足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
11 | 2008/12 | 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

パクリのビジネスをする人
数ヶ月まえ、、弊社のホームページを見て代理店の話を聞きたいとリクエストがあり、無理をして片道250Km片道運転をし現地を訪問しました、そして、話をしている内にエビデンスがあるのにもったいない、プレゼンがなっていないと言いたい放題いわれ、3万円を浪費し、要は弊社の今までの経緯やビジネスの仕方を誘導尋問され、はなからパクリでビジネスをする事だとを感じました、先日、間違えて電話をしてしまい、現在の状況をきいたところ、スイスの製品を輸入をし開設資金が210万円だと聞かされました、ビジネスはそんなに甘くはありません、まして足のメカニズムも良く知らない人間がビジネスをしても仕方がありません、迷惑するのは顧客、患者さん達です、ご存知のように足の医学に関してはアメリカが抜きん出ております、オーストラリア、ニュージーランドもアメリカの方式を採用しています、しかし、足に関しての情報発信としては喜ばしい事ではあります、私は今日まで2回裏切られています、人のビジネスを模倣しするわけですから事はかんたんです、しかし、外国の製品を輸入する訳ですから現地に何度も足を運び信頼関係を構築してきました。
弊社では現在、絶対に無理な販売はしません、理解していただいた方のみに、提供をしています、また今までに、お金をどのくらい費やしたか解りません、考えたくもありません、信念でしているからなのです、当院に通院されている方で、ビジネスで大成功された立派な方の話では、皆が幸せになればいい、良い事は教えてやってください、とアドバイスされました皆が幸せになる事が一番良いのです、
当院では、どういう訳か患者さんが多いのです、それは私が無欲で仕事をしている事を理解されているのではと考えます、目先のお金を追わずお金が後から付いてくる考え方です。
ですので、当社と代理店をしたい方には、フットプリンター3万円と足型を取るギブス代だけです、その他は高額になりますのでデポジットを5万円お預かりするだけです、レクチャーは実費で少しいただきますが、たいした金額ではありません、整骨院でアイデンティティー色を出したい方、また、足が身体の様々な部分に構造医学上影響を及ぼしている事が理解できている方はご相談ください。
沢山のプロゴルファーに愛用されている実績は他者の追随は不可能です、弊社は関東周辺で開催されるトーナメントに顔を出し、現在では少しずつ浸透してきています、カスタヌインソール、オルソティックではクオリティーに自信があり、保証の制度も確立しています、5年間の保証がついています。
その福島の方が、トップランさんもいかがですかと言われたのですが、何を考えているんだろうと、可笑しく思われました、カスタムインソールの世界も、最近は滅茶苦茶になっています、そしてどのメーカーも当社の製品が一番だと言います、当たり前の事ですがトップランは11年この世界で生きてきています、悪い製品は販売しません、もし、合わなければ、リメイクをします、今までにはありませんでした。足の診断、材料の選択、製作会社(ニュージー)本社との信頼関係、万全な体制で供給をさせていただいており5年の保証を付けさせていただいております。足に合わなければ、お客様は損をし、間違えばもっと足を悪くしてしまいます、本当に良い製品は存在します、いままで他社の製品を使用して合わなかった方も諦めないで下さい、幸福は待っていても来ないのです、自分で見つける事も大切ではないでしょうか?



スポンサーサイト
何で解らないのでしょう、ゴルファー達
今月は1回だけのゴルフをラウンドしました、いつもの事ですが、他のプレーヤーの後ろから歩行の動きを観察してしまう仕事の癖があり、今日も3名の足の運び方を診ていました。
例によって、お昼の際、それぞれの仕事なり住所など聞いたり話をします、そんな時、折があれば足の話をしますが、誰もが質問をしてきません、それが事実なのです、殆どのプレーヤーはあちこちが悪い、特に腰や膝が悪いのですが、午後のラウンドの後半は下半身が疲れ、足から腰に疲労が発生しスコアが悪くなります、その原因が足である事が解らないのです、もう、本当に疲れます、今までに何十人に説明をしましたが、1人も理解してはくれません、クラブは高価な物を平気で購入するのですが身体のケアーをしている人は少ないですね、若い内はそんなに関係はありませんが、50歳を過ぎたら要注意です、私のプレイしているホームコースのキャディーマスターは30代半ばですが頚椎が悪く、側湾症、腰痛があり、気の向いた時だけ通院しますが、本当は治療をしたくありません、本人が自覚をしておらず、いつも、その場しのぎで痛くなったら1日通院、また1ケ月たったら又、1日通院する、本当にバカバカしくて話になりません、なんでもっとしっつかりと治す気がないのでしょうか?そういう人間に限って、あそこの整骨院に何ヶ月も通っているというのです、本当にいいかげんにして欲しいです、僕らは患者さんの事を考え何とか正常な状態に戻してあげたいと苦労をしています。
話は変わりますが、先日、青木功さんの受賞記念パーティーがあり、ゴルフスタイル誌の編集長の釜田さんが、2回オルソティックを靴に入れゴルフをしたしそうですが、不思議な事に腰が痛くならなかったとききました、嬉しい話ではありませんか、プロのジャーナリストのコメントですので事実なのです。多分、今後、編集長の方から、いろいろな企画をオファーしてくると思われます。
年はじめは、メルセデスチャンピオンに取材に行くそうです、お陰様で弊社の代理店も少しずつ増えてきております、ヤフーの検索でもカスタムインソールで検索するとずっと1位をキープしています。
来年はもっと頑張りますので、皆さんの応援を宜しくお願い致します。Godspeed.
メリークリスマス、皆さんが健康で楽しく人生を楽しめますよう、
こんな靴を売ってはいけない
先日、名前を出しますがゴルフパートナーと言う中古ゴルフクラブ販売店で、ブリジストン製の型番、
SH625という靴が、4,980円で販売されていました、多分、中国製でしょがホ-ムセンターや安売りの洋品店で500円~1,000円程度の物が5,000円で販売されていました、手にとって良く観察したのですが、よくよく粗雑に製作してあり、こんな製品を販売する事は許されません、ブリジストンも販売をするのであれば、製品管理をして自社のブランドを大切にしなければいけないのでは、と考えるのです。
多分、型遅れで処分品でしょうが、他社ではこんな事はしないでしょう。
ゴルフの靴はフットジョイ、アディダス、オノフがお勧めです、その他はOEMで、どこも変わりはないでしょう、もし、この記事を読んで異論があるメーカーの人がおりましたら、私の方に送ってください、テストをします。そんな訳で安物には手を出さないで下さい、足を壊してしまいます、ゴルフは他のスポーツと違い歩行が格段に多い訳でそれだけ足には気をつけなければいけないのです。
ゴルフパートナーもいけませんね、儲かれば何でもするというスタイル私は嫌いです、ビジネスとはもっと大切なものがあります、それは信用です、残念。

カスタムインソールを購入する人
カスタムインソールを購入する人のパターンを紹介します、私の整骨院に通っている人で、この人には使って欲しいと考えた時に、お勧めをしますが、素直な人は私が推薦するのだから間違いないと私を信用して購入して下さるかた、もう一つはアドバイスをし、それを聞いて理解して購入するタイプの二通りあります。セールスの世界では刺身の法則があり、3、4、3と分かれ、最初の三人は何でも自分で試すタイプで、次の4名は前の3人の様子を見てから決断するグループ、そして最後の3人は何を言っても信用せず、分からず屋のグループです、貴方はどのグループに属しますか、私は何でもトライして駄目だったらショウガナイと考えるタイプです、しかし、良い物に出会った時は最高の幸せを感じます、意外と整骨院を経営している人で頭が硬く、何を言っても駄目なタイプが多いのです、世の中万事似ています、学校の先生なんかも普段から先生と呼ばれ自分の意見を通し人の意見を聞かない傾向があります、ですのでリタイアした後は職がありません、非常に使いにくいのです、屁理屈を言うのです、人の意見を聞く事は大切な事です、一人一人違う訳で、時にはこんな考え方もあるのかと勉強になります、さて、前回のブログも沢山の方々に見ていただきありがとうございました。
世の中には痛みで困っている方が沢山おります、少なくても我々、治療家は出来る限りの知識や技術を駆使し助けてあげなければいけません、お金なんて二の次三の次です、一生懸命仕事をしそれで信頼されないのであれば、それはそれで仕方がありません、先の最後の3名もいる訳ですから、実際には100名を治療をして、どうしようも無い人は2、3人はおります、残念ですがこれは事実です。
良い治療家、ドクターも中にはおります、それを見つける事も貴方の心がけ次第なのです。
整骨院のFCに私は反対です
少し前の話になりますが、6月1日誌、朝日新聞の記事に整骨院の多部位請求が問題となりました、昔から医療界の診療費は西高東低と言われてきましたが、現在も変わりはありません、ほとんどの整骨院では保険請求が1部位600円前後と決められています、その平均部位が多いと当然、請求金額も高くなる訳です、財団法人の日本整復師会や日本接骨師会などの大きな団体では、社会保険庁の指示に従い適正な保険請求をしている訳ですが、そうでない団体も存在し、それらの多くが多部位請求をどんどんしている訳です、整骨院の施療費は本当に低いのです、しかし、このような社会情勢では仕方がありません、けれども安いからといって何でも多くの部位の治療費を故意に請求する事は許されません、実際に私共の整骨院は家内と2人で経営しておりますが、とても人を雇える状態ではありません、先日、我が会の事務長に聞いたところによると整骨院の平均月収は20万円との事でした、低いところは仕方がありません、技術も無ければ、人間的な慈心もないのでしょう、何で患者さんが来ないのかも解らない人が施術をしているからです、盛っている治療所はそれなりに説得力があり、技術も持ち合わせているのです、本題に入ります、FCは何故いけないのかを、先に述べましたが、ただでさえ経営していくだけで精一杯なのに何でFCが成り立つのか、頭の良い方はすぐ解ります、正しい事をしていません、今日もインターンをしている方から電話があり、本当に中身はひどいと溢していました、なんでも店長が30歳位で、上からの命令に従いマニュアル通りに経営をし、窓口収入だけで1日8万円あるそうです、これは保険外で沢山徴収している金額も含まれます、例えば車のオイル交換だけしたくて自動車屋さんにいって、ここも悪いから交換します、あそこも悪いから直します、それと一緒です、自分が希望する事意外の事をされお金を取られる訳です、もし、このブログを見た方でこれから整骨院に行く予定がある方は絶対に止めて下さい、決して良い事はありません整骨院を経営している人間が言う事ですから間違いはありません、われわれ整復師は患者さんの為に仕事をしています、商売をしてる訳ではありません、仕事です、そのような訳で整骨院にもタイプがある事を理解して欲しいのです。

カスタムインソール、ヤフーで1位にランク
最近どういう訳か解らないのですが、ヤフーの検索でカスタムインソールと探しますと1位にランクされているのです、ずっと長い間5~6番目に位置ずけされていたのですが不思議ですね、1位なのです
多分これは、私の推測なのですが足で困っている方々が探されているのではと考えられます。
11年間こつこつとして来た事が報われてきたのでしょうか、足にこだわり、北米やニュージーなどのラボを訪問してきた事も自分にはプラスになっています、本だけの知識とは違います、特に感激した事は97年ニューヨークのベネフット社を訪れた際、足医学では有名なDr,ランガー氏とお会いできた事本当に良い思いでとなっております、彼も情熱をもって3日間、私に足の事を教えていただきました、
また、カナダでは東京国際マラソンに参加したジャクリーンさんとも会う事ができました。
現在ニュージーの会社と取引をしていますが、この会社を探すだけで2年必要としました、お陰でニュージーでは良い友人が出来何かとお世話になったり、出来る事はやってあげたりして良い友達がいるのです、現在はアメリカの金融破綻により世界中が迷惑を被っていますがニュージーではあまり影響がなかったようです、これは国民性の違いでしょう、楽をしてお金を儲けようという考えがいけないのです、定義から考えても、儲かる人がいれば損をする人がいる訳です当たり前の事です。
カスタムインソールは、はっきり言って儲かりません、いや、儲かるようなシステムにしてないのです、
それは私がよく言う、医療と教育はビジネスをしてはいけないというポリシーを持っているからなのです、困っている人に良い製品を紹介し喜んで戴ければ最高の幸福感を味わう事ができます。
そんな事でこれからも、気づいた事、役に立つ情報をブログに掲載させていただき、頑張っていく所存で御座います、医師の方々には申し訳ないのですが単刀直入に苦言を述べさせていただく事も多々あると思いますがお許しください。
健康食品好きな日本人
日本での健康食品やサプリメントの乱売には目を疑いたくなります、先日ニュージーランドに行ってきましたが、その際、一週間、滞在し夜テレビを見ていましたが、その手のテレビでの製品販売はまったくといってよいほど存在しませんでした、化粧品のテレビ販売は盛んでした、日本人は好きなんでしょうか?それとも販売するほうが上手いのでしょうか?しかし誰も買わなければ販売も成り立ちませんテレビでの通販販売では売値の3割で卸されます、7割が利益なのです、新聞でも同じ位だと思われます、問題は害がない事です、価格も数千円に抑えてあります、なかなか巧みな方法と言えるでしょう、私の知っている人で痩身の分野で痩せると宣伝し、ある痩身目的の製品が販売されかなり儲けた人がいました、実は下剤が入っていたのです、それで味をしめて今度はマカを使い強壮剤として販売をしていました、当たれば大もうけです、そんな健康食品なんて意味がありません、気のせいですプラシーボなのです、日本食をきちんと食べ規則正しく生活していれば、そんなに病気にはならないのです、病気になったらどうしようという恐怖感を利用されているのです、所謂、人間の心理でオイルショックでトイレットペーパーが無くなるというデマを流されれば皆慌てて購入します、もう忘れさられていますが納豆事件もそうでした、一部のメディアが捏造した事件でした、残念な事にテレビ局もそんな事でもしなければ経営が成り立たないのでしょう、と言っても素人を騙してはいけません、騙される方もいけません、そんなに効くのであれば私もとっくに使っています
事の真実を見極める眼力を養う事大切ではないでしょうか。
試してガッテン、慢性痛の放送
NHKで放送された、試してガッテン慢性痛についてのコメントです、いろいろと勉強になる事も少しはありましたが旧態依然の昔と考え方が少しも変わっておりません、JR東京総合病院、院長の花岡一雄医師のコメントによれば、10年間痛みがあれば治療に数年間は必要だといっておりました。
ハア?少し前に女性のコメディアンがマイクを床に投げ発した言葉です、何で長ければ長く必要なんですか?違うでしょう、ペインクリニック医師は全国に1500名いるそうですが、何でも横文字で書けば格好良く聞こえます、ただの痛み押さえ屋さんです、それなら鍼灸のほうが遥かに上を行っていますよ、痛みを抑える事は対症療法といって治療ではありません、痛みを止めているだけです、治す治療ではありません、一番大切なのは痛みの原因は何処なのかでしょう、原因を追究しないで痛みだけ抑えても治る訳がありません、本当にお願いですから、こういう考え方は止めて欲しいと願います。
痛くて困っているのは患者さんなのです、単一性の治療ではなくホリスティックな考え方を取り入れ患者さんを助けてやって下さい。


膀胱炎、頻尿の簡単な治し方
最近、来院された患者さんの中に下腿部がパンパンに張って下肢が重いという人がいました、当然、私共の業務の守備範囲ではありませんが可哀相で何とかならないかと、DR.ケイシーの本を開き調べたところ、荒塩を茶碗一杯分フライパンで煎って、それを布(アクリルは駄目)で包んで、臍の下から10センチ(tanden)に当て15分くらいそっと温める方法を教えたところ、その患者さんは夜中に4回起きていたのが2回に減ったとの事で1週間くらい自分で加療をしているそうですが、とても良いという事でした、また、その他にも2人の方はそんなに重症ではないものの、夜中に2回位トイレに行っていたそうですが、たった1回それをしただけで、夜中に1回も起きなかったと驚愕していました、塩はフライパンが良くて電子レンジでは駄目だそうです、もし、皆さんの中で夜中に起きて困る方は試してみてください、残念な事に男性ではテストをしていませんので解りません、当然、整骨院での治療とはまったく関係ありませんので治療費の請求はできません、ただ、患者さんにこういう事があるよという事で情報を教えただけです、ですから医師法には触れません、また患者さんの症状によって効果の出方に差がでます、軽い方は1回で違いが解りますが重症の方は、少し時間が必要でしょう、また、1日に3回位、した方が良いみたいです、朝、昼、晩、出来れば、ご自分で布袋をこしらえてみてはいかがでしょうか、お勧めの自分治療です、エドガーケイシーさんの本から抜粋しました。
ニュージーの最新足医学情報
11月23日に成田を出発24日に、今回で4度目のオークランドに到着しました、外は台風の後で雨が降っていました、タクシーでホテルに向かいチェックイン、その後すぐにギャンリー本社に行きました
社長のティムが待っていてとても喜んでくれました、というのも10月11月は注文を沢山した事もあるでしょう、お陰様で患者さんに喜んでいただき90%以上ほとんどの患者さんが満足をしている状況です、今回の訪問の目的は処方箋の記載法、診断法など、それとラボにおいて製作のプロセスを熟知しておく事と社長ティムとの信頼関係を深める事でした。
月曜日から木曜日まで、ぎっしりとコミュニケーションをし、また、奥が深い事を思い知らされました、ティムが町を案内してくれ、ここは足の医者だよ、ここもそう、各所に足医師の開業医がおります、ニュージーでは250名の足医師がいて、開業したり病院に勤務したりして活躍をしています。
ギャンリー社は、それぞれの医師から製作の依頼を受けていて、とても忙しい会社です、また、そんな訳で広告宣伝をする必要がありません、私も早くそうなりたいものです、カスタムインソールなら茨城のトップランに注文すればいいよ、まだまだ時間がかかりそうです、オークランドの町は人口43万人ですニュージーランドは400万人です、オークランドが一番大きいまちで現在ではアジア系の移民の人々が多く入ってきています、チャイニーズ、コリアン、インド、サモア、フィリピーノ、エチオペアなどの移民が多いです、現地の人はチャイニーズ、コリアン達は人気がありません、むしろ嫌われています、日本人は真面目ですから好かれています、11年間でカナダ、アメリカ、イギリス、ニュージーと10回外国に全部足の事で出向いています、もちろん、私なんかより勉強している先生は沢山いますが
私の強みはサンプルを含め他の誰よりも実情を把握している強みがあります、面白い事に100社に1人の足型を送りカスタムインソールの注文をしても全部違うのです、それぞれ会社によって作り方が違うのです、これは面白い事実です、ですから、私達インソールをプロデュースする際は気を使い、絶対にお客様の満足のいく製品を提供する義務があります、売ったら私はしらないよ、では済みません相手は身体に問題を持つ患者さん達ですから、いいかげんな物を販売してはならないのです。
12月1日号のゴルフスタイル誌に当社の記事を掲載していただきました、是非、ご覧ください、また、この本はマニアックな本ですので本気でゴルフをしたい方には良い本だとお勧めします。
10年前に中川スキーレーシングキャンプでインソールを作った方から、インソールのトップカバーの交換修理の依頼がありました嬉しいですね10年も使っていただいてる訳です、本音は、もう1足新しいのを買って頂きたいのですが使えるんだから仕方ないですね。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード