足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
03 | 2009/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

健康番組なんて観るな
最近とくに感じる事です、テレビの内容ですが、健康や医学に関するものが多いですね、昨日、たまたま、世界で一番受けたい授業という番組を観ていて感じた事です、コリの原因に関して近畿大学の森本教授の授業でのコメントでした、①内臓からの原因②生活習慣からの原因、の2点という事で治療法としてはペインクリニックでの神経ブロックが有効だという事でした、また、素人には響きの良いトリガーポイント、ストレートネックという説明がされていました、トリガーポイントを見つけないとマッサージなど何の効果もないという事、また、構造医学からの考察がなく単に結果だけをいじる対象療法で昔から何の変革もありません、マッサージは身体には大変有効な治療であると考えます、日本では昔から按摩などと蔑み、軽視されていますがアメリカでは身分の保証がされ、治療の一環として扱われており、マッサージ師になるには大学を出る必要があります、ですので1回の治療が70~80ドルほどかかります、日本では3年専門学校に通い国家試験を取得します、私達プロはトリガーポイントなんて言葉は何十年も前から知っていますし、コリや痛みに対して医師の1次元的な考えではなく身体全体を診て治療の方針を組み立てます、昔から知らぬが仏という諺があります、知らない方が幸せなのです、なまじな知識は悪戯に人間の恐怖心を掻き立てるだけです、ですので、私は「タケシの本当は怖い何とか等」軽率な、この類の番組は放送して欲しくありませんし、皆さんには観ないで欲しいと願うのです、番組で良いのは旅の放映なんかいいですね、患者力を身につけてください、入り口を間違えたら出る事が出来なくなります、自分で判断をする事、この医師は大丈夫かな信頼できるのかな、いつも疑ってください、先週は2件整形外科に怪我で受診され重大な過剰診療がありました、我々、整骨院も悪い人間もおります、行ってはいけない整骨院はFC化された整骨院です真面目に仕事をしている我々は大変な迷惑をしております、と言うわけでテレビも選んで楽しい番組を観ましょう。
スポンサーサイト
ゴルフの上達について
曹洞宗を開山した高僧に道元禅師という偉いかたが言った事です、おのれを知る、という諺があります、最近自分で体感した事ですが、私の仕事は整骨院です、毎日、何十人とい患者さんを診て、マッサージや指圧などを行い自分の身体がカチカチに硬く疲れているのです、それで、早く上手くなりたいので練習にいきますが、身体が硬い訳ですから理想の動きが出来ていないのです、そして、最近それに気ずき身体のケアーをして練習の頻度もセーブしたのですが、しゃかりきに練習をしていた時よりも結果が良いのです、その事を実感いたしました。
みなさんも、上手くなりたいから、ただひたすらに練習をしていると思いますが、まず、身体が正常に可動できているか、もう一度、思い起こしてみたらいかがでしょうか、きっと良い結果が期待できると思われます、身体も心も自分を知るという事大切な事だと反省している今日この頃です。
ちなみに沢山のプロゴルファーの方々の施療してきましたが、プロは身体が一般の方よりも柔らかいのです、毎日のようにゴルフをしている訳ですがバランスの良いスウィングをしているのでしょう、それと殆どのプロは身体のケアーを大切にしています、友利勝良プロが5月からヨーロッパに参戦するそうです頑張って欲しいですね、友利さんは本物のプロゴルファーです。
追伸 メディアは良くありません、宮里アイちゃんの時もそうでしたし、石川遼君の場合も同じです、他のプロ達も死に物狂いで頑張っています、遼君は間違ってアマチュアの時代にプロトーナメントで優勝をしてしまったのです、勿論、実力はあります、しかし、遼君レベルより上のプロが沢山いる訳で、マスターズなんかでも今田竜二のように実力で参加資格を取得してから出場すべきなのです、特別扱いはいけません、男子トーナメントの低迷に躍起になるメディアの気持ちも解らない訳ではありませんが扇動しすぎると石川遼君の親父みたいに勘違いをする人間を増長させる事になります、何といっても片山プロはすごいですね、世界の檜舞台で2打差の4位ですから大したものです、彼のようにひたむきにコツコツと努力をしてあそこまで行った事、驚きです、素晴らしい、片山プロを応援しましょう。


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

カスタムインソール代理店募集しています。
先月代理店契約をいたしました札幌の東海テクニカル整体院様からの注文が多くきています、3月10日以降20足以上のご注文をいただいております。私個人の意見ですが一流の治療家は足に目がいかない事がないのです、それほど足に着目をし重要である事を理解しています。一流か二流かの違いはここがポイントになります、さて、私は、現在までベネフィット、バイオップを日本に輸入した人間であり、この業界の事は日本で一番よく知っていると自負しています、医学的な事は沢山の知識人がおりますが、マーケットの事では嫌という程、理解しています、イスラエルなども進歩している国です、
問題は、この素晴らしい製品を少しずつ広め、世の中に少しでも貢献できればと考えています、ですから、これを勧めたら治ってしまうじゃないかという治療家も存在する事も事実ですが、特に慢性的な痛みや、外反母趾や変形性膝関節症などの変形をともなう傷病については特筆すべき変化がみられます、先進国では保険の適用も受けられますが米国では500ドル前後で足医師が提供しています、
トップランでは3万円で販売しております、もし、このブログを見た治療家の先生がおられましたら、是非、ご検討をしてください、契約金は5万円です(この価格は医療関係者の価格です、一般の方は勉強が必要ですので10万円)その他、デポジットとして5万円をお預りいたしますが、初期費用はこの金額のみであります、しかし近隣に当社の代理店がある場合はご遠慮していただく場合も御座いますのでご了承ください、本当に患者さんの事を第一に考える治療家の先生にだけお願いをいたします、本物の良い製品を日本に広めたい、この一点でございます。
日本人のマナー感覚
今日は家内と映画に行ってきました、やはりビデオで観るのとはスケールが違いますね、レッドクリフという映画でしたが、スケールが大きくてとても面白かったです、その帰り、駐車場を見ますとハンディーキャップ専用の場所に平気で車を停めている人がいました、3台のスペースに全部、健常者が停めていました、アメリカのように罰金刑を課すべきですね、それとタバコの投げ捨てこれは10万円でいいと思います、投げカン5万円、どうしてこうなんでしょう、育ちが悪いせいでしょう親の躾が悪いのでしょうね、まだまだ日本人のマナーは悪いですね、ここ茨城県では立小便が当たり前になっています、あんな汚い物を女性がみたらいやでしょうね、これも罰金5万円くらいで良いでしょう、タバコがいけないという事ですが、私はお酒を飲みません、ですので食堂に入って、お酒を飲んで大声でサワイでいる人がいるととても我慢ができません、人に迷惑をかける事は自分では理解していないと思うのです、最低限のマナーは文明人としては守らなければいけないと痛切に感じます、関係ない事ですが最近のタレント知事はテレビに出すぎですね橋本知事は別として、東国丸、森田健作知事なんかは私個人の意見ですが、すきではありません、嫌な風潮になってきました、これもメディアが悪いと感じます、もっと大切な事を放映すべきではと考えます。
患者力について
かなり前から感じていた事ですが、長野県と茨城県の患者さんの考え方は違います、それも患者力に含まれます、最初に問診をして施療をします、そして、インフォームドコンセントをして、施療のプログラムを伝えます、残念な事にアドバイスに従う方は少ないのです、勿論、治療をすればその時は軽くなるでしょう、それで、また痛くなると来院するパターンが非常に多いのです、こちらとしては、きちんと
患者さんの状況を考えて通院のプログラムをくみますが、まったく適当です、こちらは治す最善の努力をしています、そういった意味では当方に対して裏切りのような感じなのです、患者力は自分で治すという強い意志が基本になり、私達はそれをサポートするだけなのですが、絵を描きたくてもキャンバスが無いのです、どうしたらいいのでしょうか、ジレンマです、適当に通院する訳ですから漫然と長期に治療を必要とします、そこにいくと長野の人は治す事にたいして前向きです、そして、治療が終わると先生ありがとうございました、という気持ちの良い終わり方をします、ここ、茨城では、突然来なくなる事が本当に多く、また気の向いた時にひょこと顔をだします、われわれ整骨院はマッサージ院ではありません、マッサージなら自由診療ですから、好きな時にいけば言いわけで自由です。
きちんと、治療をして、今日で治療は終了ですから、もし、具合が悪くなったらいつでも来院して下さいという終わり方が理想なのですが、残念です、治療家の先生方はどう感じていますか、私の知り合いで北海道で整体院を経営されている先生がいますが、俺は患者のところを怒るといっていました、この気持ち良く解ります、ただ患者さんの為に注意や叱る事をすると後で嫌な感じが残ってしまう事、誤解され易い事が難点です我々は見返りを求めてはいません、患者さんが良くなって先生、ありがとう、この一言で満足なのです、営業で治療院をしている人は違いますが、なかなか、親の心子知らずといった心境です。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード