FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
01 | 2014/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

外反母趾なんて簡単な事
最近、ネットで調べて弊社に連絡をして来られた方がおります、65歳くらいの女性の方ですが、本日ニュージーランドから製品が届きお渡ししました。
実は私も外反母趾の経験者ですので痛みや辛さは知っております、外反母趾に関しては限りなく多くのグッズが氾濫しています、指と指の間にゴム状の物を挟むもの、サポーター、テーピング、靴下や外反母趾用の靴などです、どうでしょうか効果があったでしょうか、無駄使いの何物でもありません、ただ患部に力がかからないようにしているだけのもので外せば同じですし、何と大袈裟なものも沢山あります、愚の骨頂はテーピングです、そんなもの毎日毎日交換している暇がありますか、費用も出費もかさみます、こんな無駄をしている人の気がしれません。
MTP関節に無理がかかる足を無理がかからないようにしてあげるだけです、それにはMTP関節にとどまらず足全体を観察する必要があります、どうしてそこに力のモーメントがかかるのか、一番確実で安全な方法は矯正用インソールを使うだけで痛みから解放されます、単純なことなのです、運が悪いから治せる人に巡り逢う事ができない。
マユツバの製品に騙され、懲りてしまう訳です、懲りた方々は良い物があると話してもそう簡単には気持ちの整理ができません、また同じだろうと考えます。
良いエンと巡り逢う事、エンが重要ですドルでは駄目なのです(ダジャレです)ご自分でもアンテナを張り選択眼を持たないといけません、世の中悪いものの方が多いでしょう。
この方の画像を掲載いたします、今後の経過を3ケ月6ケ月と変化の推移を観察してみたいと考えております。
2 007
昨日来院された患者さんで近所の大学の陸上部の学生さんですが足底筋膜炎でした、足の構造を説明し5千円で購入したインソールを見せてもらいました、何とゴミですこんなものを販売しているのかと驚愕という言葉がピタッとくる製品いや製品とはほど遠い代物でした、それが監督の知り合いのスポーツ屋が来て販売しているそうです、もう嘆かわしくて言葉もありません、学生が可哀相に思えました。
スポンサーサイト
こんな人はゴルフをしてはいけません
本当に久しぶりに23日は月例コンペに参加をしました、いつもは同じ仲間でプレイしていますが一人が都合で欠場したので、一人我々のパーティーに参加をしました。ハンディーーが11という事でしたが、プレイの行動の遅い事、困惑しました、我々の仲間も呆れて、その方とは一言も会話をしませんでした、それまで私は、その彼の行動を見ていたのですがキャディーさんに、何番クラブくれる?何回も言うのです、くれるなんて人にお願いする言葉ではないでしょう、キャディーさん、何番クラブお願いします、これが紳士の言う言葉でしょう、また、キャディーさんが他の仕事で彼の言葉を聞き取れなかった時があり、また、彼がキャディーさんあんた耳悪いのなんていったのです。
私達は何の不便もなくキャディーさんとは普通にしていました、なかなか良いキャディーさんだと思っていました、16番ホールで自分でバックからドライバーを抜いて打つ順番を待っている時に、あれこれ俺のクラブじゃねえよ、そしてキャディーに皆の前でどなりました「ちゃんと仕事をしろ、ふざけてんじゃないよ」なんて大の大人がどなりちらしました
そのごの彼は、ショットが乱れ自滅しました、何か自分が上手く行かないと人の性にする人なんだと思いました。
まあ、これが20代30代の若い人であれば仕方がないかもしれませんが、65歳を過ぎたいい大人がみっともない話です、こんな人とは二度とゴルフをしたいとは思いませんし、誠に恥ずかしい話です、私はキャディーさんが可哀相に思い、あんなバカは相手にしなくていいよ、あんなお客もいるんだねと慰めの言葉をかけてあげました、我々の仲間でゴルフをする場合は1打目を打ったら、2打目の地点に向かう際は自分で次に使用する想定のクラブをバックから抜いて、2打目地点にいきますですので、キャディーさん何番クラブくれる?なんて事は絶対にないのです、そして彼は我々の分からない所でゴルフナビで計測をしていました、最低の最低のゴルファーでした、ゴルフが紳士のスポーツといわれるていますが、どうなんでしょうか・・・・・
しかし、23日は天気も曇りでそれほど寒くもなくゴルフができるだけ幸せだね、なんて仲間同士で話ていました、ゴルフができるだけで幸せです。
ランガーインソール
この度、ホームページの市販品インソールに新たにランガー社の市販インソールを追加しました、この製品は自分でもテストをし納得が出来たので販売をするようにいたしました。
市販品といえども矯正能力を備えてあり最初に足を入れた段階でも違和感を感じます、違和感があるという事は矯正力があるという事です、逆に矯正力が無い場合は違和感を感じないものです。
やはり慣れるまで1週間ほど日数を必要としました、1週間後にあまり違和感を感じなくなります。
市販品といってもあなどれない逸品だと感じました、もちろんフォームソティックも素晴らしい製品ですが、少し会社の目的が違うというかコンセプトの違いだと感じます。
どちらも良い製品だという事は間違いありません、用途によって使い分けるほうが良いでしょう。
http://www.top-run.jp
長い間お問い合わせのフォームが未完成でしたが、今回サーバーの移管により以前より確実に弊社に届くようになりましたので、ご質問がございましたら、お問い合わせください。
ランガー社のオルソティック・サンダル
今回は、イギリス・ランガー社のプロデュースするオルソティック組み込み型のサンダルをご紹介いたします。普段オルソティックを使用しているが室内で履くものが欲しいという代理店様の希望があり探してみました。形はバウンス、フロウ、ポップ、スプリングの4種類ご用意いたしました。プリファーブ・インソールが組み込んであるので、外履きとしても問題なく使用できる逸品だと思います、ドイツ形式にあるコルクの厚いインソールとは違い軽くスマートに仕上げてあります、価格はイギリス価格が60ポンドですので日本価格は1万200円となります、数に限りがありますのでご希望の方はトップランのホームページからお問い合わせに入りお申し込みください、送料は関東圏内は500円、関西は600円、代引き手数料が315円かかります。
なお、バウンスは2013年モデルですので、このデザインの製品は在庫限りとなります、その他のモデルにおいては若干のデザイン変更がございますが、2014年モデルについては少し価格が高くなります。
PS 足の長さと幅の問題ですが、長さをレングスと呼びます、幅はウィッズと呼びます、ウイズと呼ぶのは日本語になってしまいます、長さと幅は大体同じ長さになりますが、長さより極端に幅が広い人は4Eとかを選択すべきでしょう、
ご自分で、長さと幅を把握しておいた方がよいでしょう、大抵の日本人は幅で選びますので、どうしても比較的に大きな靴を買う傾向にあります、これは大事なポイントですので覚えてください。
bounce.jpg
flow.jpg
pop.jpg
spring.jpg

ランガープリファーブ・インソール
先日のブログでお話したランガー社のプリファーブをご紹介いたします、バイオアドバンスという製品で私もテストをした結果、特に問題がなかった事で来週からトップランで発売いたします。
この製品はとてもユニークであり広範囲な需要に対応すべくいろいろな工夫が見られます、硬さは3種類あり、柔らかめ、中くらい、ハードとあります、長さは先までのフルレングスと3/4タイプ、別名サルカスの2タイプとなります。
その他にはカジュアル用、パンプス用と多種類で対応しておます、まだ正確な翻訳をしてありませんが原文のまま掲載いたします、価格はイギリスで45ポンドで販売されていますので1ポンド170円で計算すると概ねの販売価格が分かります、日本でもイギリスと価格帯を同じに販売する予定でおります。
ランガー1
ランガー2
ランガp-3
ランガー4

遠くからありがとうございます。
少し暖かな日が続いたと思ったら今日の雪です、もう少し春は先になるのでしょうか、スキーヤーにとっては良い事です、私もクレイジーなほどのスキーヤーなのですが今シーズンはまだスキーをしていません、移転などビックイベントがありましたので今は我慢をしています。
さて、昨年末から広島一人、大阪三人、名古屋一人、静岡一人、神奈川二人、新潟一人、今年になって北海道二人、大阪一人、東京の方は近いのでカウントしていませんが、皆さん、遠路よりわざわざ訪ねていただいており、この仕事を続けていて良かったとつくづく思います、人様が喜んでいただける事です、明日も大阪から来られます、土曜日は東京から来られます。
現在のトップランでは息子がニュージーランドのポダイアトリストとして手伝ってくれていますので私はあまりタッチしていません、オーストラリアの病院の勤務が決まるまで手伝いをしております。
そして、誇れる事はまったくクレームがない事、これはオルソティックを渡して終わりではなく、渡した時から始まります、何回も連絡をして顧客様の状態を把握していないといけません。
間違った使い方をしていないか、靴は大丈夫か、使い始めの注意など、お伝えすることが沢山あります。
私は毎日、違うオルソティックをテストします、明日はどこのメーカーにしようかと、最近ではトロントとロンドンの製品をテストしています、同じに足型を取り製作されたオルソティックでも会社によって違うものなのです。
もちろん、駄目な物もあるのです、どうしてそんな事をするか、それはお客様、患者さんのリクエストに一発で合う良い製品を提供する事が重要であるからです、もし、一人の顧客様で失敗したなら、百人の顧客を失うでしょう、それほど難しいという事なのです、結果を出さなければなりません、使っても何の変化も無いという事であれば人助けではなくなります、そんな風に考えております、次のブログではランガー社の市販品をご紹介いたします。
スニーカー向け、カジュアル向け、パンプス向けなど各種ラインナップを揃えてあります、期待してお待ちください。
今現在は午後11時30分ですが、これからロンドンの会社とスカイプで商談をいたします、いつもこんな生活パターンで生活をしております。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード