FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
10 | 2012/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

失敗談
いつも固い話でつまらないと思います、たまには私の失敗談もお伝えします、最近の患者さんの事ですが、腰・仙腸関節。頸部がリジットの(固い)患者さんで年齢は50歳くらいの女性です、11月の通院数が3回だけなのです、私は初診の際に週2回は最低通院しないと治りませんよとお話をしました。
しかし、実際には通院をしなかったので、私は気まぐれで通院しても治らないから治療は止めましょうと26日に伝えました、実際に月に1回や2回の通院では治りませんし、治療費を支払う保険者が癒し系と取りますので、特に支払いのタイトな独立健康保険組合などの保険者は癒し系とみなし施療費を支払いません、JALなどは際たるもので国の税金の恩恵を受け我々の税金も投入されているにのも関わらず支払いがシブイのです。しかし本日その患者さんが謝りに来たのです、先生が保健の請求が出来ないと困るので現金を持ってきました、頂く積りが無いので中身はいくら入っているか解りません、私は受け取る事はお断りしました、お金の為だけに仕事をしている訳ではありません。
ただ、その患者さんが言う事にはお母様が病気で通院が出来なかったというのです、本当にその患者さんには申し訳ない事を言ってしまったと反省しております。
本来であれば、これこれの事情で通院が出来ないので先生も理解して下さいと電話1本していただければ何も言う事がなかっのですが本当に申し訳ない事をしたと反省しています、しかし、世の中にはこんな良い人もいるんだという事、嬉しい限りです。
考え方の違いで気分で通院する人、本当に治したいと信じて通院されている方、痛い時だけ通院して大騒ぎをする患者さん沢山のタイプの患者さんがおります。
私達治療家は(お金儲けしか考えない治療家が多い)患者さんの事を考え、初診の時にどのくらいの頻度で通院したらベストかプランを練り患者さんに伝え共に治して行こうと考えます。
やはり、ここでも日本人の勤勉さ(悪く言えばワーカホリック)治す姿勢の問題があります、地域性の問題もあると考えます、治す時には治し完全に職場復帰をした方が良いと考えますが、そこは個人の考え方の違いで仕方がありません。




スポンサーサイト


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード