FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
07 | 2014/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ポダイアトリスト(足医師)
昨日、私の息子ですが成田からオーストラリアに旅立ちました、ニュージーランドのAUTという大学のバイオメカニクス科を卒業をしポダイアトリストの資格を取りました(日本人では一人だけ)就労ビザ取得に時間がかかり、これは本当に大変な労力を使ったようです、メディカルチェック、日本の警察の犯罪歴、英会話のテストなどがあります。
学生の留学とは違い大変だったようです、そして今週の土曜日から病院で足医師として勤務することになりました、何でも本人曰く日本の東大と同じくらいにAUTという大学は難しいという事です、これから息子の活躍が楽しみと同時に足医学を広めなくてはと気持ちが引き締まる思いです。
ニュージーランドAUT大学
s-2010_0324_065354-CIMG0745.jpg
PS数日前に栃木県のO接骨院の某整復師から電話があり、あのー私の処方箋インソールをもう1足欲しいのですがという問い合わせがありました、彼は今年の2月頃トップランまでお越しいただいたきトップランでは最初に代理店になるには先生用の処方箋インソールをドクター価格として手数料ゼロでお渡しをしてご自分で使ってみてご理解いただけたなら代理店になっていただくという制度があります、足型の取り方など一連の説明を3時間ほどかけてしたのですが、しかしこの整復師は人の話を理解できない人でした。
グーグルでポダイアトリストと検索してみればわかります、この方はポダイアトリストの事はまったく理解できていない人です、そしてそれらの事柄のウンチクをホームページに掲載してあります。
このような事は日常茶飯事にある事です、素人の方はHPをみたくらいではわかりません、気をつけてください。
スポンサーサイト
スキー・インソールのレポート最新版

川股様



本日、岐阜県のサマースキーゲレンデにて先日作成いただいたインソールにて滑走してまいりました。

本当に作ってよかったのと滑りが全く変わってしまいました。最高です。

一体これまでインソールにいろいろ費やしてきたのは何だったんでしょうね(笑)

夏のゲレンデは冬と違い、アイスバーン状態に近いので、前後左右のバランスが非常にシビアになります。

インソール補正前は、右ターンがどうしても上手く乗れず、左右差をなくそうという思いもあり、左ターンへの展開時にもだんだんタイムラグが生じてしまう上、状況によって大変不安定になることが多かったです。

ニュートラルから谷回りへ移行の際、足裏だけのフラット(世の中のインソール補正の限界ですね)と骨格全体でのフラットをどうするのか上手く処理できず、結果板への働きかけが上手く行かないという悪循環だったと思います。
Orthotic Insole使用後は、身体の骨格全体でスキー板に対しての正しいニュートラルポジションがなされていることから、スキーに対する体軸バランスがきっちりとれて余分な動きをしなくても常にスキーへの働きかけができています。

左右差もタイムラグもありませんので、常に外足への圧と前へ走らせる動作がきっちりできるようになりました。
僕がよくやるバリエーショントレーニングの映像も参考までに載せておきました。これは内足をトップを下げてかかとをあげ、外足にきっちり乗った状態でターン運動を生起させる練習ですが、これも左右差なく軸もしっかりできて

確実に両ターンの運動ができていると思います。

今回は滑走後も、膝の痛みもなく、これで長くスキーができそうです。

ただ、いままでとボディバランスが変わったせいか、大して滑ってないのですが、少々疲れました。

普段履き用のインソールもおねがいしまししたので、日常から慣していくことが大事ですね。

取り急ぎご報告をと思い、メールさせていただきました。

映像はYouTubeに公開させていただきましたので、下記リンクをクリックしていただければご覧いただけます。

これで、さらに上を目指すための土俵に乗れたと思いますので、更に頑張って練習していきます。

今から冬がすごく楽しみです。

どうもありがとうございました。僕の周囲でもインソールを処方してもらいたいという声が出始めています。

いいことだと思います。


インソール補正前(7月のデモキャンプにて)
http://youtu.be/L_zTNq8bNx8

処方箋インソール使用後①
http://youtu.be/cgUycmkA4ec

インソールの補正 有無での比較(上記の2動画)
http://youtu.be/fyxThn_-q88

処方インソール使用後② バリエーショントレーニング
http://youtu.be/HKAvjbczuF0
以上、大変に嬉しい報告をいただきました、ただ、このくらいレベルでないとスキーインソールの良し悪しは理解できないと思います。

熊田
次のメールです、熊田さんにブログで使用しても良いか伺いました、そのお返事です。
こんばんは。実名でも匿名でもいいですよ。
YouTubeのビデオたどれば、僕であることはわかっちゃいますので。

しかし本当にビックリしました!

一緒に行って下さった方も「処方箋インソール!恐るべし。凄すぎる!」って言ってましたよ。

とはいえ、まだインソールに慣れない分、前後バランスがぶれちゃってますので、中々いつも習っているデモのようにはいきませんが、一流アスリートがなぜあんなに早く切り替えせたりできるのか、妙に納得してしまいました。もうちょっと上手に滑れるとよかったんですけど、サマーゲレンデはスピードでないので、特にバリエーションのような練習はとても難しいです。

本当に冬が楽しみですが、岐阜ではあと2ケ月経てば人工雪ゲレンデが11/1からオープンするので、もう少し夏ゲレンデで練習しようかと思ってます。

こちらのメンバーもお正月の戸隠でお話を伺いたいと言ってる者もいますし、中々東京行けないけど、川股さんがよければ、戸隠でインソール作成の型取と診断希望したい者もいます。ただしそれは個別に直接相談してくださいと申し上げて起きました。

いづれメールで相談いきました折にはよろしくお願いします。

しかしいきなり変わるものですね。綺麗に見た目も滑ってる感覚も左右均等になりましたから。妙に身体中の筋肉が疲れました。

どうぞよろしくお願いします。本当にありがとうございました!

処方箋インソール・最新レポート
お盆休みも後2日です、私はのんびり何もせず家でDVDを見ています、お二人のレポートが入りましたので肉声でお伝えします、一人は2年処方箋インソールを使用しているスキー指導員ですがトップカバーを張替えました、そしてもう一人は自転車用とスキー用を製作しました、感想を読んでください。
8月14日 (2 日前)
川股 様

本日、振り込みを致しましたのでご確認をお願いします。

プラスノーゲレンデに関しては、北海道よりも本州の方が充実しており羨ましい限りです。

ある程度の技術レベルに達したスキーヤーは、シダス等のインソールを試す人が多いので

インソールへの理解度は一般の人よりも高いと思います。

もっとも、多くはシダス辺りのインソールを「最高の物」と誤解しておりますので、熱心なスキーヤー

からオルソティックインソールの凄さが広がれば、自ずと本物が普及すると思います。

スキーブーツの方はまだ届いていませんが、新しいブーツとインソールで素晴らしいシーズンが

迎えられることが楽しみで仕方ない気持ちです。 


                                                  名前 個人情報ですので匿名します
川股様
お世話になります。

本日、自転車用のインソールで50キロほど走りました。
初めの頃は、拇指球に違和感がありました。少し出っ張ってるような感覚です。
もちろんインソールを触っても出っ張っていません。
どうも今までの癖で拇指球で踏んでいるようです。
大袈裟に言うと指が反り上がるぐらい拇指球を押し出してました。
そのことに気が付いてからは、力を抜いてフラットに踏むようにしました。
それからは、ペダルとの一体感が本当に素晴らしかったです。
どうも、今までは靴の中でペダルをつかむ様な動作をしていましたが、
このインソールに変えると自然にペダルとの一体感が感じられます。

期待以上のフィーリングで非常に気に入りました。
医療用インソールと聞くと矯正する感じが強い物だと思っていましたが、
今回使ってみて、優しく正しいポジションに導いてくれる物でした。
今まで使ってきたインソールは、矯正と言うよりも強制される感じの強い物ばかりでした。
ある意味、矯正感はまったく無く、肩透かしを食らう感じはありましたが、
この一体感は本当に素晴らしく、今後のパフォーマンスアップは間違いないでしょう。

スキー用も期待出来ますね。
スキーとの一体感を想像しただけで笑みがこぼれてしまいます。
スキー用を試したら、またメールいたします。

ありがとうございました。
では。

14日に届いたレポートです、しかもまだ1日しか使用していません、私達は良い処方箋インソールを提供させていただいて
おりますが、競技の場合の方が一般の方が使用するよりもシビアな反応や感覚がより早く理解できるのです、それはタイムであったり身体の使い方が変化したりなど、矯正具により正しい身体の使い方が出来るようになります。
もう一人は岐阜からわざわざインソールを取りに来られたかたが岐阜の夏スキーゲレンデでテスト滑走をしますので、それも楽しみに待っております。
さて、私はあと2日間身体を休めて18日から、また頑張って仕事をします、皆さんもゆっくりして楽しんでください。



処方箋インソールの注文
先日BSを見ていたら杉浦輝雄さんの事を放映していました、私も昔プロサービスをしている時にレストランで杉原プロにお会いした時にものすごいオーラを感じました、この人は偉大な人でした、杉原家の家訓には暑い寒いと言うなという事でした、ものすごく自分に厳しい人なんだと思います、だから、マムシの杉原などと呼ばれ同じプロゴルファー達から恐れられていたのです。
そんな訳ですので、私も暑くても暑いとあまり言わないようにしております。
さて最近の事ですが多くの方々が遠くからトップランに処方箋インソールを注文しにお越しになられています、8日は大坂の人、土曜日は神奈川、11日は広島から、今日は埼玉から、また昨日インソールが外国から届いたのですが岐阜の方でしたので連絡しましたら今日、岐阜から取りに来られました、この方はスキーキチガイの方で私も長野に居た時にはスキーキチガイでしたのでこの方の気持ちは嫌というほど理解できます、スキーを遊びでしている方には解かりません、先週と今週は処方箋インソールの関係でバタナタしていました。
今日、お越しになられた方は、何で日本で製作できないのか不思議に思っており、何度もその質問をされました、実は処方箋インソールの製作依頼をする方々の質問でこの件が一番多く質問されるのです、マガイ物は多く存在しますが本物を外国に注文発注する会社は弊社を入れ2社しか日本に存在しません、そして弊社がその処方箋インソールを輸入した草分けの会社となります、初めて輸入したと言っても過言ではないでしょう、大昔に仙台の医療材料屋さんがアメリカのランガー社の製品を販売していましたが、販売方と足型の取り方の説明が無かったので消滅してしまいました。
何はともあれ広島からお越しになった方は、値段が安いと言うのです、一つの製品を製作するには診断、足の検査、足の形取り、これらを梱包して外国の工場に届き、1週間かかり製作され又、航空便で日本に届き通関手続きをされトップランに届きます、これらの事を理解しているから、その対価にたして安いと思われたのでしょう、このような事を言われますと嬉しくなります、また、
ブログと実際の人物ではかなり違い本物は優しいとまで言われてしまいました、どうしても言葉を文字に置き換える作業では言調が強くなります、この点は反省しなくてはいけないと感じました。
だんだんと処方箋が普及され日本でも、足の問題イコール処方箋インソールとなれば良いと望んでおります。昨日、本物の整形外科の先生からご質問があり弊社の提供する製品に興味があるので資料を送ってくださいと依頼がありました、中には、この先生のように本物を追及する先生もいるのです、嬉しくなりました。
[READ MORE...]
快速歩行は止めましょう
前々から気になっていたのですが、快速歩行なんて靴は履かないほうがよいでしょう、靴は踵のホールド、甲の押さえ、アウターソールのトルク、親指の付け根の部分の曲がり具合、など押さえておきたいポイントがありますが、この靴は単に軽さと履き易すさだけを追求した、介護を受ける方々には良いでしょうが一般の人が履いたらいけない靴です。
靴屋さんでもお客さんが、これを欲しいといえばお金になりますから販売をしてしまいます、そうではなくて靴屋さんが、この靴は介護を受けている人には良いけれど普通は履いてはいけませんと、注意をしなければいけません。
カカトはグラグラ、腰がまったくない、誠に不安定この上な靴です、私の場合は患者さんが履いていたら注意をしています。
製品のわりには非常に値段が高くしてあり、メーカーの良心を計る事ができます、靴の重要性を説明していかなくてはいけません、何の製品も同じですが商品の提供する側に問題があるのです、値段が良いから良いという事はありません、トップランではアシックスの3900円の靴が一番多く出ます、値段ではないのです、安くても良い物は沢山あります。
アサヒさんも頑張ってはいますが、もう少しよい靴を考えてはいただけないでしょうか。
お年寄りのほとんどが靴は軽い方が良いと勘違いをしているようです、軽いイコール良い靴ではないのです。
無題

カイロプラクティックの神様、山根悟先生
驚きました、大昔に山根 悟 先生のセミナーを何回か受講した経緯があり常日頃より尊敬をしている先生から突然にお電話があったのです。
先生元気にしてますかと、内容はサボナブレスレットの事を教えてくださいとの事でした、何が嬉しかったといいますと、やはり治そうという気持ちの強い先生は良いものを知っているのです、その貪欲な向学心が嬉しいのです、言うまでもなくカイロプラクティックはアメリカでは立派な医師資格なのです。しかし日本では医師会の力により、お椀の淵を削られる事を嫌がる訳でそれがTPPを猛烈に反対している際たる組織が日本医師会なのです、山根先生クラスになりますとプロゴルフ界や各スポーツ界でも有名な先生です、そのくらいすごい先生なのです、山根先生が川股先生が東京に来たときには又お会いしましょうという事で電話は終わりましたが、とにかくビックリしてしまいました。
アシックスの英断
前々回のブログにおいてアシックスのオルソティックについて掲載いたしました、今日アシックスの代表の方が二人弊社にお越しになり、誤解を招くオルソティックという文言をアシックスでは今後一切使用しない旨を伝えに来られました。
アシックスの直営店が40店舗ほどあり、全部の店でオルソティックという文字は使用しないと明言しました。
今回のアシックスさんの対応はとても迅速であり、さすが世界のアシックスは違うなと感じさせられました、素晴らしい事です、みずから襟を正し、非を認めることはなかなか出来る事ではありません、8月1日の猛暑のなか、わざわざご挨拶に来た訳です頭が下がります、そこまでしなくてもと私も少し強い態度にでた事がまずかったかなとも思いました、アシックスは靴が素晴らしい、世界のアシックスです、これからも良い靴を製作していただき人々のお役に立っていただきたいと願います。
PS アシックスの直営店では今後も手を加えるインソールを販売いくのですかと質問させていただきました、ペラペラのインソールに裏側にパッドを数種類貼り付けるものですが、足を勉強していない店員がマニュアル通りに行い、それによって足が余計に悪化する事があるのでしない方が良いのではと提案しましたが、今までの販売の展開方法を180度変換しなくてはなりませんから、この点については回答がなく今後も継続するとの事です、ただオルソティックというロゴを使用しないとの事で販売プロセスは今までと何ら変化がないと思います。
また。アシックスで薦めてきたアムフィットの件では、そうですね最近見かけませんね、という事で何か他人事のように考えておられました、ここは、残念な点です、まだ日本中を歩けばアムフィットを販売している店舗もあるのです。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード