FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
10 | 2008/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ゴルフスタイル誌に記事が掲載されます
出会いというものなんでしょう、埼玉のシニアプロのトーナメントに某選手のカスタムインソールを届けに行った際、偶然にもゴルフスタイル誌の編集の方が来ておられ取材を受けました、そして当社の製品を沢山のプロゴルファーの方方に使用していただいている事を話しましたら驚いておりました。
当然です靴の中に入れる物ですから外見からはまったく解りません、知るひとぞ知るという製品です。
そのような訳で掲載をしていただける事になった訳です、くどいようですがスポーツ店で販売している製品とはまったく違うという事だけ認識をして下さい。足型を取り外国に製作を依頼する訳ですから3週間かかるという手間のかかる製品です、全部が手作業による100パーセントカスタムなわけです
もし、皆さんの中で長い時間歩けない、足が疲れる、外反母趾が痛い、膝が痛い、猫背を改善したいとい事で悩んでおりましたら、是非、トライしてみてください、通販みたいに今すぐお電話をなどといいませんが、運は自分で掴んでください。悪い事をする人が多い世の中ですが、良い人の方が多い事を忘れないでください。



スポンサーサイト
本場、外国の足医師によるセミナー
来年の2月にニュージーランド足医師Dr.Timが来日しセミナーを開催する事がきまりました、費用は1日1万円で2日間予定しております、最初の日は基礎的な勉強、足医学の外国での状況と歴史やニーズなどを勉強します、2日目は足の診断法、処方の仕方、足型(キャスティング)を勉強します、2日間参加できない人もいると思われますので、1日のみでも結構ですが、この場合は定員が超過した場合はお断りする場合もございます、参加資格は柔道整復師、鍼灸マッサージ師、PT、フットケアーに従事している方、トレーナーの方など医業関係者の方方を募集いたします。
定員は30名で締め切りをさせて頂きます、ちなみに私がジャタックに在籍していた際に足医師のセミナーが11年前に開催されましたが、その時は2日間で5万円という参加費でした、ですのでこの参加費は講師の飛行機代と宿泊費のみとなり大変にリーズナブルな料金に設定をしてあります。
お申し込みはトップランのホームページからしてください。また、確実な日程が解りしだいブログでお知らせをさせていただきます。
前項のチタン膝サポーターのブログも大勢の方に読んでいただきありがとう御座いました、最近来られた患者さんも石川遼君の着けているネックレスが効くみたいですね、と、患者さんが言っておられたのですが、一般の方々は本当に怖いですね、プロゴルファーは効くから着けているのではなく、お金を貰って着けている事が解らないのでしょうか?そして本当に効くと思っているのでしょうか?まったく話になりません、そんな理論のない製品が効くのであれば医者は要りませんよ、病院だって必要ないですね、チビッコが格好がいいからとウルトラマンのベルトを着ける事と変わりないのです。
もう、いいかげんに解ってほしいと願うばかりです。
意味がないチタンサポーター
11月12日号の朝日新聞の広告欄に大きく「膝の安静と回復支援を担うチタンサポーター」という見出しで宣伝をしていました、この手の物は生まれては消え、という繰り返しの商品です、膝の痛みは膝が原因で発症するものではありません、足が原因、足の形状、足の構造学的欠陥から生じるものです、ですから膝をどうしようが意味のない事なのです、確かに固定しておれば安定はしますので、軽減はするかもしれませんが治る事は絶対にあり得ないのです、そして、悪い事に値段が高すぎます、1枚6,090円で2枚10,290円です、お徳用19,800円という事です、原価がかかりますから良い商品では、こういう販売価格はあり得ません、米国製でもっと良い製品が3,000円くらいで買う事ができます、またチタン、遠赤外線など古いですね一昔前の売り商品です、くれぐれも気をつけてお買い求めください、私なら買いません。
治ってしまい困ります、カスタムインソル。
私のところの整骨院では、必要であると思った患者さんにカスタムインソールを薦めています、決して押し売りはしません、最初に1回こういうものがあって日本では作れないもので身体を矯正する事を目的に使用する事を伝えますと、殆どの人は、是非試してみたいと希望されます、そして、今年は沢山の患者さんに提供をしましたが、良くなってしまい通院を止めてしまいます、追跡調査ではありませんが、たまに電話をしてみると、すごく調子が良くて先生のところに行かないのですと答えます。
内心は嬉しいのです、人の為、患者さんが喜んでくれる訳ですから、中にはカスタムインソールを作り
まったく来ない患者さんも何人かおります、これでどのくらいの医療費を節約できるでしょうか、最高の気分です、が、本体の整骨院は患者さんが卒業してしまう訳ですから人数は減ります、長い目でみれば、紹介の紹介で患者さんはきますから、嬉しい事です、昨日は2足、今日は2足といったぐあいにニュージーの本社に製作依頼を航空便で送りますが、向こうで驚いております。
今日、足型を取った患者さんは20年前に足の複雑骨折をし20年間苦労したそうです、症状は足関節の硬縮と腰痛、猫背でした、もう一人の患者さんは、人に聞いて来たそうですが、カスタムインソールが来るまで歩行は遠慮して下さいといいました、治療は必要ないと伝えました、なぜかと言いますとカスタムの中敷を使用する事が治療になりますので、余計な事はしないと伝えました。
この二人も当然の事ながら結果は良くなる事が解っていますので、楽しみにしていて下さいといいました。そんな訳で段々と噂が広がりつつあるように肌で感じとれます。
麻生さん、今何をすべきか解っていない音痴だ。
今、日本で一番大事な事は、勿論経済でしょう、しかしこの問題よりも年金問題ではないでしょうか?
世間では人のお金を預かりかってに使用したり紛失した場合は刑事責任になります、どうして社保庁の役人は何のお咎めもないのでしょう、解りません、年金の問題がはっきりしない限り老人は安心してお金を使う事ができません、よって、タンス預金などで自己防衛をします、お金を使える状況でないのです、庶民の気持ちの知らない政治家が政策を考えても度台無理な話なのです、本当に麻生という人間は何を考えているのでしょう、国民一人に1万2千円を支給するなんてバカげたはなし、開いた口がしまりません、そんなお金があれば日本の経済危機に瀕している状況でなんでそんな事をするのでしょう、まるで自分のお金のように思っています、われわれから絞り取った税金です、どうしたら
日本の経済を立て直す、これが急務であり、次に年金の問題、年金の問題が解決するまでは国民は納得しません、道路なんて二の次三の次ですよ、今の日本の状況がまるで解っていない、我々治療家の所に、腰が痛いから診てくれときた場合、まるで関係ない治療をしているような物です、治らない治療をした場合は無駄なお金となります、もちろん、治療費は保険者、自治体や国になりますが、お金をドブに捨てているようなものです、今の政府はお金をドブに捨てているのです、無駄な治療をしている訳でこまります、政治家の選択制度の改革、政治家の人間性や質の問題でしょう、利害関係のない人達が集まり将来に向かって政策を考えなければなりません、とにかく利害関係だけです、もっと人の為に世の為にと思ってくれる政治家が必要ですね、困りました、麻生さん、いいかげんにしてよ
と言いたいですね、今まで最悪の総理かもしれません。こんな人を総理にする自民党っていったいどんな政党なんでしょうか、政治家の資格が問われます、自民党の中で反論する人はいないのでしょうか、困りました。
強欲資本主義の崩壊その原因
最近のニュースでは、大恐慌が起きる、経済危機などあまり良いニュウスがありません、日本はかってバブルを経験し、またその繰り返しである、神谷秀樹氏の談話によれば、今回のサブプライムが原因ではなく、世界中に金をばら撒き巨額の収益を上げようとした人々の心に住む「強欲」にこそ原因があると述べています。私もそう考えます、もう皆さんは忘れていると思いますが、かっての生保会社が破綻した経緯も、人のお金を預かり、そのお金を博打に使って、失敗したら倒産しましたで事が通ってしまうのです、今回も同じ事で、パソコンで株の売買をして最初は儲かったかもしれません、いや、儲かった人もいるでしょう、しかし大多数の方々は大変な損をした訳ですが、パチンコも株も同じギャンブルなのです、こつこつと真面目に仕事をしている人はそんな事はしません、そんなマネゲームでお金が入ってしまったら、真面目に仕事をしている人に申し訳がないでしょう、企業も同じで、日本人はしらなくて、食品偽装も中国で生産されたものを平気で売っている、企業に倫理観てものは無いのでしょうか、儲かれば何をしても良いのでしょうか?困ったものです、私個人の意見ですがパチンコ店なんて全部廃止してしまえば良いのです、貧乏人から吸い上げたお金で、3千万円もする車にのってゴルフ場にくる人を知っていますが、ただの成金でしかありません、ちゃんとした事業でお金が儲かっているなら別ですが、だいたいパチンコはギャンブルです何で国が黙認しているのでしょう、禁止すれば良いと考えるのです。とにかく、小銭を持つともっともっと増やしたいと思う事が人間の心に住む「強欲」という悪魔なのです。とにもかくにも今の政治は間違いだらけ、政治のシステムを変えなければならない時期でしょう、そういう意味では明治維新の時と同じ気持ちで臨まなければなりません。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード