足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
06 | 2012/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

軽自動車税は安すぎる
まったくの個人的な意見です、税金というのは何と不公平なのでしょう、ある意味では民主党も自民党も変わりはありません、民主党が選挙の時に言った、高速道路無料化、揮発税、重量税の廃止とありましたが、何も変化がありません、個人的に考えると普通車の税金と軽自動車の自動車税に差がありすぎると思うのです。
昔の軽自動車は360ccしかなく機能も規格も現在の軽自動車よりも遥かに劣っていました、しかし現在の軽自動車は機能も規格も小型車と差異は少なく殆ど変りが無いといいきっても過言ではないでしょう。
我が家にも軽トラックがありますが、信じられいない程安すぎなのです、わずか数千円でしかありません、何か申し訳なく感じています。
しかし、大局的に物事を見た場合、これだけ日本経済が低迷下して税収が上って来ない訳ですから、軽自動車税を上げたら良いと考えるのは私だけでしょうか、1500cc以上は3万5千円をはらっているのに片方は7千2百円です、これって普通にかんがえたらおかしいでしょう、現在の軽自動車はターボという過給器がついている物もあり馬力はすごいものがあります。
少なくとも、普通車に乗っている者からみればバカバカしい話です、せめて現在の倍にしてもおかしくはありません、こんな事を言うと嫌われるかもしれません、もっと言えば車を持つ人と無い人では無い人の方が税金をはらっていない事になります、若者の車離れも解るような気がします。
まだまだ消費税を上げる前にやるべき事が沢山あります、ひとつひとつクリアーにしないで、今度は公共事業に200兆だ300兆なんて寝ぼけた事をいっている政治家にもあきあきしてきました、日本の政治を根本からリセットをする必要があります。
スポンサーサイト
まだまだやってるクロレラ
今日も、織り込みチラシでクロレラが入っていました、何でクロレラを飲んで脊椎管狭窄が治るんですか、こんな事は普通に考えれば解るでしょう、私はいつも言っていますWHY?WHY?WHY?疑問を持たなくてはいけません。
その他には、糖尿病、腰痛・坐骨神経痛、不眠症・前立腺肥大症、耳鳴り・自立神経失調症・動脈瘤、パーキンソン病、高血圧など匿名希望の適当に書いた治った例を宣伝に流用しています。
利口な人は、こんなものには引っかかりません、ただ病で悩んでいる方がたは当然と心も病んでいるので朗報に見えてしまうのでしょう。
何で、こういう物を取り締まる事ができないのでしょうか、それは巧みな話術により治るとは言っていないのです
体験談で交わしているだけです。
被害に遭われた方々は警察に相談をされた方がいいでしょう、それか優秀な弁護士に相談をするかです。
イワシの頭も信心からという諺がありますが、信じて効くと思う、プラシーボ(プラセボとも言う)現象で単なる思い込みにすぎません。
アムウェイ、ニューウェイズもマルチ商法で当局の捜査が入り業務停止を受けています、クロレラに捜査が入るのも時間の問題でしょう。
物事にはすべて原因がある
4月から成田に事務所、診療所を移転しましたが、今までは車で5分の通勤でしたので少し身体が大変かなと思いました、こんな事を言ったら電車で2時間もかけて通勤しているかたがたに申し訳ないですね、そんな中、往復1時間という時間の中でいろいろと考える事ができます、何で茨城県は交通事故死が全国の3番目なんだろと、人間は良いのですが、とにかくせっかちです、信号も黄色は進めです、脇道からの飛び出しも多くみられます、とにかく茨城県は危ないという事を頭に入れておいてください。
だいたい、事故の原因は急いでいる時に多くみられます、ですから通勤時間帯に多いのは当然なのです、ここで事故の原因が理解できたと思います。
さて、今度は痛みの問題です、痛みは身体からのサインです、どこかに異常があるよと警告している訳です、そんな場合、普通の人は医者に行くでしょうが解決できるでしょうか、解決できれば良いのですが。
先日も、可哀相にイジメにあい自殺された学生さんがいましたが、この後に及んで校長さんが言い訳をしていましたが、もっとすべき事があったと思われます、教育者も労働者になってしまいました。
医療の現場でも治療家ではなくサービス業になってきています、われわれも気をつけないといけません、患者さんは困ってくるのです、それを忘れてはいけません、患者さんも治すんだという強い気持ちを持つ事も大事です。
他力本願ではいけません、自分で良い先生を見つける事です。
追伸 今夜弊社の代理店、手もみハウスサプリさんに電話をした際、この間のオーダーされた方は小笠原からわざわざトップランのインソールを作りに来てくれたそうです、嬉しいですね、こういうニュースを聞くと。
B・・社インソールのクレーム
最近、弊社にお問い合わせが多くあります、それもB・・を使用している方々が2件とも北海道の人達なのです、これはどういう事なんでしょう、数年前に自費で数社のインソールを購入し足底面圧測定器で計測をした事がありました、被験者を3名にし条件を同じに設定し行いましたが、シダス社のブルー(確か7千円くらい)の物が合格点をつけられますが、他は箸にも棒にもかからない、極論を言えば、逆に悪くなるケースもあろうかという製品がありました、B・・社の製品はどこにコンセプトがあるのかまったく解りません、ペラペラなインソールに少し脚色を加えただけの物であり中国で製作するならば何十円の製品だと思われます。
しかし、素人は解りません、何が良くて何が悪いのかをです、そこがホームページの落とし穴なのです、テレビを見ればサプリのオンパレード、私でさえ騙されてしまいます、逆に言えば情報量が多すぎて困る訳です。
しかし、利口な人はちゃんと理解してくれます、俗に言う勉強が出来る事と頭が良いという事はまったく違う意味をもちます、勉強はできるのだけれどバカな人間、これらは多くの官僚に見られるタイプだと思います。
弊社の製品はニュージーランドのクライストチャーチで正真正銘製作される製品ですので市販品といえどもハンドメイドですので5千円前後はします、ですからどこかのメーカーみたいに中高の陸上選手にポンポンとあげる訳にはいきません、原価が高い訳ですから、安いインソールを探すのであれば100円ショップの方がよっぽど良い製品が揃っています、そんな訳で最近特にトラブルのお問い合わせが多く寄せられます、いつも言っています、自分の眼力を使い、悪い物には手を出さない、旨い話には乗らない事。
5千円の粗悪品インソールを10個買えば5万円をドブに捨てる訳です、それも身体を壊して、バカバカしい話だと私は思います。
足の無料診断に行ってきました
本当に日本人の考え方は理解できません、無料とか限定に弱いのです、金曜日に成田のボンベルタというショッピングモールがリニュアールしました、その時にチラシに足の無料診断会という広告が載っていて患者さんに教えてもらい自分でどんな事をしているのか調べにいきました。
何て事はありません、靴を販売したい訳です、大勢の人達が来ていて足底面圧機に乗って素人の店員が測定をし、素人の店員が靴を販売しており足の診断はまったくゼロでした、ただ、体重すがこことここに架っているとの事でこの靴が適しているなどと販売していました、ミズノが多くみられました、1足の価格単価は当然に高価格のものがほとんどです、さて肝心のインソールは店の片隅に置いてあり店員に聞いたところ、製品はシダスの市販品で3千円のもの4千円のもの、その他ではカスタムと称して亜熱を加えそれなりに足の形の合わせる製品が8千円で技術料が4千円で開店記念なので技術料は無料という謳い文句で販売していました。
驚いた事に当院に通院している患者さんも見にいったという事で素人の人が機械を操作したり販売をしていると感じたそうですので、私個人の意見だけではありません。
困ったものです、こんないい加減な仕事をされた日には、お客様がみんな騙されてしまいます、その程度の知識しか日本人は持ちあわせていないのです、自分に合うものなど見つかる訳がありません、これは、お客様が悪いのではなく販売する側の問題です、しっかりとした説明が出来ないのにアーチが合っているから良いとか、そんな問題ではありません、足は非常に難しく簡単にはいきません、私達が一番恐れているのは、その手の製品と同一線上に見られてしまうからです、私たちは日々努力をしどうしたら患者さんに一番良い方法を提供できるか考えています
私達はSTJ関節の動き、ショパール、リスフラン、MP1の動き方、外転、内転、底屈、背靴、内返し、外返し、それずれの関節の可動域を調べ、姿勢もチェックをし、ではどうしたら良いのか考えます。
子供や学生などは骨の成長が止まるまで、経費を抑える為にできるだけ市販品で補い、どうしても処方箋で製作されるカスタムインソールを必要な場合は説明をして必要性を理解していただき納得された場合のみオルソティック(矯正用のカスタムインソール)を薦めるようにしています。
とにかく、ただほど高い物は無いと昔から言われていますが、振り込めサギと同じで騙されないよにしないといけません、Why?Why?Why?
いつも、そう考えましょう。なんでこの靴がいいの、どうしていいの、効果はあるのと。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード