をつくっているんだなあと、いつも矛盾を感じるんです。ちゃんと研究して批判するとか、あるいは共鳴するというのだったらわかるのだけれども、民間療法と括って。一段下に見ているところがあるでしょう。以上、骨接ぎの行を抜粋してみました。
ですので、医師でも一般的な良識を持ち合わせている人は、きちんと我々を評価してくれていますが残念な事に良識をもっていない医師が多い為に、我々を見下している訳です。
もちろん、整骨院も沢山存在しますが、ピンからキリというのが事実であり、良い整骨院を見つける事は至難の業なのです、簡単な見分け方は、まず料金が適正か、初診料は除いて2日めから1部位の治療で180円前後です、ホラは吹いていないか、態度がでかくないか、頭が硬くないか、診療室のムードはどうか、気持ちが入っているか、まず、その先生の人柄を観察して、信用できそうもなかったら、行かない方がいいと思います、こんな事を書いたら同業者からクレームがきそうですが、自分の身は自分で守って下さい。
県民性の違い
私の出身は長野市です、田中知事や聖火ランナーで有名ですから、皆さんは良く知っていると思います、長野県は南北に縦に長く隣接する県は7県あり、陸の孤島と呼ばれていました。現在では78年の冬季オリンピックのお陰で東京から長野市まで1時間20分で着いてしまいます。
大多数の長野県人は真面目です、そして自然の環境と調和をしながら生きていますので、比較的のんびりしています、そんな生き方が良いのでしょうか日本の平均寿命で長野県女性NO1で、男性は確か3番目くらいだと記憶しています、交通事故も少ないですし、凶悪な犯罪も滅多にありません。
茨城に来て、1年と6ケ月がすぎましたところで、やぱり県民性というのは確かにあるんだと実感しました、一番嫌な事は、とにかくせっかちです、待てないのです、例えば、交差点で直進が優先ですが、そんな事は関係ありません、かまわず右折します、信号は赤でも行ってしまいます、待つ事ができないのです、日本の交通事故死亡者は人口密度からいくと茨城がトップだそうです、とにかく事故が多いのです、直線道路の多い事も起因してると思いますがスピードの出しすぎです、それも、気が短いから、ゆっくり走れないのです、我慢ができないのは、はっきりした四季が少ない、長野では冬は雪が積もり、寒いので冬は、じっと耐えて生活をします、夏は短く、秋は紅葉が始まり冬が来るんだと準備をします、冬になれば、春の来るのが待ちどうしい、この思いは忍耐となります、四季がはっきりしている事はメリハリがついて誠に良いと感じます。また、四方八方、山ばかりですので景色が最高です、知らず知らず自然の恩恵を受けているんでしょう。
茨城は、何もなく、ただただ、何処をみても同じ景色、変化なんかありません、そんな事が県民性の違いを生み出しているのかもしれません。しかし、茨城県人の良いところもあります、あまり、くよくよしない、さばさばしている、人が良い、他県から来ても違和感なく受け入れてくれる。良いところが沢山あります、これが平均的な茨城の人達ですが一部の人がせっかち、いや、大部分の人がせっかちだと思います。私の父は北海道の出身ですが細かい事は気にしない人でした。心が広いというか立派な父親でした。ビジネス界では、いや、言うのは止めましょう、私の心の中では、あそこの商人、こっちの商人は怖いなと思っている部分があります、皆さんの意見はいかがでしょうか、個人の意見として聞き流してください。

メタボが何でいけないのか?
4月からメタボの健康診断がはじまりました、メタボ基準は①血清脂質異常150mg/dl以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満②血圧高値(最高130mmHg以上、または最低血圧110mg以上)③高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)の3項目のうち2つ以上に該当するとメタボと診断される。
また、これで医者と製薬会社がもうかります、最近の週刊誌で各大手企業が従業員にメタボ対策として様々なアプロ-チをしています、中でも面白いのはアサヒビールが9項目をつくり、その中から2つを選んで2ケ月実行するとボールペンがもらえるそうです、メタボの主因であるビール会社がそんな事をやる事じたい面白いですね、ビールを売らなければ話は簡単です。
話には裏があって、数年後に厚労省が独立健保組合にチェックをして、基準をクリアーしてないと10パーセントの課徴金を政府に支払うという事だそうです、ですから独立健保組合は必死になるのです。少しくらい太っていて何がわるいんですか、何か人に迷惑を掛けるのですか、男性だって女性だってポッチャリしていた方が可愛いではないですか、痩せた人が好きな人、太った人が好きなひと、いろいろでいいじゃないですか、日本人の肥満なんてアメリカに比べたら比べものになりません、アメリカに行けば小錦みたいなのが、うじゃうじゃしています、日本なんて可愛いもんです。
きつい話し方になりますが、メタボは所詮自己管理が悪い、日々の生活の食生活に問題があってメタボになるのではと考えます、私の考え方ではスポーツの不足というのは、そんなに問題は無いと思います、誰がメタボなんて言葉を流行らせたのでしょうか社会悪ですよ、そんな訳で、気にしないでいいんじゃないでしょうか、ちなみに私は身長が170cm、体重が75kg,皮下脂肪は18です、70kgくらいがちょうどいいと思っています。夏になれば自然に体重は落ちますから心配しておりません。




皮下脂肪




プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード