足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
09 | 2009/10 | 11
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カスタムインソールの恩恵
カスタムインソール「オルソティック」を用いた処方の恩恵(他の医療用品との比較)
・早く効果的な結果が得られる(症状の改善)
・常時、矯正具をしている間、良い状態が永続的に続く
・ユーザーの困難な思い、または努力する必要がない
・ケガを予防する(または回避)
・通院、治療を減少できる(使用イコール治療)
・これにより、使用者は時間と費用の節約が可能
・使用者の日常の習慣等を変える必要がない
・使用者が一日中、立ち仕事あるいは歩かなければならない仕事の場合、更に効果があり下腿部の 疲労を軽減し動作が容易になる
・スポーツ等の活動がより快適にできる
・歩行が自然に出来るようになり見た目にもスムーズになる
・身体全体への体重の分配が改善されバランスが良くなる
・活動の困難さを軽減する
・以上、矯正具を使用した恩恵を簡単にレッキしましたが、バランスが良くなる事で、当然に腰、膝、  側湾、頚部などに過度の負担がかからず使用、イコール治療という理論的に説明ができる訳です。
私が考えるに、一番のメリットは身体を治す道具であり、使用するほどに効果が体感できる事、様々な障害で悩んでいる方々を良い方向に導いてくれるもので、耐久性が高いので何年も使用できる事です、いつも言いますが、良い製品にたどり着く事が難しいのです


スポンサーサイト

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

カスタムインソールのパクリ屋
最近、弊社の事業をパクル人が多く困っております、先日も茨城県日立市から3名が見学に来たのですが、整骨院を開業しているとの事で、代理店の希望と思い卸価格で販売したのですが、何ケ月も経過した時点で何の音沙汰もありません、自分で製作か輸入しようとしているかのどちらかでしょう、しかし、そんなに簡単にはいきません、仮に輸入代理店をするにしても何百万は必要とします、そして、一番のネックは外国で良い工房を探す事から始まりますが、そう簡単には見つけられません、私の同業者でも見よう見真似でカスタムインソールを製作しようとした人がいましたが、結局上手くいかず、再度、私に依頼をしてきました、見た目以上にカスタムインソール「オルソティック」は製作が難しいのです、ノウハウ、テクノロジー学問が日本にはありません、整形の足底板とは別次元の物なのです、
例えば、農家でも簡単に野菜を作っているように見えますが、野菜ひとつを作るにも、苗や種、土壌、季節、肥料など経験が必要です、世の中、そんなに甘くはありません、形だけ真似をするのであればチャイニーズでしょう、日本人は、苦労をして自動車でも電化製品でも物まねではなく独自に研究をし日本の産業を構築してきたのではないでしょうか、チャイニーズとは違います、もっと誇りを持って仕事をして欲しいと願うばかりです。

外反母趾改善の一番確実な方法
外反母趾を改善する方法として沢山のアプローチが存在していますが、カスタムインソール「オルソティッツク」が最善の方法と断言できます、それは北米の足医師たちが切磋琢磨し研究に研究をしている訳です、現在、日本の整形では手術、足底板、整骨院ではサポーターやテーピング、リフレ系では足のマッサージなどが主流になって、当然、上記の施療ではリピーターになる訳で、回数を多くする事で収益が上がるわけです、どこかの整骨院でテーピングによるアプロチを全国的に展開しましたが失敗に終わり、現在ではサポータを販売しています、外反母趾は簡単に改善する障害です、皆さんはかなり遠回りをしている訳です、何故、治らないか?核心から外れた事をしているのです、オルソティックとは矯正具という意味です足医師が処方した装具をオルソティックとよびますがカスタムインソールとは全く異質のものです、それに加え、患者さんが自分の足の状態を知らず、単に外反母趾を単独のものと捉えている事です、外反母趾の場合、踵が回内、外転、背屈のパターンが一番多くみられ、それらにより踵体重、下腿筋郡の疲労に伴い、足首、膝、腰、背中に負担がかかり、多くの疼痛の原因になっている事も知らないのです「これは当たり前で専門家でも理解していない人が多い」いわゆる体言「ボディーランゲージ」で、体から信号が発信されているのです、または、どこか他の部位が悪く代償作用として体の一部にダメージを与えます、私は患者さんに外反母趾なんて一番簡単ですよと言います、本当にそうなので仕方ありません、体はバランスを保っています、ひとたびバランスが崩れると、つまらない障害が身体に発生するのです。最近、バイオフォームで足型を取り、遠隔地の方でオルソティックを製作しレポートがありましたので、ご覧下さい。
川股様
お世話になります。ちゃんと使い始めて一ヶ月半になったので,ご報告をと思い,メールしました。
インソール,毎日使っています。重宝しています。
立ち仕事の後も足のことが気にならなくなくなりましたし,歩く時指を使ってるのが分かります。
猫背でしたが少し姿勢が良くなり,おかげで首が痛かったのも楽になったと思います。
実は首の痛みにはちょっと絶望的になっていたので,これは本当に嬉しかったです。
あと足の裏のうおの目?が目立たなくなりました。

人間の体はつながってるんだなぁとしみじみ感じています。
こんなありがたいものを教えていただいて,ほんとうに感謝です。しかも毎日使っても全然傷みませんよね。
作っている方の技術もすごいんだろうな,と思いました。

足や膝が痛いという人にはなるべく紹介するようにしていますので,
また何かの時にはよろしくお願いします。
以上、長文になりましたが、外反母趾なんて病気ではありません、登山も入り口を間違えると頂上まで行けません、患者力を養って、何が良くて何が悪いか、患者力をつけて下さい。


テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

患者さんが増える条件
本当に沢山の方々が訪問していただきありがとうございます、何か、お役に立てればと思いブログを書いているだけで他意はまったくありません。
よく、ダイレクトメールで患者さんがこんなに増えたとか、くだらない郵便が沢山増えています、そんなに20人が急に60人80人の患者さんが来る訳がありません、単にお金儲けでしかないのです、しかし患者さんの少ない院を経営している方は飛びつきます、現実問題として患者さんが増えれば治らなくても良いのか、ただ自分達だけの利益の為にこの大切な仕事をする資格があるのか、考えなくてはなりません、私の院では湿布はサービスです、これは広告宣伝費と考えれば安いものです、目先のお金を欲しがるから患者さんは遠のくのです、逆に患者さんの立場になってみたらどうでしょう、現在の一般的な国民は所得が下がっています、少しでも節約をしています、そのような人達から自分の私利の為に、これは保険が適用しないから、などで保険外で徴収している院が殆どでしょう、私は茨城の田舎に越してきて12月で満3年になります、郷に入っては郷に従えと言う諺があります、こんな田舎はめったにありません、ですので開業した時は電気療法もし、尚且つ、指圧、マッサージも充分に致しましたが、すべて保険で行いました、口コミほどすごい広告媒体はありません、広告なんてしてません、ですから、患者さんが増える方法ではなく、増えてしまう、これがポイントです、しかし最低条件としては治す技術がなければ意味がありません、情熱があれば何とか治してあげたい、と思うのが大切だと考えるのです、世の中、お互い様、良い事をしていれば、悪くはなりません、田舎ではこれで良いと思うのです、都会でも同じなのです勘違いをしているのです、それと治療家には向き、不向きがあります人に親切にできない人間には、この仕事をする意味がありません、それと、センス、直観力、応用力、バカ利口に徹する事、ややもすると態度の大きい治療家がおりますが、勘違いもはなはだしい、素人より勉強している訳ですから「勉強してない人も多い」医学の事は知ってて当たり前でしょう、
現在の新患登録数は830人です、12月末迄には900人は簡単に越してしまうでしょう、当初の希望は1年間で300人の新患が来てくれたらいいなあと考えていましたがお陰様でクリアーできそうです。もし、本当に自分の院の患者さんが少なく困っている方がいましたら、何かアドバイスできるかもしれません、私は経営コンサルタントではありませんのでお金は困ります、いつも言いますが独自性がないと厳しいですね、私は足カスタムインソールを通して患者さんを助けています、ランガー、ノースセールのカスカタムインソールが5万円~7万円で販売している訳ですが、私の院では一番高い物でも3万円で提供しています、それも本物の足医師の製作するカスタクインソールです、ポダイアトリストでもない人間が7万円もする製品を販売する事が信じられません、アメリカでも500ドルで足医師が提供しております、日本で普及しない原因は悪い製品が出回った性でしょう、最初から良い製品が市場に出ていればもっと普及している筈なのです、困ったものです、人間の一番いけない事、それは金銭欲なのです、自分が儲かれば損をする人がいる訳です、原理原則なのです、どうか治療家の方々、日々良い仕事をして下さい、患者さんは困っているのです治らなかったらお金を返すくらいの気持ちで頑張ってください。
沢山のご訪問をありがとうございます。
これからの整骨院というタイトルでブログを書かせていただきましたが、本当に驚くくらいの訪問者の方々に読んでいただきありがとうございます。
整骨院や医師の方々には2通りの歩む道があります、一つ目は、単にお金が目当てでとにかくお金が稼ぎたいという方々、残念な事にこちらが側が90%くらいでしょう、二つ目は天命として患者さんの為に治す努力をしお金なんて関係ないという治療家のタイプです。
確かに、人間は生きていかなければなりません、しかし治療家は少なくても治す事が与えられた使命であり、人助けの仕事です、また良い仕事をしていれば患者さんは黙っていても来てくれますから食べていくくらいは困りません、お金が欲しいのであれば株をやるのも良し、パチンコ屋をやるのもいいでしょう、患者さんは困っているのです、最良の方法を考え、最善の努力はすべき事ではないでしょうか、私は構造医学的に足を大事と考えている治療家を一流と思っております、弊社の代理店をしておられる北海道の山岸先生など、私なんか及ばないほど勉強しております、毎月、15足平均でカスタムインソールの注文がきます、先生も患者さんの事を第一に考えていますので、足を重要だと認識しています、また、頭の硬い治療家も困りものです、人の意見を聞きませんから良いものがあっても耳を貸さないわけで、井の中の蛙というんでしょうね、プライド、エゴも時には必要かもしれませんが、そういう人を世間では利口バカと呼んでいます、やはりバカ利口でないといけませんね、バカになる事、難しいのです、評価は人がしてくれるのです、自分から、どこどこの大学の教授だの、町会議員、市会議員だの自分で言う事ではありません、程度が知れてしまいます。
私のところもお陰様で忙しく、資格者の斡旋業者に電話をしたところ、整復師は一律、紹介45万円だそうです、私はいいました、御社は人身売買会社ですか、ヤクザと変わりがないじゃないですかと、そうしたら向こうでは黙ってしまいました、紹介されて1ケ月で辞めてしまったらどうするのでしょうか、余談ですが、そんな商売をしている東京のウイ何とかという会社も存在します。
世の中、滅茶苦茶になってきているような気がします、そこえいくと田舎はいいですね、のんびりとしていて騒音がありません、仕事に専念する事ができます。



プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード