FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
02 | 2010/03 | 04
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

足医学の勉強にNZに行ってきました
3月20日6時30分の成田発クライストチャーチ便に乗り日本を発ちました、11時間30分のフライトで現地には21日の10時過ぎに到着しました。現地は秋の空気が流れ心地よい天候でした、タクシーでホテルのある中心地に向かい教会の裏にある安いホテルに到着(もちろん予約はしてある)1泊60NZ$の安いホテルです、しかし安いだけで窓も無く、まるでカプセルホテルのような感じの部屋でここは最悪でした、翌日、ドクターベンが迎えにきてくれて、足の病院を案内してもらい、すぐにラボに行き、沢山の事を教えてもらいました、クライストチャーチは月曜日と火曜日まで滞在し23日の夕方、オークランドに向かいました1時間20分のフライトで到着、キングスランドという町に私の友人イアンが経営する日本食レストランに行きました、そこで私の息子と会う約束をしていたからです、現地の大学では一教科3時間の授業だという事です、火曜日は2教科あり終わるのが午後8時というのでレストランで待っていましたが、しばらく見ない内に随分と痩せた感じに見えました、多分、ろくな食事を摂ってないのだろうと思いました。
慣れない大学で、慣習も違う事、勉強も大変なんだと推測しました、24日から26日までは息子が授業があるので私は町をあちらこちら見てまわり、靴屋さんに入って驚いた事はお店のカウンターに足医師の名刺がずらっと置いてある事でした、また、街中には足医師の院があちこちにあり、これも驚きました、カナダのモントリオールでもそうでしたが、オークランドでも足医学はポピュラーになっています、これでは日本も相当な遅れを取っているなと痛感いたしました
タクシーに乗る度に運転手さんにポダイアトリストって知っていると何人にも質問をしましたが、全員、知っていました、アメリカでは知っている人は10人中1人か2人でした、では日本ではどうでしょうか?ぜんぜんレベルの違う世界になっています、医師でさえ知らない人の方が多いのです、なおの事一般の人では知らなくて当然でしょう、そんな事を当社ではしております、リフレクソロジーも経験しましたが本物は違いますね1時間30分で100NZ$です、日本円にして7,000円です、その他では足の大学にも行ってきました、書籍販売店でポスターを数枚購入しました、そして土曜日の5時に起きて6時に空港に向かい9時20分の成田行きに搭乗し無事帰国となりました。
やはり、私も子離れをしていないのでしょうか、息子と別れて来る時は少しつらい気持ちになってしまいましたが仕方がありませんね、人一倍苦労をして早く一人前になって欲しいと願うのは皆同じでしょうね。
スポンサーサイト
歩いてはいけません、身体を壊します。
アメリカの足医学界の発表では84パーセントの人が何らかの足の障害を持っているというレポートが何十年前に発表されました、私の考えでは日本人は40歳以上のひとでは95パーセント以上、何らかの異常が足にあると思います。
これは、過去に何千人というデータの中から、今まで診た足の中でも10人もいません。
では何でヲーキングをしてはいけないか、40歳以上の方々は車で言えば事故車なのです、事故車が真っ直ぐに道路を直進できますでしょうか、ノーです、真っ直ぐに歩行する為には自分の足がどういう状態か認識する必要があります。
では、何処で検査をしたらよいか、病院では無理です、おざなりにX線を撮影をし何ともないですね、で、おしまいです、足医学を勉強していて、尚且つ真面目に治療をしている治療院を見つけなければなりません。
これが、一番のポイントですが日本では探す事自体問題があります、HPでは良い事だけ記載してサギまがいの所も数多くあります、勿論、スポーツ店で販売している製品は問題外であります。
ですので、私が言いたい事はむやみに健康の為等、する事じたい体を壊しているようなものです、一流のアスリートは生まれながら良い足を親から授かっています、数パーセントですが。
私のブログの欄に
NTT光の申し込みを大募集
健康食品、金時ショウガ
オーダーメイドインソール(テディーベアー)
の無断掲載がありましたが、一切関係がありませんし、私は少し気分が良くありません、だいたい人のブログに無断で掲載をするなんて最低、愚の愚、チャイニーズとかわりません、これらの購入はお止めください。

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

1ケ月以上お休みしました
久しぶりにブログを書きました、というのも息子が足医学の大学に行く為にゴタゴタしており2月12日に日本を立ちました、いくまでにはメディカルチェック、ヴィザの問題、かなりの難関を通過しないと入学ができません、授業料も外国人は高く、日本人が外国の医学校に入る事は至難の事と思います。
また、研修生の受け入れをしたため、意思の疎通、治療の方法など問題が山積でとてもブログを書く気持ち、余裕がありませんでした、しかし、当院でもカスタムインソール(オルソティック)の普及が定定着しつつあり、今年に入って60足以上のオーダーを受けております、また、製作依頼をする外国の工房も用途によって区分けをし現在2社の工房にオーダーをしています、今年は昨年以上のオーダーが見込まれ、トップランではニュージーランドと友好な地位を確立したいと考えています、先日もシューズメーカーの人と話をしたのですが、スポーツ店で販売しているレディーメイド、ハーフメイドの件で、私の考えはあってもなくても効果はないと思っていますが、彼も同意見でお互いに困った問題だと話し合いをしました、要は会わない製品を使用する事で悪くする事は簡単な事なのです。
何度も言いますが、日本人は靴、足に関して危機感を持っていない事なのです、特に40歳以上の人々の足は車でいうと事故車なのです、真っ直ぐ歩けない事により身体で代償作用が起こり体の様々な部分に異常が発生します、膝は90パーセント以上、腰は80パーセント以上が足の悪影響を受けています、ですので必然的に慢性疾患に陥り、長期の加療を必要とします、その他では医療従事者でさえ、その事に気付いていない事が問題です。
私の役目は坂本竜馬と似ている考えを持っております、その為には時間がかかってもやりとげる覚悟があります。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード