足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

第2回バイオメカニクスセミナー間近
もうすぐ第2回バイオメカニクスセミナーが開催されます、講師のドクターベン氏は12月2日金曜日の夜、日本に到着し月曜日にニュージーランドに戻ります、セミナーの為だけの来日です。
例えば、我々日本人が外国の足医大に行って、足医学の事を教えてくださいとお願いしてもまったく無理な事で、わざわざ外国から我々の知らない医学を教えていただける訳です、このような機会はほとんどありません、もちろん、ベン氏も足医師であると同時にラボの社長でもあります、しかし、どこかのメーカー主催のセミナーとは違いますので、販売を促す事はありません。
まあ、足に興味の無い方々にとってはどうでも良い話ですが治療家、医師を名乗る以上はどういうものかを知っていなければなりません、また、自分でそれらの製品を使ってみて知らない事には・・・・・。
昨日も靴屋さんに行く機会があり、いろいろと見て回ったのですが、リーボックだけではなくニューバランスや他メーカーも沢山の底が半円形になった靴を販売していました、企業というのは何をしても自社の売上が上がれば良いのでしょうか、情けない話ですね、現在ABCマートなどでは売上が伸びているそうですが1000円の靴も一万円の靴でも原価は同じでしょう、そこにブランド名が入るか無いだけの違いだけです、一昔前ですが経済が健全であった頃には、原価がいくらで販売価格がきまり安い製品と高価な製品では完成までのプロセスが違いましたが今日では、原価プラス利益という構図になっています、それはそうです生産国が全部(ほとんど)が中国ですから、われわれにとっても持つ、使う喜びが薄れてきていると感じます。
話がいつものように逸れてしまいました、セミナーは12月3日の午後2時から6時まで、4日は10時~5時まで、ビッシリと内容の濃いものを選択しています、途中、休憩と昼休みは取りますので安心してください。
今回のセミナーの内容は参加した方のみしか解りません、あしからず。本当に足は勉強すればするほど面白い医学です、こうなって、そうなるんだと身体に出る痛みの、まさに構造医学とは素晴らしいです。
スポンサーサイト
健康食品のカラクリ
最近の健康食品には乱売が目につきます、テレビなどでは夜の放送はこれらのオンパレードでBSなどほとんどが健康食品は通販が主になっています、みているとついつい買わされそうになります。
それほど巧みに消費者の心理をつき、あの手この手を使って販売をしております、とくにサプリメント業界は滅茶苦茶な状態である、東京都の試買調査では8割以上の商品が表示・広告に問題ありとされた、と宝島別冊号に記載されていました。
言い換えるなら、それほど日本人は半病人が多いと言える訳で楽をして健康になりたいと考えているのではないだろうか、同調査によると151品目のうち129品目に虚偽・誇大表示の報告があり、販売店で購入した88品目のうち75品目、インターネットで購入した63品目のうち54品目に関して、JAS法、健康増進法、景品表示法のいずれかに違反、または疑いがあったと報告されている。
健康食品のCMには有名スポーツ選手や大御所俳優が、美容、ダイエット系には女優が起用され高額のギャラを払ってもメーカーは元がとれるのです、ほかにも企業はあの手この手を使い、消費者をいかに「信じ込ませるか」に全精力を賭けているのです、それがたとえ擬似製品でも効果が出る事があるからです。
皆さんも、この本を購入され真実を知る事をお薦めします。
健康は自分で作るもの、食事に気をつけ、適度な運動をしストレスを上手く解消する事が健康につながると思うのですが。
リーボックは何を考えているのだろう。
土曜日に埼玉の代理店様に応援にいきました、そこで、足に問題のある方からオーダーメイドインソールの効果と説明をさせていただき患者さんが納得をしたら注文をしていただきます。
70歳くらいの女性の方が来られ、まず、靴を見せていただく訳ですが、その方の持って来た靴はイージートーンでした、そしてその方はアメリカで訴訟問題があった事も知っていました、私には考えられない事なのですが、それでもその靴を使用している事です、これは人工的な災害の一つです、私は関係ないわよと、今回の津波もそうだったと思うのです、もっと注意をしていたならば沢山の被害者が出ずに済んだと思うのです、靴の件に関しては世の中で問題があり訴訟という事態が生じているのにも関わらず、いまだ使用している事、言い換えれば、日本人ほど足に関心の無い人種は先進国と呼ばれる国の中では最下位ではなかろうかと思います。
リーボックもいけません、まだ、販売をしていると聞きます、即時に販売を停止しメディアなどに謝罪や注意を促すべきでしょう、それは企業の最低限の責任をするという事です、われわれ治療家がどんな良い治療をしても靴によって悪化してしまいます、良い事は良い、悪い事は悪いと正義感を持ち警鐘して行く事も必要ではないでしょうか、私には関係ない事だからではなく、注意をする事も親切な事だと考えます。
頭痛の治し方
頭痛というものは厄介なものである、私自身も頭痛で苦労をした人間の一人でした、10代後半から始まり50歳くらいまでは頭痛との闘いでした、脳神経外科で脳波を取りドクターに先生、私の頭痛は治るのでしょうかと聞いた事があり、先生の答えは薬を飲んでいれば治ると言われました、医者なんて適当な人種だとその時に思いました。
答えが無いのです、こうだからこうでこの薬が効くんだと等、ちゃんとした説明がなければ患者さんは納得しないでしょう、案の定私の頭痛は何十年にも及びました、ある時は拍動的に下を向いた時に頭が割れるような痛み、また、ある時は痛みの為に意識が無くなってしまった事も一度ありました、20代30代40台は痛み止めの服用の毎日でした、思い起こせば私の頭痛の原因は何だったんだろう、幼稚園の頃に転んで自転車に首を撥ねられた記憶があります、それと中学の時にプールに飛び込みプールの底に頭を打った記憶もあります、それとハトを飼っていた時にハシゴが倒れてきてオデコを強く打った事もありました、また、私の兄貴がすぐ暴力を振るいすぐにパンチをいつももらっていました、ですから、振り返れば沢山首に傷害を受けていたと思われます。
頭痛というと素人の方々はすぐに脳に異常があると思うのです、しかし現実にもしも脳に異常があってそれが頭痛の原因だとしたら大変な事ですし、そんな状況は1パーセントもないでしょう、では、なぜ頭痛になるかというと殆どが頚椎の異常によるものです、アメリカではカイロプラクターという骨、関節を治す専門医が存在しますが残念な事に日本には100名ほどしか存在しません、その他では整体師という方々が活躍していますが特に規制が無い為に技術の差がかなりの程度であります、これは整体師に限らずどの業種でもある訳です。
整骨院でも技術のある先生もおりますが探す事は困難です、看板に書く事を禁止されているからです、首も身体の一部ですから身体の代償作用が首を悪くする事も考えられますが多くは怪我の後遺症が最も多いと思われます、本当に頭痛を治す事は難しく、言い換えれば治す事イコール良い先生、治療家と出会う事が出来るかでしょう、もう、運しかありません、私の場合は息子に、こうやってみてくれ、ああやってみてくれ等、自分で考えた事を息子に教え治った訳で、治すのには10年くらいかかっています、しかし、そのかいあって現在では90パーセント以上治ったと言えるでしょう、残りの10パーセントは疲れたり体調の悪い時だけ軽い頭痛がある程度です。
枕はあまり関係ありません、私の院でも頭痛の人は多く来院されますが多くは痛い時だけ来院し、治療を続ける人は少数です、まあ、みなさん仕事で忙しく来れないと思われますが性格もあります。
という訳で頭痛の90パーセントは頚椎の異常と考えて間違いありません、また、頚椎の悪い人は肩もカチカチに凝ってきますから肩から頭痛になると考えている人もいますが、間違いです反対なのです。
やはり良い先生を探すしかありません、薬では絶対に治りません、お大事に。
カスタムインソールの被害者
やはり私の予感は当たっていました、なぜカスタムインソール(オルソティック)が普及しないのか、日本人の文化や歴史などとトップランのホームページでは解説してきましたが、一番の弊害は本日も九州の代理店様からメールがあり以下メールを掲載します。
現在オルソティックの営業を休止している状態です。
良い物とは思っているのですが、自分たちが今まで扱ってきた商品とは
違う分野なので、中々勝手が違い、苦戦していました。
当初はデパートの外商で販売をしようかと沖縄から九州全域に営業をかけましたが、
すでに他社のインソール(10万円以上の物)を販売していて、その悪評のおかげで
この製品も同じような扱いを受け、担当者には全く取りつく島も無いといった状況でした。
そこで、販売方法を変え、今回は店頭ではなく、必要な方に直接紹介しながら販売して
いこうかと思っています。
デパートあたりで素人の店員がカスタムインソールを販売しようとしても絶対に無理なのです、ですから10万円も出して購入された方々はもう懲り懲りですから、新たにオルソティックのお話をしても聞く耳を持たないわけです、同一線上の商品ととらえられているのです、例えば軽自動車でも車です、ベンツも車です、果たして軽自動車に4人乗って高速道路を120kmで安心して走れるでしょうか、ベンツなら同じ事をしても何とも感じないでしょう、もちろん、両者を比較する事は乱暴な事ですが軽自動車はそれなりにしか作ってありません、ベンツはアウトバーンを200kmで巡航できる性能を持っています、不運にも粗悪なインソールを10万円も出して買わされた方々は高速道路で100kmでしか走れないのです、オルソティックは200kmで走るように設計されています、10万円で買った人はまるでサギにひっかかったようなものです、デパートにも責任があります、利益だけ貪り取れば良いという考えなのです、そんな事をしてるからデパート離れが起きているのです。
良いオルソティックを普及させる為にはサギまがいの商品をディフェンスするしかありません、私はこのブログでは悪質な商品名を公表する事を考えています、ホームページ上では問題がありますが個人的なブログで一人の意見ですから。
困ったものです、悪い製品を販売する事は振り込みサギと何ら変わりません、被害者が出るわけですから、トップランではもし足に合わない場合は全額で引き取りをしています。
私の日課(ルーティーン)
朝は毎日、7時30分に起床します、そして食パン1枚をトーストで焼いて、ブルーベリージャムをつけてたべます、その他ではミニトマト3個とチーズと一杯のコーヒーからスタートします、30分くらい新聞に目を通して8時半に家をでて仕事場に行きます。
12時半まで仕事をし、お昼は自宅に戻り簡単なお昼をとり30分仮眠をし2時半に仕事場に向かいます、そして午後七時まで仕事をし家に戻り、食事をし終わるのが8時半です、その後しばらくゆっくりとして、パソコンに目を通してメールの返事を書いたり、チェックをしますが、ここで2~3時間経ってしまいます、そして風呂に入り就寝というのが私のパーターンです、メールは1日に何回もチェックをします、その間、暇があるとスカパーで洋画を観ています、現在のおバカ番組は見る気もおきません、まったく下らなくてどうしようもありません。
グルメ番組なんかも嫌ですね人が食べているところを撮影していて、食べながらオイヒーと皆言うのです、行儀が悪いですね、もともと食事は厳正で神聖なものです、感謝をして頂くのがマナーではないでしょうか、僕はグルメでも美食家でも何でもありません、食事をいただけるだけでありがたく思っています、皆さんも食事をキチント取り、いわゆるエサは食べない方がいいでしょう、エサと食事の違いは何か考えてください。
そんな訳で、まるで真面目人間みたいに書いてありますが、私の住んでいる町いや村といった方がいいですが人口が1万人、食堂、レストランはありません、銀行もありません信号は8個だったのが2個増えて10個所になりました、遊びに行きたくても車で20分運転しなくてはなりませんので面倒ですから仕事場と家の往復だけになってしまっています、この町も同じ町長が長く町長をしていてキム・ジョンウィルみたいな感じになりつつあります。
フジフィルムシニアオープン
さて、明日からフジフィルムシニアオープンが千葉で開催されます、私は友利勝義プロを応援しております、というのも私と友利さんとのお付き合いは15年ほどになります、IMGジャパンの紹介で友利さんと名古屋のホテルでお会いしオルソティックの型取りをし、それからずっとお付き合いをしています。
友利は世界の友利だと坂本プロがよく言っていました、とにかく独特なスウィングから放たれるビシッと球が潰れるような音がするショットには驚かされます。
風が吹けば桶やが儲かるという諺がありますが風が吹けば友利が喜ぶ、その位低い球で風をものともしません、侍のようなプロゴルファーなのです、チャラチャラしたところは全くありません、他のゴルファーにも見習って欲しいと思います、友利さんにはずっとトップランのインソールを使っていただいております、その他の選手も大勢つかっていただいております、今日も友利さんと電話でお話しました、今回は帯同キャディーを連れてきていますので期待が出来るでしょう、土曜日に12チャンネル系で夕方放送があります、皆さん、見てください。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード