FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

43rd ISF 靴の見本市 出展
台風も去り、連休も終わり一段落いたしました、明日から9月最後の週になります。

トップランでは第43回靴見本市に参加をいたします、
期間は10月4日~6日までの3日間です、
場所は池袋サンシャイン、
時間は10時~6時、最終日のみ5時に終了します、

4,5日は業者関係のみで6日のみ一般開放されます、招待券を持っている場合はいつでも入場できます、最近の靴の流行など靴が好きな人には面白いと思います。
開催者の話では、ここ2回くらいインソールへの感心が高まってきているという事で弊社でも張り切っております、この機会に都内及び近郊の方々は遊びにきてください、気楽に足の相談などを行います、私も15年の実績がありますので、沢山のエビデンスを持っております、おそらく日本一でしょう、沢山の企業のオーダーメイドインソールを持っています、それらのほとんどがゴミと化しています、また、市販品のインソールも各社持っていますので比較検討する事もできます。
ブログを見て、予約をいただいた方もおります、足の相談を受ける場合には1時間くらいすぐに経ってしまいますから、ご相談をしたい内容、質問等をお持ちの方がおりましたら、予約をしていただきますと双方にとって時間の有効利用ができます、もちろん、料金は無料です、身体の変調や膝や外販拇指の相談もお受けします、故本田宗一郎さんの名言にもあります、人の役に立つものを作れ、人の役に立つ事が大切なんではないかと思います。
他社のインソールを使用していて気にかかる場合は、そのインソールが正しいものかチェックをします勿論無料です。
今回の企画は、たまたま主催者さんの会社と巡りあい参加が決まりました、やはりこれも何かのご縁かなと感じます。
スポンサーサイト
懲りない日本人
幸いにして台風15号は無事関東を通過しました、たいした被害も無かった事は幸いなことでした、今夜のニュースを見ていると、なんと日本人は懲りない人種なんだろうと思いました。
台風が来る事は周知の事実でした、しかし、通勤で足止めを受けた人達をみていると、東北大震災、さき頃の台風の反省が生きていません、何で仕事を半日にする、休日にするなどの対応ができないのでしょう、賢い会社は3時に社員を退社させた企業もあったようですが、ほんの一部ですし3時という時間も遅すぎです、懲りても懲りても対応が出来ないという事は学習能力が少ないのではないでしょうか、ニュースで台風が来ても通勤通学がスムースにでき混雑は無かったという報道を聞いてみたいものです。
やはり、何十年も戦争や侵略と無縁であった事、どこか日本人全体に心の隙間を感じてしまいます、私は幸いにも患者さんが来なかったので潔く決断をし4時に仕事を切り上げ、5時~6時には関東を通過すると聞いていたので自宅で注意をし待期をしていました、本当にたいした被害が無く良かったと思います、今年は震災があり、これを期に心を引き締め災害に強くなって欲しいと思います、誰かがやってくれる、どうにかなるでは駄目なんです、自分がしっかりしないと、病気や身体の痛みも同じです、何とか治そうという強い気持ちを持って欲しいと望みます、最近来院した患者さんの中にC型肝炎、糖尿病、人工透析を受けていて少しウツの患者さんがおります、聞けばマルチのギネだか何とかというジュースを飲んでいるとの事で、私はマルチ商品は大嫌いですが本もお借りして読んでみましたが、このマルチ商法というものは巧妙です、アメリカで認可を受けているとかアメリカで一番売れているとか我々の知らないところの話を本の記事にしてあります、1本5千円で1ケ月に4本飲むという事でした、何とかしたいと考えています、通院5回目ですが少し本人の気力が出てきたと奥様の報告をいただき嬉しい限りです、
三石巌先生の栄養分子学の本を渡し本人の意識改革が出来れば最高だと思います、整骨院にはまったく関係の無い病気ですが、少しでもプラスになればとアドバイスをしています、治療は腰と頚部の2ケ所で1200円、3割負担ですので患者さんからは350円だけいただいております。
また、現在、小児科医の岩田裕子先生のお書きになった「子育て待合室」という本を読んでいますが、医師の中にも素晴らしい先生がいる事を知り嬉しく思っております。
話が飛びましたが、備えあれば患なしです。
ビジネスの基本
最近になって多くの、お問い合わせがあります、当方といたしましては、いや、ビジネスの基本としてはメールが届いたらすぐに返事を出す事は基本中の基本どと思うのですが、お返事を返すにしてもある程度の時間を費やして送らなければなりません、代理店をやりたいから資料を送ってくださいという内容のメールが多いのです、もちろん、私はすぐにお返事を出しますが、それに対する回答や返事が無いのです。一般の人がカスタムインソールを作りたいという事であれば数日のブランクは仕方ありませんが、事業をしている方々からの返事が来ないのには神経が解りません、一応、代理店をしたいという事で問い合わせをしたならば、何らかの返答をする事は仕事をしている以上当たり前の事だと思うのですが、どうも当たり前でないのです。
まあ、これが現在の日本経済が上手くいってない事と関わりがあるかもしれません、私の場合は1日に何回もメールのチェックをしすぐにお返事をかえします、また、外国の会社や日本の企業でも、レスポンスはその会社の応対をチェックする判断の基準になります、河内の田舎で、車が行き来できない細い道路でこちらで待っていると挨拶をしていく人しない人いろいろおります、でも、挨拶をしてもらうと気持ちがいいもんです。
世界は狭い、日本は狭いのです、せめて心だけは広く持ちたいです。
いい医者・駄目な医者
時たま、週刊誌にはこの手のタイトルが載っていることがあります、私も治療家の端くれとして、時たま患者さんに見分けかたをお話する事がありますが、一般の人が良い医者、悪い医者を判断する事は非常に難しいと同時に大切な事であります、いいかえれば良い医者にかかれば治るものを悪い医者にかかり命を落とす事もありかねません。
では、どうしたら見分けられるのでしょうか?今週号の週間ポストに載っていましたが、はっきり言って釈然としません、私たち整骨院でも同じです良い院と悪い院があります。
普通の人が、人とお付き合いする場合はどこを見てこの人は良い人か悪い人か判断するでしょう、私の場合ですが初めてゴルフをご一緒する場合、まず挨拶がきちんとできるか、ゴルフではマナーとして帽子を脱いで、私は何々と申します、今日一日よろしくお願いいたします、と言葉を交わします、その次にプレー中の立つ位置が守られているか、パターをする場合やティーショットをする際にプレーヤーの視界に入らないようにする事が基本です、そして、大きな声を出したりしない、変にスコアに固執しない、プレー中で球を動かさない事、スコアーをごまかさない事、一日楽しく協調性を持ちプレーできるか、等のチックをし、合格であれば私の連絡先を教え、また、機会があったらプレーをしましょうと合格のサインをだします。
医者の見分け方ですが(整骨院の場合と同じ)
1、最初の挨拶ができているか
2、問診の際に上から目線になっていないか
3、患者さんの話を良く聞いてくれるか、既往歴など
4、説明をしてくれるか
5、検査やレントゲンなど、器械に頼っていないか?必要のないものに検査をする事がない
6、聴診器を使っているか、最近はマニュアルドクターと言い聴診器を使えない医者がいる
7、薬をたくさん出してはいないか、薬価差益で利益を追求する医者は儲け主義である
8、受付や看護師の教育がしっかりとされているか
9、一部負担金が適正に行われているか
10、病院のムードはどうか、良い病院では良いオーラがある
11、トイレは綺麗にしているか
12、先生の人間性はどうであるか
13、加齢という言葉を使うのはNG,使い過ぎや働き過ぎ、太っているもNG
いつもブログに書いてはいますが、患者さんの治したい治りたいという気持ちが強いほど治りは良い訳で自分治すという強い信念があれば、病気で2~3院変えても、いつか良い先生に辿りつきます、諦めてはいけません、良い先生を見つけるまで病院を変えてください、大昔、長野で開業をしていた頃、長野日赤病院の看護婦さんにお見合いをさせた事があり、看護婦さんに、どう本音で今までに尊敬できる先生に出会った事がある、と聞いたところ彼女いわく3人だけだと聞いた事実があります、はーそうなんだ、とお話をした事がありました、何百人も医師がいる日赤でもしかりです、民間の病院であれば?良い医者、治療家という者は一本スジが通っています、信念というものを持っています、自分が治すんだという信念です、どうか皆さん、学歴や外見などで判断をせず、ご自分で本物を見極める術を身に付けてください、一般社会でも同じだと思います。
値段の高い物は疑ってください。
最近、遠くからカスタムインソールの製作を依頼に来る方が増えております、本日も外販拇指のお客さまのお問い合わせがありました、聞けばドイツの靴を3万8千円で購入されたそうです、また、他の場所で18万円もするインソールを勧められたそうですがお断りしたそうです、最近、このようなサギまがいの販売が多発しております、どうしても患者さんは立場が弱く治したいという気持ちがありますから、甘い勧誘に乗ってしまいます、頭の良いかた、賢い方は騙される事はありませんが、気が弱い人や騙されやすい人は買わされてしまいます。
どうしたら、防ぐ事が出来るのでしょうか?一般社会でも調子の良い人、口の上手い人は要注意ですね、そのくらいは皆さんも解っています、では、何故買わされてしまうのでしょう、やはり痛みから解放されたい、治したいという気持ちが強いのです、BSやスカパー、深夜番組では殆どがテレビショッピングのオンパレードです、また、広告内容も良くできていて買ってみようかなと錯覚をします、以前にもお話しましたがテレビショッピングで業社がテレビ局に卸す価格は売価の3割だという事です日本人は1億2千万人いるとして、その内の1パーセントの人に買ってもらうと120万人の人が買う計算になりますからすごい儲けです、これらの商品は化粧品か健康食品ですまた、本当にこれでもかというくらい次から次と後を絶ちません、これらは取り締まる法律がありませんから、消費社が賢くなる以外に道はありません、膝が痛いのに健康食品で治る訳がありません、飲用して軽くなったと思っているとしたら、それは、思い込み(プラシーボ)作用でしかありません、医師の調査ではプラシーボで7割の人達に効果が認められたという報告があります。
外販拇指や膝の痛みにカスタムインソールが良いと言われていますが、もし、ここで間違った物、足に合わない物を使用した場合は健康食品の非ではありません完全に身体を壊してしまいます、健康食品は毒にも薬にもなりませんがインソールはとても怖いと思ってください、仮にドイツの靴だからといい高い製品を買ったとします、これは値段が高かったので良い靴だからと思い履き続けていた場合はとんでもない事態に陥ります。
足を悪くする原因は靴によるものが一番でしょう、次に怪我や仕事の影響、遺伝によるものと区別されます、私は15年間もカスタムインソールの輸入をしてきましたが、全部が良いという訳ではなく、製作を依頼する外国の工場では、製作方法や作り方が工場によってまったく違います、100社に注文を依頼すれば100通りのインソールが出来上がってきます、その中から私は自分でテストをして納得のいく製品を皆様にお届けしています、ですから、効果のなかった物については代金を返金いたしますと謳っているのです。カスタムインソールの価格は世界的に米国の料金が基本になっています、アメリカでは500ドル、ニュージーランドも500ドルですので日本円に換算しますと3万円~4万円前後が標準的であり世界標準価格となります、しかし、北海道や沖縄では宅急便が高いのでその分高くなります、この価格帯から外れている商品は間違いなく疑ってください。
患者さんにもよく言うのですが治る治らない事の分かれ道はその人の運だと言っております、巡りあわせだと思うのです。先日も代理店の先生と話をしたのですが何でこんな良い物を治療家が患者さんに薦めないのでしょうと、どこどこの大学の一流のトレーナーでも足を外したトレーナーや治療家は私は一流とは思いません、運動やストレッチなどで痛みが消えるのであれば外国で足医師の必要性がありません、厳しい意見ですがこれが真実です、痛みで困っている人々を助ける、治す事が治療家の務めではないでしょうか。
外販拇指や膝の痛みなど原因が解れば確実に治ります、簡単な事です。
スピード違反をしました。
今日は成田に用事があり、その帰り道に土手添いの道を走っていたら突然警察官が出てきて停止を命じら脇に車を寄せました、何かあったんですかと尋ねると、貴方の車はスピードがオーバーしていますと言われました、ここは制限速度が50kmの道路です、知ってましたかと聞かれました、公僕に逆らってみてもはじまらないので、はい分かりましたといい罰金を払う事になりました、なんという不覚でしょう、いつもならレーダー探知機を使うのですが油断していました10年以上違反はしていないので残念でありません。
思ったのですが、反則金を全部、東北大震災の義援金に寄付したら相当な額になると思いませんか、警察のお金はどこに消えてしまうか解らない訳ですから、そちらに有効利用したら良いと思いました、違反した人も人を助ける事に使われると思えば違反しても罰金をしはらう際に納得がいくと思うのですが、こういう発想はいかがでしょうか、そうでなくとも復興支援金額の捻出先が無い訳ですからいいと思いました。
スピード違反くらいバカらしいものはありません、残念。
警察官にスピード違反者を取り締まるのは楽しいでしょうと問いたら、答えように困っていました、心の中では面白くてしょうがないでしょう、スピードなんかより暴走族や飲酒違反を厳しく取り締まりをしてくださいと言ったら、そちらも厳しくやっていますとの事でしたが、私はそうは思えません、人間いつも最新の注意をして運転をしなければなりません、今日の私は頭がボーッとしていました、次はつかまりませんよ。
女子プロゴルファー頑張ってください
先週のゴルフ5レディースでは残念な事に中国の女子プロに優勝をさらわれてしまいました、韓国人プロならば日本の女子プロよりレベルが上なので仕方がないにしても、まさか中国のプロに負けるなんて情けないですね。
こんなんじゃ視聴率も落ってしまいます、私は中国が大嫌いなのです、人の技術は盗むし、コピーなんて当たり前で、世界中どこに行ってもチャイナタウンがあり中国人がいます、どうにかしてくれと言いたいです。
そんな事いえば昔の日本もそうだったと言う人もいますが、それはまったく違います、飛行機にしてもゼロ戦という世界でも数少ない名機を作る技術がありました、ですから戦後も自動車は日本独自の物で決してコピーではありません、ホンダにしてもソニーにしても日本人の文化が作ったものです、しかし、中国は違います、全部コピーなのです新幹線にしても川崎重工の技術を自分の国で作ったと外国まで特許を出願して売り込んでいます、最近トヨタ自動車でもHVの生産を中国で生産する事が決まりました、恐ろしいですね、すぐパクられ中国の自動車産業が生産に入るでしょう、トヨタの戦略は間違いでした、こんな国を信用できますか、中国人のプロゴルファーなんて来て欲しくないです、まして日本人が負けてしまうなんて困ります、技術は日本人女子プロには遠く及びません、では何故、勝てたのか、それはハングリー精神だけでしょう、もちろん運もあります、日本のゴルフ企業も勝つ為には人を選ばずスポンサーをします、すこし淋しいですね、日本人の選手に力を入れるべきでしょう、
私は日本女子プロゴルファーのいちファンなのです、いつも誰が勝つのか楽しみにしている一人なのです、好きなプロは有村チエ、宮里アイ、諸見里さん、不動さん、大山シホさんなど沢山のプロを応援しています、今後はガッツを持って試合に臨んで欲しいと願うばかりです。
日本の女子プロは少しぬるま湯に浸かっているような気がします、メーカーがサポートをし過ぎる傾向が見られます、そしてプロになっても普通の人と変わらないという事を常に自覚していなければいけません。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード