足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
01 | 2009/02 | 03
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

良い整骨院とは
先日、ダイレクトメールで新しい治療法を無料で開催しますという案内が届きました、まだ、名前も知らない若い関西の整骨院をしている人からの案内でした、内容は受講された先生が数名、名前入りで
広告をしてあり、今まで1人で1日30人を施療していたが受講後は50人に増えた等そんな記事ばかりでした、だいたいDCでもない人間が新しい治療法を考案したとされていますが、こんな事を信じる人間がいるでしょうか?それも無料で、考えられないです、しかし患者さんの少ない整骨院が実際に多い訳ですから、ワラわも掴む思いの人は騙されるかもしれません。
確かに、一昔前までは、この業界において1日の施療数をステイタスとして自慢しているバカ者が多くおりました、一人でいったい真面目に仕事をして何人の患者さんを診る事ができますでしょうか?20~30人が限界でしょう、アシスタントがいても40~50名が限界です、要は人数ではなく中身の問題なのです、治らない方が多ければ必然的に数は増えます、治さなければ、引っぱれば数は増えます
ですから、多く診るという事は治せないという事なのです、もし、患者さんが整骨院に通院をされていて患者さんの顔ぶれが同じであれば通院は止めた方がいいと思います。真面目に整骨院を開業されている先生も多いのですが、こういう輩も実際には多い事実を認識していてください。
良い整骨院と出会う事は本当に難しい事なのです、多部位請求や過剰診療請求をして真面目に仕事をしている先生方に迷惑を掛けています、多くはFCの整骨院に多くみられます、だいたいFCで整骨院が成立つ訳がありません、利益を追求するあまり請求に無理があり悪い事をしてしまうのです。我々は困っている患者さんを助ける事が本来の仕事なのです、良い仕事をしてさえいれば患者さんが患者さんを紹介してくれますから忙しくて仕方ありません、だいたい患者さんが少ないという事は何か問題を抱えているのです、自分の態度、技術、接客の仕方等です、患者さんも施療者もお互いに考えてみる必要がありますね。







スポンサーサイト
奇経療法、膀胱炎、頻尿の治し方
土曜日は午前中仕事をし、1時に河内を出て東京に向かいました、時間が無かったので仕方なくマックを食べて何とか待ち合わせの時間に間に合いました、近近、福島で代理店をしていただく方のお母様が膝の痛みで困っているとの事でカスタムインソールを作る事になったので東京で会う事にしたからなのです、早速、膝を見せていただきました、最初はケゲンそうな感じで治るのか半神半疑だと思っていたのでしょう、治療の後ではさっぱりした顔つきで喜んでおりました、この程度の膝痛なんて朝飯前だと思うのですが何軒も病院に行き治らないので、かなり落ち込んでいました、多分、こういう方はけっこう多いと思います、良いカスタムインソールを使えば何て事がないのに医師が知らないのである訳だから、末端まで情報が行かないのです、フー、困りましたね。
さて、頻尿や膀胱炎で困っている方に朗報です、手の親指側を上になぞってきますと前腕骨の骨頭があり、そこから約3センチ位上にレッケツというツボがあります、手で触れると何となく解ると思います、そこに1円玉をはり(両手)足の内踝の真下(内側のくるぶしの下)ショウカイというツボに10円玉を両足に貼ります、臍の下、タンデンの3センチ位下に1円玉を貼ります、もう一つはミゾオチに10円玉を貼ります、これで終了です、この方法はほぼ100パーセントの方に効果があると思われます、是非トライしてみて下さい、お金を貼るテープは紙絆創膏が使い易いと思います。
以前、ご紹介した塩を下腹部にフライパンで暖めたものを当てる療法と併せるともっと効果がでると思います。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード