足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
05 | 2008/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

後期高齢者医療制度、桜井よしこのコメントについて
7月3日号の週刊新潮、後期高齢者医療制度は絶対に必要の記事について考える、一応、的を得ていて、正論だと思いますが、何か官僚てきな物のとらえ方だとかんじました。
私の故郷、長野県は県民の平均寿命が日本でトップであると同時に県民一人当たりの老人医療費は全国最低なのです、桜井さんのコメントとは違いますが長野県の医師達はまともなのです、他県がおかしいのであって長野をもっと見習いなさい、私も茨城に移り一番驚いた事はオペを受けている患者さんが極端に多い事でした、65歳以上の高齢者の医療費は12兆円、36%を占めるそうです、これは国民が悪いのです、健康診断なんて毎年する必要もないし医者に頼りすぎます、よく自分の身体は自分が一番しっていると言われますが、その通りなのです、ただただ死の恐怖に怯えているだけなのです、人間生まれて死ぬ事は決まっているのです、それを、あたふたするから医者の餌食になってしまうのです。人口1000人当たりのベット数の比較は日本14,1床、ドイツ8,5、フランス7,5英国
3,9、アメリカ3,2床だそうです、外国は老人が少ないのでしょうか?前述のように日本の病院が高齢者用の福祉施設のように利用されてきた事情があるという事です、それが医療費を押し上げてきたのは事実であると女史は述べており私もその通りだと思います。
CTスキャナー大国、人口100万人当たりのCTスキャナー保有数は、日本92台、米国の3倍、英国の12倍だそうです、高額な医療機械を導入すれば元を取る為に頻繁に使用しなければペイできません当たり前ですが、結果、ツケが我々に回って来ただけの事なんですね、高齢者は金がかかるという事ではなく、金をかけているのです、先日も話題になった某整形外科の問題なんて、当たり前と思った方がいいですね、まともに診療をしている病院のほうが少ないでしょう、患者さんは解りません
、また、老人医療費の終末医療費も死亡1ケ月前の平均が112万円という事です、点滴の管を何本も付けられスパゲティー状態の患者さんが多く、病院はこうした局面でお金を稼ぐそうです。電気ショック3万5千円、心電図モニター1日1500円、人口呼吸器は1日1万2千円、強心剤の点滴1本7千円
心臓マッサージ2500円という具合に際限がありません、延命治療はお金がかかるという事です。
以前、医師会に武見太郎という会長がいて、その人がストをしたり政府を相手に優位な立場になり医者天皇なんて言葉もありました、そういう経緯から医師会はどんどん悪くなってしまったのではないかと考えます、確かに良い医師も沢山いると思いますが病院の経営方針が利益の追求をしていたら私は出来ないなんて言えないかもしれません、医師の環境が大切ではと思います。
何で医者になったのと聞かれたら、人の命を救う為になったのでしょう、お金が儲かるからなった訳ではないと思うのです。
私が個人的に老人になった時、医療費の事でお金の心配はしたくありませんし、また、させてはいけないと思うのです、偽善的な応対で老人を診療するのでは無く、必要でない投薬も止め、不必要な検査もやめ、正しい診療をすべきではないかと願うばかりです。
それだけでも何兆円も節約できるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
ゴルフが上手くなる方法
最近とても嬉しい事がありました、これで私も本当にゴルフが上手くなれると確信しました。練習場に通っても上手くなれる訳ではありません、一番の方法はハンディーが片手以下のシングルプレヤーと親しくなる事です、幸運にも私の場合は患者さんとして来院され、それから、いろいろな事を教えていただきました、お話を伺うと、沢山の大きな勘違いがある事を実感しました。
肩を水平に回せとかいうレッスンなんかもありますが水平に回してはいけないのです、アドレスで前傾している訳ですから水平になんか回る訳がありません、というような具合に勘違いが多々あります。
私も沢山のレッスンプロに教えてもらった経験がありますが、あまり上達はしませんでした、それはプロは教える事について、小出しにするのです、運が悪かったのかもしれません、教える事が上手いプロもいるのでしょうが私の場合は、出会う事がありませんでした。
シングルプレーヤーで片手以下で人柄の良い人を見つけ友達になるのです、そして、どんな事があろうとも食らいついていく事です、教えを守り、練習するのです、今まで、絶不調でしたが明かりが見えてきました。
また、本当に上手い人というのは口には出しません、自慢をするような人間はたいした事がないのです、評価は他人がしてくれます、俺は俺はに、たいした人間はおりません、これは、どこの社会にも共通する事です。
心のやさしさ
最近、何だか物騒な事件が相次いで起こっております、テレビ、携帯、ネットは3悪です、子供の頃から親と一緒になって遅くまでテレビを見ていたり、自分の部屋に閉じこもりゲームばかりしていたり、携帯でメールをしていじめをしたり、ネットで犯罪予告なんかをしたり、何が原因でこのような社会現象が起きるのかを、しっかりと検証をしなければいけません、ただ、ニュースで今日、このような事件が起きました、犯人はどうたらこうたらコメントをキャスターが報道しているだけです。
残酷な事件などあまり聞きたくないのが本音です、しかし、報道の自由という法律がありますから伏せる事は難しいでしょう、現在の日本は少し変なところが多いですね、子供が自販機でビールやタバコを自由に買う事ができます、アメリカでは考えられません、コンビニで猥褻な本を買う事もできるでしょう、コンビニや本屋にエロ本を置いておく事じたい我々大人が真剣に考えなければいけません、何でも自由、これが問題なのです、親が子供の躾をしっかりやらないからいけないのです、モンスターペアレンツ何て嫌な言葉も、先生達がきちんと対応しないから次々と発生するのです、その先生達も同じ人間ですから事は面倒です。
心のやさしさがもう少しあったらどうでしょう、こんな事すれば相手が傷つくなとか、心の優しさがあれば、人や動物を傷つけたり出来ないはずです、残酷な殺人なんて出来る訳がありません、心が乱れているのです、心が病気になっているのです、心のやさしさとはどういうものなのかを、今一度振り返って考えてみませんか、何で心をテーマにしたかと言いますと、今夜、友人のお母さんが93歳で息を引きとりました、友人の嫁さんが義母さんに優しくしてあげていたのかを疑問に思ったので心の優しさを、自分自身に問う為にブログにしました。人間は優しい方がいいですね?
皆さんも、心のやさしさとは、考えてみてください。
足とは関係ないギャンブルについて思う
いつもスポーツニュースを見て思うのですが、何で競馬がスポーツなんでしょうか、私はギャンブルそのものだと考えるのですが、その事を国民が皆不思議だとは思わないのでしょうか?テレビでも堂々とCMをしています、何とも不可思議な事です。
馬券を買う人がいるから成り立っているのでしょうが、馬も可愛そうだとは思いませんか、一部の人間の快楽の為に馬生を送るわけです。
だいたい、ギャンブルなんてものは普通の人はやりません、お金が欲しいからすると思います、私は一切ギャンブルはやりません、株なんかも一種のギャンブルと私は思っております、現在の物価高、異常経済なども、功罪は多大なものがあると思います、人生は、そのものがギャンブルみたいなものですから、良い時もあれば悪い時もあります、苦しい事もありますが楽しい事もあります、その他に、あえてギャンブルなんてしたくもありません、コツコツと地味に人生を送る事の方が大切なのではと考えます。カスタムインソールの話ではなく申し訳ありません。
本当に日本は、このままだと駄目になってしまいます、政治に期待する事は無理ですし、それなら自分で出来る事は、日本人の誇りをもって、良い事は良い、悪い事はしない、人には親切に、頑張って生きて行こうではありませか。
カスタムインソールURL新ページ
カスタムインソールのトップラン(top-run)のホームページを小変更いたしました、ぜひ、ご覧下さい
ニュージーの本社のものを翻訳してあります。
製品案内の項です、現在まで2年あまり今の会社に製作を依頼してきましたが、何の問題もなく、とても良い関係で仕事が進んでいます。
患者さんにご注文をいただき、足の診断、写真をとり、フットビュー(足裏のコンピューター足面圧測定)で計測、石膏で足型を中立位で採り、前記の資料を添付しニュージーに航空便で送り3週間後に日本に届きます、そして世界で一つだけの本人のカスタムインソール(オルソティック)が出来上がる訳です、私にとってもお使いになられている方方にも宝物になります。
当社では直接の日本総代理店ですので価格も25.000~30.000で販売できるのです、また、合わない等、効果のない場合は商品をお返し頂ければ代金は全額返金するシステムを取らせていただいております、この場合は故意に熱で変形させたり、加工したものは対象外とさせていただきます。
当社ではフットビューを使い、使用前のものと使用後の画像を比較検討してお渡ししております。
次回はいかがわしいHPを見つけましたので、それについてお知らせをいたします。
http://www.top-run.cojp
カスタムインソールの強い味方
皆さんに良いニュースをお知らせします、先日、ホームセンターでサンスターの方が実演販売していたので、購入した靴底補修剤という製品があり、早速、患者さんの靴を修理してみました、これが、とても簡単で上手く磨り減った底を修理できます。
チューブ1本が1,500円ですが、だいたい、7~8足は修理できます、是非、お使いになってみてください。ホームセンターで販売されています、間違っても靴屋さんには置いてありません。
どんなに、良いカスタムインソールを使ってても靴底が平らでないと意味がありません。世の中には便利な物があるもんだと関心いたしました。
カスタムインソールとオrテョティックの違い
最近アフターケアーサービスの一つとして、今までオルソティックをつくっていただいたお客様にお電話をして使用後の感想を伺っております。
3年前につくられた看護婦さんで某、整形外科の婦長さんがおります、お電話をした際、製品を義肢装具屋さんに見せたそうです、装具屋さんが言うには、こういう製品は日本では出来ないと言われたそうです、そうなんです、義肢装具でも足が無いとか本当の義肢の技術はかなり進んでいると思いますが、どうしてなんでしょうか足底板(オルソティック)に関しては、かなりの遅れをとっています。
一つには医師の方方が本物をあまり見た事が無いのでしょう、婦長さんは、もう一足欲しいとの事で注文を頂きました。あと、2名に連絡をいたしましたが、お二人とも満足をされておりました。
スポーツ店で販売されているものは昔、三井物産がやっていたシダスの流れを汲んでおり、もし、本当に良い物であれば成功した筈ですが、権利をアディダスに売却しました、思い込み(プラシーボ)があり、私はカスタムインソールを使っているから調子がいいという感覚もあるでしょう、それはそれで良しとしましょう、しかし、本物を知らないという事は残念な児とです。
本物のカスタムインソール(オルソティック)が日本に普及するには相当な時間を必要とするでしょう。そして、このカスタムインソールの難しいところは、悪い物を使用する事で身体が悪くなるという弊害があり、とても怖い事なのです。1~2週間使用して変化が無ければ、まったく合っていないと思っても間違いありません。
それには、カスタムインソールを販売する側が責任を感じ良い製品を提供する事です。



プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード