足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
06 | 2008/07 | 08
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カスタムインソールの代理店
30日は長い一日でした、朝5時に起き、霞ケ関CCでタイアップゴルフコンペに参加させていただき、その後、4時にコースを後にして、福島県まで行ってきました、1日の走行距離がなんと640Kmになっていました、帰宅は夜中の12時でした、疲れました、先方の方はビジネスに長けた方で私にとっては良い勉強になりました。
今まで、当社の代理店になっていただいた方は、全員、来社していただき双方納得の上に代理店契約を結びましたが、今回のように私が出向く事は初めてでしたので、先方様の意図している事が理解できました。
私も正直者ですから、整骨院は1日何人きているの?収入はこれくらいでしょうと言われた事は少し抵抗がありました、きちんと税金も納めておりますし脱税はしていませんのでかまいませんが、初対面の人に、こういう事を聞く事は、ちょっと、ちょっと、という感じがしましたし、私は、聞かないと思います。しかし、他社製品との比較を質問された事、何でトップランの製品がよいのか、何でカスタムインソール(オルソティック)は効果があるのか、これからじっくりとリセットをして考えなければいけないと思いました、当社の製品は良いという事は、どこの会社でもいう事です、私の強みは自分で現地まで飛んで行き自分の目で確かめ自分で使ってみて納得できたので販売をしています、決して受け売りではない事がどこの輸入業者にも負け無い事でしょう、ただ、製品の説明という事になりますと、これはやっかいな事なのです、体験した人にしかわかりません、例えて言うならば、レーシングカーとファミリーカーみたいな物で、一般の人にレーシングカーなんて言っても理解できないし、想像すらできないと思うのです、スペースシャトルに乗ったクルーに、すごいと言われても、私はまったく理解できないのと同じようなものです、オルソティックを使用して劇的、奇跡的に良くなる人もいれば、効果が出るまで数ヶ月かかる人もおります、プラシーボではありませんが信じて使うしかないのです、結果がでなければ、販売する意味がありません、幸いにも何千足も販売しましたがクレームは0,01%以下だという事です、この業界が発展しないのは、不幸にも足に合わない物を買わされてしまい、カスタムインソール何てこんな物かで終わってしまった方達です、諦めないで下さい、貴方にピタッと合うオルソティックをトップランでは必ず製作します。
スポンサーサイト
手づくりのカスタムインソール
トップランの提供するカスタムインソール(オルソティック)は、手造りの足矯正具ですので世界に二つと存在しないものです、工程は13工程に及び熟練した職人によって一つ一つ丁寧につくられます。
いわゆるスポーツ店で販売されるカスタムインソールは、殆どがヒーティングをした中敷の上に立位で踏みつけ型をとり、待ってる間にできます、これは、FCのレストランの食材を使った調理法ににています、ですから、熟練も何もないのです、ただ、本部のマニュアル通りにやれば素人でもできます。
それでも、ただの中敷とは違います、一応、手を加えてある訳ですからカスタムと呼べるでしょう。
今日、BSでスイス、ドイツの機械式時計の番組が放映されていました、かれらは、ひとつひとつ、熟練された職人によって製作され、お客様に喜んでいただける事が喜びだという事でした、時計でも、デジタルでかまわない訳です、1千円の時計も何十万の時計も機能は同じです、しかし、デジタルでない職人の時計は心が入っております、大事に長く使って欲しいと、1千円の時計は心も何もありません
ただ、それで良いという人はそれで良いのです、そんな時計でもベルトだけ違うものを装着すればカスタム時計と呼ぶ事になります。
私は昔から機械式の腕時計しか使いません、デジタルに比較すれば遅れたり、進んだりします、それでもそれが良いのです、何か、人間らしく、あの秒針の刻む音がいいですね、あと、ステレオも30年も前のラックス38FDという真空管のアンプをいまだに愛用しています、いい音がでます、柔らかい音です、デジタルではこうはいきません。
何でもそうです、何もかもコンピューターが関わると面白くありません、自動車でも、デザインがみな似通って個性がなく欲しいと思う車はあまりありません、本当の意味でのカスタムとはこういう事なのです、チョコッといじってカスタムです何て言われても、ちょっと違うのではと疑問に思えてしまうのは私だけでしょうか。







カスタムインソールとゴルフスウィング
最近、アマチュアゴルフ界では有名なMさんというハンディー0の方が治療に来られました、肩が痛いとい事でキャディーさんの紹介でした、何でも、肩が痛くてスウィングができないという事でした。治療は順調に回復をしてきており、9月のシニア選手権に出場できそうで大変に喜んでおりました。
肩の痛みにも何種類ものタイプがあります、今回のタイプは自分にとっても非常に勉強になりました。
私にとって朗報な事はゴルフを教えてもらえることなのです、ハンディー0という事はプロと変わりはありませんプロになるとアマチュアの大会に出場できませんので、自らプロにならない人もおります。
そして、つくずく思った事はゴルフのスウィングづくりも人の身体を治す事も、同じようなもので、どうして人はゴルフが上手くならないのか、いろいろ教えていただきました、やはり、人間と同じにメカニズムなのです、連動や協調をしながら人体は動いています、アクシス(ジュク)が基本になっています、
前部に重心がある人、踵に重心のある人、又は、左右不均等な人など様々です、殆どの人は自分は正常だと思っています、だから困るのです、それらを矯正する事がカスタムインソール(オルソティック)
足底矯正具の仕事なのです、特に最近は様々な足や身体にトラブルのある患者さんに薦めていますが、みなさん、それぞれに効果が出てきており、ますます確信が持てるようになってきました、そして、10年、20年の時が過ぎ自分してきた事が意味のあることであったと満足できたらそんな素晴らしい人生を過ごせたら良いと願っています。アメリカのドクターランガー、トーマスエジソン、エドガーケイシーのように、人の役に立てるよな、すみません比較の対象が違いすぎました。
もっともっと普及をさせるように頑張らなくてはと思う今日この頃の出来事でした。
30日は、福島県の業者さんからオファーがあり説明にいってきます。今日、広島のお客様からお問い合わせがあったのですが、黒田カイロさんが仕事を止めてしまったので現在代理店はございません。
どなたか、広島でオルソティックの啓蒙活動をしてくださるかた、おりませんでしょうか?
猫背とカスタムインソール(オルソティック)
前回のブログで猫背とカスタムインソールの因果関係を述べましたが、あまり反響がありませんでした、言い換えれば、そんな事で治る訳がないと考えている方々が大多数だと推測されます、それだけ足が身体に与える悪影響を知らないという事なんだと思いました。
無理もありません足が猫背に関係しているなんて誰も思いつきません、仕方の無い事です、先日、他のカスタムインソールのURLを検索しておりましたら、面白い事がありました。
つい先日まで足の無料診断とうたっていたのが消えていました、何とかペディ何とかという会社なのですがバイオップ社の製品を取り扱っています、そして、カナダの社長の事が紹介されていたのですが、スキーが趣味という事が書いてあったのですが、スキーなんて少しもできません、それは私の倅がレナードの家に居候をさせてもらっていたので確かな事です、そして、Wa医師、A接骨院、oさん、
K接骨院の全部、私がオルソティックを紹介し、代理店として育てた方々です、現在はK接骨院は私のところに注文をしてきます、そして、長野県のOさんは無神経にも私が製作したホームページを平気で使用しています、そんな事があっても許しています、罪を憎んで人を憎まずです、当然、裏切り行為というものは人間の道から外れた行為ですので私が何もしなくても、そういう人達は物事が上手くいく筈がありません。どこの世界でも思う以上に狭いのです、自然に噂は広まってしまいます。
そんな事より私は、カスタムインソール(オルソティック)を正しく広める事が仕事です、バイオップの製品はとても品質が良くていいのですが販売方法に難点があります、高すぎるのです、残念だと思います、私が日本に紹介した本人ですから、それと社長のレナードが焦りすぎなのです、日本のマーケットはカナダと違います、足に関心がないのですから、私もバイオップを日本に広めようと頑張りました、殆どの代理店は私がつくりました、しかし、レナードは人を平気で裏切ります、そんな人とパートナーは組めません、ですので私は、信頼のできる今の会社と取引をしました、現在はお互いが信頼していますので、昔ほど販売数は多くありませんが、コツコツと啓蒙活動をしている訳です、ですから、商売とは考えておりません。いつも言いますが、皆さん騙されないようにして下さい。
猫背の矯正とカスタムインソール
最近、足足処方足矯正具を使い出した患者さんの変化を診ていますと、予想以上に変化が出て改善されている事が解りました。一番嬉しいのは患者さんです、そして私も嬉しいのです、世の中の痛みや不具合で困っている人達が楽になれるのですから、それも、何もしないで、ただ、靴の中に入れ履いているだけの事です。
今までは、週3回通院して下さいとお願いしていましたが、もう、週1回か2回でいいですよ通達しました、それも1人ではなく2人にです。2人の症状は似ていて、勿論、猫背でした、それに付随して胸郭の動き、肋骨の運動量が少なかったので呼吸が浅く、脊椎の2番から10番目くらいの両側の筋群が硬直していました、また、胸鎖乳突筋が硬く、関連して頚部の運動も制限がありましたが、自然と柔らかくなってきました、そして、気持ち身長も伸びています、これらの状態は患者さんの報告なのです。
いままでも不審に思っていた、胸のコルセットや関連した、補正具は何の意味も無い事を痛切に実感した訳です、姿勢は足から作られる事、人間は吊り下げ人形のように動いている訳ではなく、中国雑技団のように足を持って上に持ち上げるように立っているのです、地球の重力に逆らって立っている訳です、コルセットをしても苦しいだけで、それは小手先の事なのです、もっと、大きな視野で身体のメカニズムを考えなくてはなりません、猫背や姿勢が気になっている方は、今一度、考えて下さい。
余談ですが、私はスーパーなどで、サンダルを履いた男の人を見ると、だいたい、この手の人達は身体が悪いと診てしまいます、そして、何よりも、だらしなくみえます。しかし、女性の場合はオシャレという要素が入りますので、この限りではありません、できればヒールのヒモが付いている物をお勧めします。
心の栄養ドリンク、加藤登紀子コンサート
一昨日は44名、昨日は23名の方にブログを見ていただきました、ありがとうございました。言い換えれば、それだけ足に関心を持っている方、また、トラブルやスポーツの成績向上の為に見ていただいていると思われます。本当に自分に合ったカスタムインソールを探す事は至難の業だと痛感します。
ただ、メーカーの受け売りで販売しているだけでは駄目です、私は良いカスタムインソールを探す為にどれだけの時間、労力、お金を使ったか計り知れません、計算する事が怖いくらいです。
自分で苦労したせいもあり、足で苦しんでいる方々に、良い製品を提供したい事が本心でありますので、他めーかーには苦言も言いたくもなります、そんなに簡単ではないのです。
本題から逸れましたが、5日のオーチャードホールで開催された加藤登紀子さんのコンサートを聞きに行ってきました、素晴らしい、感動しました、そこらの、おネエさん歌手とは比較になりません、やはりプロはチャラチャラとテレビに出演すると格が下がります、加藤さんは苦労人のせいか実に巣晴らしかった、何か宗教的な感じもあり、トークも本音で説得力もありました今までにこんな素晴らしいコンサートは初めてでした、良い心の栄養剤になりました、バックのインストルメンタルも最高でした、聞いていて感動し、涙が出てきてしまいました、加藤登紀子さんありがとう。
カスタムインソール、ヤフーで8番目にジャンプアップ
嬉しいです、今夜ヤフーでカスタムインソールを検索しましたら、いつも11番目にあったのが8番目にジャンプアップしていました、と、言うことは、それだけ多くの方々が見てくれたという事になります。
昨日は75歳の某患者さんのカスタムインソールを装着しました、1ケ月後が楽しみです、それと改善されれば当然、治療は必要なくなりますので患者さんにとっても、治療費を支払う保険者も助かります、医療費も抑えられるわけです。今日は歌手、作曲家の平尾正章先生のカスタムインソールを送らせていただきました、先生は非常にゴルフが上手い方なので、きっと違いが解ると思われます。
本来はカスタムインソールという言葉を使用したくはないのです、私の治療院ではオルソティックと呼び、本来は医療具ですので、米国では足医師のところでしか処方されないものですから、スポーツ店で販売されている物とはまったく性質がちがいます。スポーツ店では待ってる時間で出来てしまいますが、オルソティックは足型を中立位で熟練した先生が石膏で取り、航空便で外国に依頼し、約3週間で出来上がり日本に来ます、ですので、そんなに簡単な製品ではありません。
カスタムインソールに期待をする方が間違っているのです、だから丸山茂樹プロにもインソールなんて何を使っても変わらないよと言われてしまうのです。
私も、ソルボ、バネ、スーパーフィート、ミズノ、インプラス、BMZ,ウルトラ、DSIS,など10社の市販品をテストしましたが残念な事に自分で、まずまず使えるなと思ったのは1社の製品だけでした、この実験は公平に3名で行いましたので間違いがありません、ブログに底面圧画面を載せたいのですが、他社製品を中傷する事になりますので、慎重にならざるをえません、しかし、皆さんには真実を知っていただきたい事が心の奥にあり相当なジレンマを抱いております。他のHPを覗いてみると、いいかげんな物も沢山あります、特にネットとかブログでは相手の顔が見えない訳ですから、適当な事を宣伝しても解らない訳です、そこが、ネット、HPの恐ろしい点ではないでしょうか。皆さん足を大事にしてやって下さい、一番仕事をして一番粗末にされている足です、1日中重い体重を支えている足なんです、足さんご苦労さまと言ってあげたいですね。



朝日新聞の柔道整復師問題について
6月1日に朝日新聞が整骨院について、問題をニュースにしました、内容は多部位の治療が多いという件でした、何十年も前から医療費は西高東低という事はいわれていました。どうして関西方面の請求が高いか、我々整復師は真面目な人が多いのです、しかし、全国平均は大阪81%、奈良80,1%、徳島80%、兵庫69,2%、福岡62,4%、和歌山、京都が59%宮城、沖縄が52%台、低い県は岩手14,1㌫、山形19,7%、以下、富山、青森、茨城、愛媛、長野、北海道、高知、広島の29,3%となっております、当然比率が高いほど請求額も高くなります、しかし、高い部分の地域の住民は怪我が多いのか不思議な事です、これは不正請求といって朝日では報道しています、もちろん誰が考えてもおかしいと思うでしょう、最低の岩手が14%、高い大阪が81%です、こんなバカな話はありません、この法外な請求は取れるところから取ってやれという考え方なんでしょうが、真面目にやっている9割以上の整骨院の先生はたまりません、いつも医者が悪いと私は言っておりますが我々の仲間も五十歩百歩じゃないですか恥ずかしい限りです、どこの社会でも悪い奴はいるものです、この記事のお陰でせっかくの日曜日も対策会議に出席をしてきました。
厚生省も人数が少なく取り締まりができないと思うのです、頼みます、多部位の多い地域の整復師の方々もっと真面目に仕事をして下さい。本当に正しく仕事をしている先生は大変な迷惑を被っております。ちなみに整骨院の治療費は法外に低いのです、ですので医療費の節約に貢献しているのです
しかし、安いからといって悪い事をするのは言語道断、本当に恥ずかしいです、そんな訳でみなさん、大部分の整骨院は真面目に診療をしている事ので、応援してください。
こんな事があっても私は朝日新聞を購読しております、それは記事に偽りはなく的確な調査の基で問題を提起された訳です、これを真摯に受け取り襟を正して問題を解決していく姿勢が大切ではないかと私は考えます。





プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード