FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
05 | 2011/06 | 07
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カスタムインソールのツボ
住宅を建てる時に基礎の部分が柔らかいものであった場合家が建つでしょうか、今地震の影響で液状化になり多くの人達が被害を受けています、もし、地盤のしっかりしている場所であったならこのような惨事は無かったのです、踵にジェルを入れたり、ソルボを入れたり踵にクッション性を持たせる事は決して好ましい事ではありません、その手の売り文句のHPは要注意です、衝撃は身体全体で吸収される事が理想であり、食べ物もいつも柔らかい物を食べていたら顎が退化してしまう事と似ています、本来身体が持っている骨で立つ事が望ましく所謂縦の耐久力を落とす事になります、では何がポイントになるかといいますと、遺伝や仕事の関係、怪我の既往歴、加齢などによって基本的な足の構造が狂ってしまいます、それが目であれば眼鏡を使うという事は日本人の常識です、では足が悪い場合はどうすれば良いのかを日本人はまったく知らないのです。
では、悪い足をどうすればいいかと言う問題ですが単に内側のアーチを上げてやれば良い訳ではありません、踵から中足部の基本的な部分を眼鏡のように足も矯正具を入れてあげれば言い訳です、また、ここで厄介な部分ですが基本の素材を何にするかです、現在のカスタムインソール(専門的にはオルソティックと呼ぶ)は90パーセントが基本の部分が柔ら過ぎるのでオルソティックとスポーツ店で販売しているカスタムインソール製品と分類する必要があります。
本物のオルソティックの素材はポリプロピレンが主流です、その理由は成型しやすい事、適度な硬さがあり耐久性が高い事、厚さも体重によって細かな分類が出来る事、カーボン素材もあり、長所は硬く薄く出来る事、加工が難しい事、硬さゆえに使用疲労が起こりやすい事など等の理由でアスリート以外では使う場面が無い、その他ではウレタン系があるが(シダス、スーパフィートなど殆ど)耐久性とサポート力に問題がある事でハーフメイドや市販品などに流用されている。
基本的にポリプロピレンが現在の欧米の足医師が提供をするオルソティックの主流の材質である、基本の部分にトップカバーを貼り、クヲーター、コンプリートと使用する靴によって長さを決定する訳である、このような論調だと研究発表のようになるので、普通に戻します、スキーをする人は知っています、スキーの板はベンドといって板を横から見ると反っているのす、このベンドが人間でいう足のアーチにあたります、ほとんどの日本人はこのベンドが落ちています、舟状骨のロック(施錠)が解けアーチが落ちるしくみです、では、アーチを上げればいいじゃないかというと、それが間違いで踵の角度、専門的にはSTJ、MTJ関節の狂いなど簡単にはいきません、ですので勉強をしている先生のところで診てもらう事、どこのラボ(工場)と取り引きをしているかが問題なのです。
整形外科やスポーツ店で自分に合ったオルソティックを依頼する事は100パーセント不可能です、ではどこで製作の依頼をしたら良いのか、これはご自分でHPを良くみて選定してください、健康食品の業界もそうですインソールの業界も同じです美味しい事ばかり並べてHPに載せる事を多くの会社がしています、例えばスノボーインソール販売数世界一などです、ではテレビはサムスンの方がシャープより良いのか、中国の車の方がトヨタよりが良いのか。
そんな事を言えば何でも中国製がトップになってしまいます、たくさん売れれば良い事と顧客を満足させる事とは天国と地獄くらいの差があります、合わない製品を買わされた人は地獄です、しかし、考えて選ぶ事を貴方はできるのです。
私の場合は伝えたい事柄を選んで、真実を伝えたいとブログを記載しています、テレビや新聞のように一般的な出来事を伝えるだけでは無く、本質を読み取っていただきたいのです。
スポンサーサイト
本物のドクターに会いました
先日、同業者の整復師と話をしていたら彼が、私はタバコを止めましたというんですね、どうして止めたの、と聞いたら、医者のところに行ってやめたんだよ、と言いました、タバコが吸いたくなくなるんだよと、そうか、それは一番いいねといいました、無理して我慢して止めるのだったら難しいかもしれないけれど自然がいいですねと。
今日、お昼に時間が取れたので、事前に調べておいた医院にいきました、診察室にはいると、何か普通の会話なのです、女性の先生だったのですが、1日何本くらい吸うの、とか、とにかく気楽にまるで知り合いと話しているかの様な問診をうけました、先生というと社会一般的に上から目線ですので、いままで良い先生に出会った事がなく、あまりにもあっさりしているものだから、こちらが唖然としてしまいました、院の名前は松本クリニックという皮膚科、内科院です、このような先生だったら気楽に何でも聞けていいと思いました、今までの概念を打ち破る感じです。
前にも記載しましたが、医者というと特別な職業だと思い私は偉いんだ、頭がいいのだという態度の先生が多い事は事実です、違うのです、大工さん、床屋さん、車の修理屋さん、みな同じなんです、ただ、医者の場合は患者がお願いをするという弱い部分があり萎縮してしまいますが、この先生のように、どうしたの、なんて親しみのある会話で来られると、すごくいいですね、なんだ、医者だっていっても普通じゃないか、という風に感じます。
私も医師に対する概念を変えなければいけません、私の場合は禁煙を無理にしたい訳でもないのです、ただ、身体に悪い事も解りますし、良い事は一つもありません、また、タバコを買う事が面倒になってきたのです、それと、いつもタバコを持ち歩かなければならないし、喫煙する場所も探さなければなりません、すべてが面倒になってきたのです、そして友人から話を聞いたので、じゃあ、やってみようかなという低いレベルなのです。
という訳で今日は非常にめずらしい体験をさせていただきました、松本先生ありがとうございました、また、看護師の清水さん丁寧な説明をしていただきありがとうございました、それに加え先生も看護婦さんも皆美人揃いなのです、皆さん、タバコを辞めたいと思う人がいたら是非行ってみてください。
やはり、盛っている病院は先生や看護師さんなどが患者の事を考えてくれるから混んでいるんだと思いました、人の振り見てわが身を直せの典型です、ただ、あまり意気込んで俺は絶対タバコを止めるんだという風に思うと疲れますから気楽に自然に止めれたらいいなと思っている事が現在の私の本音です、成功したらブログに記載します。
水虫には最高ティートリー
この梅雨時には、すべての身体の調子がおかしくなります、昔の人は草ボウケ草枯れのシーズンは身体に気をつけなさいと言われていました、寒いのだけれど暑い、暑いけれど寒いという温度と湿度の関係がアンバランスであり身体のコンピューターが順応できないのです、自立神経が上手く作動しない訳なのです、さて、皮膚に関しては水虫という厄介なものがあります、筆者も長い間、水虫に悩まされていたのです、ニートフィートのバームも良かったです、アスレティッククリームもいいです、足の石鹸でスクラブソープという製品も良かったです、またティートリーという樹皮の殺菌力の強いオイルも効果がありました、患者さんのリクエストがあり今回、3Bという汗疹や股ずれに威力を発揮するクリーム、スクラブソープ、足の蒸れを殺菌消臭をするシューパウダーを輸入しました在庫は各24個ございます、ティートリーは8本ございます(ティートリーオイルはニートフィト社せいひんではありません)低価格でお渡しできますのでご希望の方は申しつけください、なお、送料や台引き手数料などバカになりません、一般郵便ですと160円で郵送できますので台引きはしません、郵便局口座か常陽銀行の口座に振り込みをされますと、確認後すぐに発送いたします。
価格はneatfeat.co.nzのサイトで日本円表示がありますので御覧下さい,日本価格表示をしてありますが、GST,日本までの送料は含まれていませんので200円~300円プラスしてください。
ティートリーは1本25mlの容量で価格は本体のみで1500円で販売ができます(ティートリーはニュージーランドで13ドルで販売しています、なにゆえ効果があると記載しますと薬事法に触れてしまいますのでご容赦ください。
本日、フォームメールをいただき他社のインソールのHPを見たのだけれど私のブログを読んで私の熱意を感じたとの報告をいただき最高に幸せな気持ちで一杯です、何よりもブログは私の感じたままをお伝えしています、見ていただいている方がいて参考にしていただけるさんて最高です。
悪質な業者が多いので皆さんお気をつけてください、たとえ数千円だとしても効果が無ければただのゴミになります。
パチンコってしても良いものなのか?
6月7日の朝日新聞に「パチンコばかりバッシングするな」という見出しで記事が掲載されていました、みなさんはどう考えますか?私の友人にパチンコをする人はいません、パチンコはギャンブルでしょう、この記事で吉田さんというかたのコメントが載っており「正しく批判を」と訴えるライターと紹介されていました。
花札賭博やポーカーゲームとどこが違うのでしょう、片方は警察に逮捕されパチンコは合法的に換金をしている事で何の罰則もありません、この換金制度も景品を出し、換金所というところで換金をします、「3点方式」と呼びパチンコ店だけに認められているという事です、パチンコをグレーな存在としている一番の要因だと言うのです。
多くの外国人をホームステイさせましたが、日本に来て皆驚くのはパチンコ屋を見て驚きます、政治家と同じです自分さえ良ければいいのです、困ったものです、人間の慣習とは怖いもので、良い事と悪い事の区別ができなくなるのです、私は汗水流して稼いだ貴重なお金を、そんな事に使う事などできません、私も人間ですから若い頃はパチンコも少ししました、ですが、興味を持ちませんでした、多分、パチンコをする人はフィーバーとかいって。その緊張感がたまらないのでしょう、しかしパチンコ屋さんも商売ですから儲けさせる訳がありません、そして、時たま勝った事により深みに嵌るのでしょう、そして、お金が無いから借金をしたり、いいことはありません。
個人的な意見ですが私は競馬も馬券を買った事のない人間ですので、パチンコやギャンブルをする人から見れば異常かも知れません、なにせ人生そのものがギャンブルみたいなものですからギャンブルをする暇がないのかもしれませんね、まあ、人は人、他人に迷惑さえかけなければOKです。
朝日新聞で取り上げていた事でブログに記載しました、パチンコ業界の方々ゴメンナサイ。
石川遼君のミステイク
昔、裏社会の方々がフィリピンなどで国際免許を取得し日本で乗り回し問題になり現地で何ヶ月居住するという決まりになった経緯がありました、アメリカで免許を取る事は簡単で10ドルとかで1日で取得できます、日本の場合は道路事情などにより他国の免許とは比較にならないくらい難しいのです。遼君の場合は知らなかったでも済みますが、父親が知らなかったでは済まないでしょう、それとマスコミに口止めをしていたという事は悪質極まりないでしょう、現在の男子プロゴルファーの世界はスター不在です、メディア関係者がこぞって無理やりスターを輩出させようとし遼君を持ち上げた事にも責任があります。
遼君が有名なゴルファーでなかったら何でもないで済んでしまったでしょう、スターゆえに大袈裟に報道されています、19歳の少年が・・・・、あまりかまわない方がいいでしょう、私の感想はインタビューなどでも19歳の受け答えにしては出来すぎであり、あまりにも優等生なのです、僕は最近思うのですが、演技をしている、素でない人間に疑念を抱いています、身近にそういった人間がいる性だと思うのです、私は彼にとにかく格好はつけるなと常々言っています、いつも患者さんと話しているのですが遼君は大学に行くべきだったと思います、園田選手みたいに大学に行っていてもトーナメントには出場できます、勉強は若いうちにすべきだと、まあ、親が守銭奴に成り下がってしまったのでしょう、被害者は遼君です、お金がすべてではありません。
たまたま、一般人が宝くじを何回も当たり人間が変わってしまったようなものです、何より嬉しいのは遼君のコマーシャルが減るわけで見なくても良くなる事は嬉しいですね、もっと、他のプロもコマーシャルで使ってください。
バカの物知り
かなり前の事ですが、東京都のスキー指導員と長野県のスキー検定1級は同じ程度でした、よく菅平高原で東京都のスキー研修会などをしている時に、本当に指導員なのと疑いたくなる指導員を多くみました、長野県のスキーヤーは技術が高いのですがスキー教程などの学問的な話はまったく興味がないのです、その反面、都連のスキーヤーは技術は下手くそなのに能書きだけは、よく知っていました。
バカの物知りという諺の通り、いろいろな事を知ってはいるけれど実践はまるで駄目という事がありました。仕事ができる事と物事を良く知っている事は内容が違います、物知りだけど仕事が出来ないという事はよくあります、
本当の人格者とは物知りであると同時にそれらをひけらかすという事はしません、物知りを前面に出す事は自分の評価を上げる為にする行為なのです、他人より知識があるという優越感に浸っているだけです、最近、このタイプの人種が増えている事は残念な事です、評価は他人がする事なのです。
スキーは私の知る限り最も難しいスポーツではないでしょうか、止まっている事がありません、常に下に下へと重力によって落とされていて、その中でバランスを取りスキーの操作をしなくてはなりません。
何でスキーの話を例にしたかといいますと、スキーが一番足の大切さが解りやすい事と重要であるスポーツなのです、スキーの1級は普通の人であれば努力さえすれば誰でも取得はできます、その上の準指導員や正指導員はかなり難しく誰でもという訳にはいきません。
本来であれば人間の歩行もスキーも何ら変わりはありません、ただ、漠然と生活をしているだけならば足の重要性は解りません、全日本スキー連盟の1級以上のスキーヤーであればカスタムインソールの使用率は80パーセントは越えるでしょう、そのくらいスキーヤーは敏感なのです、一般の人達でも靴や足の重要性を認識しなくてはなりません、どんな良い治療をしても足が悪ければ意味が無いのです、言い換えれば足が悪い性で身体が悪くなる事を知る事が重要なのです、カスタムインソールやオーダーメイドインソールがスタンダードにならばければいけませんその時が来るまで私は啓蒙活動を続けていきます、しつこいくらいに、それが医療費の軽減、患者さんを助ける道だと考えるからなのです。
身体を治す事を考えると、どうしてこうなるのか考えます、そう考えないと治す事はできません、今の医学をみていると、悪いところは交換か取ってしまえという乱暴な医療であり、外国と比較すると違うのではと思います。
政治も同じであり、どうしたら日本は良くなるのか、どうしてこうなったのか、考えなければなりません、人間の欲、野心が強い人達が政治をしているからでしょう、所謂、バカの物知りの集まりなんですね。
日本人はテレビ中毒
最近特に思うのですが、スポーツ番組を除いて本当に見たいテレビ番組がありません、ドラマなんかも配役にお笑いタレントなんかを起用していると興ざめしてしまいます、本物の俳優さんは下らない番組などに出演しません、それだけ番組の質が低下している事が気にならないのでしょうか、当然、制作している人間が我々よりも若い人達が作っている訳ですが、心に残る番組はそうありません。
昔は新聞を見る時にはテレビ番組をみましたが、最近は見る気もおこりません。
ガイアの夜明けなどは良いですね、なるほどザ・ワールドなんかもいいですね、タケシのテレビタックルなんか政治を講釈している番組などは井戸端会議と変わりません、素人が政治の事をどうたらこうたら言っても、どうにかなる訳でもないです、テレビは時間を区切って放映を休止したらいいと思うのです、それこそ電気の無駄です。
朝、6時~8時、お昼は12時~1時、夜は6時~10時という具合に、かなり節電できますし、空いている時間を趣味や読書に費やせます、テレビに引っ張りまわされ過ぎだと思うのです。
それでもテレビを見たい人はスカパーやワオワオなど有料で見たらいいと思うのですが、ただで放送しているもんだから見なくても電源は入れっぱなしです、消費税もいいけれど視聴税なんて面白いかもしれません。
現在の日本を象徴しています、ちなみに外国では、こんなオバカな番組もありませんし、テレビもあまり見ません、日本だけでしょう、こんなバカな番組を放送している国は、だから韓国や中国に追い抜かれてしまうのです。
仕方がありません、日本人全体が平和ボケしてしまい危機感がない訳です、今回の災害で日本人は気付くべきでしょう、何をし、どのようにして生きるのかを、私も含めて、合掌。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード