足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
09 | 2014/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

本物と偽者を見分ける力
s-山内 006
「人生は何とかなる」というタイトルの本から抜粋しました、面白いことが書いてあったのでご紹介します。
{デイブ・トーマス}ウェンディーズ創業者1932-2002
デイブ・ト-マスが、まだインディアナ州のレストランの料理長を務めていた頃の話です。ある日、レストランの外に大きな車が停まり、年配の男性が降りてきました。その男性はカーネル・サンダースで、彼は彼は「チキンをおいしく食べる秘密のレシピを持っているから厨房で調理したい」と申しでました。当時、このカーネルの申し出は断られることも多かったのですが、トーマスは快く応じます。そして、作られたチキンを食べた彼は「指までなめたくなるほどおいしい」と感動し、すぐにオーナーに働きかけました。その結果、オーナーはカーネルの倒産寸前のレスタランチェーンを買収し、経営の建て直しを任されたト-マスは、今やケンタッキーでおなじみとなった赤と白のバケツ型容器を導入したのです。こうしてケンタッキーは持ち直し、トーマスは100万ドルという大金を手にしました。そして、数年後・・・・・トーマスはその資金を元手に「ウェンディーズ」を創業したのです。本物を見極める目が、人生を大きく好転させることがあります。
偉人たちの名言
人はしばしば偽者の方を称賛し、本物をあざける。「アイソーボス」
時代を上手に生きるポイントは、本物と付き合うこと「松下幸之助」
あまりにもインソール界は偽者が多く困っています、どうか本物を見つけてください。
スポンサーサイト
良いインソールの見つけ方
今日は、はたして自分が痛みや足のトラブルで困っている時にはどうするか考えてみました。


普通の人は痛みが発症すると整形外科に行きます、そこで先生がX線を取り、異常がない場合は湿布を出され、痛み止めを出され様子を見てください、というのがごく普通の流れでしょう、しかし、患者さんは痛みで困っている訳ですから、ではどうしたらよいか解らなくなってしまい、結局我慢するしか方法がありません。
そこで理性のある医師に出会えれば、こういう方法もありますとアドバイスをもらえるかもしれませんが、ほとんど皆無です。
私の場合はスキーの操作に疑念を持っていたので特に痛みはありませんでしたが、20代の頃にギックリ腰を負傷し、そのまま何十年も左腰に張りを感じていました、今はもちろんどこも悪くはありません、どうしても左ターンが流れる事を準指導員時代から解消しようと技術の事ばかり考えていましたがインソールを入れた時点で解決しました。
また、脇道にそれました、私の欠点です、インソールに興味を持つ人はスキーヤーを除いて、外反母趾やタコや魚の目、膝痛、オウ脚、X脚や踵の痛みで困っている場合だと思います。
では手始めに通販やデパートの健康器具売り場でとりあえず買って試してみようと考えます、しかし一向に回復の兆しがみえないので、今度はスポーツ屋さんに行ったり、サイトを探したりすると考えます。
さて、ここで注意点です、何を基準に選択しますか、値段、サイトの見栄え、謳い文句、素人ならば判別は難しいでしょう、私は以前のブログでも書きましたが、ほとんどのサイトではオーダーメイド・インソール、カスタム・インソールと書いてあります、
これらは全部疑ってください、カスタムは既製のインソールを少しでも手を加えると何と既製品がカスタム・インソールに化けてしまう訳です、ではオーダーメイド・インソールはどうでしょう、先述のカスタムと大差ありません同じようなものです。
そのような理由からTop-Runでは処方箋インソールと呼称し分類をしたのです、処方箋インソールは日本では制作ができません、そもそも外国の工場では注文が足医師からしか来ませんので普通のインソールは制作していないのです。
足型をニュートラルで取り、正しい処方箋の指示に従い、一枚の板(ポリプロピレン、カーボン、EVAなど)から、ポジティブの足型を制作しそこから世界で一つしかない自分専用の処方箋インソールが手作りで制作されます。
見分け方は足型をどう取っているか、全体重を乗せるなんて書いてあるサイトもよく見かけますが、まったくの素人です、あくまでも処方箋インソールはオルティック[矯正具)と呼ばれ矯正する能力を持っています、ここも見分け方のポイントとなります、それと外国のどこの工場で制作しているか記載のないものも×です、また価格が異常に高いものも危険です、間違っても着物の展示会やデパート、スポーツジムなどでは買わない事です、もしかしたら店舗も事務所もない何てことも在り得るのです、買いやすい値段は1万円~2万円の価格帯ですが、合わない場合は身体を悪くする事もあるのです。
ポイントです
1)足型がきちんとニュートラルで取っているか
2)十分な説明ができているか(メーカーのマニュアル通りに話している場合は注意)
3)靴とインソールを抱き合わせで販売しているものは×
4)どこの外国のラボで制作しているか
5)価格帯はどうか、法外なものは×、外国では医師の診断も入り500ドルくらいが相場、診断料は1万円くらい
6)なんでも治るとかいうところも×、治らない場合もある
7)デパートの展示会、着物の展示会、スポーツジムなど素人の開催するイベントでは絶対買わない事、
8)整形外科の足底板は絶対に×、理由は私のブログに記載してあります。
9)整骨院、接骨院も駄目です、ほとんどが大手のインソールメーカーのもので、ハーフメイド製品、
トップラングループでは、汎用品インソールはニュージーランド製品で矯正具を販売しております。
123.jpg
この画像はトロントの足医師が足型をスキャナーで撮っている場面
153.jpg
この画像は距骨下関節をニュートラにしてポスティングをした足型です、半加重です全加重では意味がありません。
岐阜県スキー連盟の熊田さんがTop-Runの紹介ビデオを製作していただきました。
https://www.youtube.com/watch?v=oZidMVCq8Ro&feature=youtu.be&list=UUJRynYkHBg6dlGVs_sx6mMQ
s-021.jpg
これがPP(ポリプロピレン)というプラスティックの一部で処方箋インソールの元です、裁断されバキュームで足型に合わせ、研磨、研磨をし各種素材を張りつけ製品が完成します。
外反母趾の真実
またまた、神奈川の何も知らない整復師が外反母趾は筋肉が弱ってなると謳っています、この人は整復師でありますが私は商売人だと思っておりますから、相手にもしません、ただ自分の知らない事で世間を騒がす事はあまり関心しません、恥ずかしい限りです。
やはり一昔前に何何式外反母趾防止テーピングと騒ぎたて、多くの整復師にダイレクトメールなどを送りつけ自らテーピングでセミナーを開催しかなりお金を儲けました、外反母趾は治ると言いました、その頃は整復師も足を知らない人が多くいて、皆騙されてしまったのです、ところが、どうでしょう今はまったくその話すら出て来なくなりました。
とにかく、この人は商売人で話題性を作る事に長けているようです、そして何も知らないテレビ局が踊らされ、今度は浮き指などと騒がしています、TV局も別に精査もせず、話題性だけで放映するものですから世間の人はTVでやったからと刷り込みをされてしまいます。
TVで放映された事が事実だと考えないでください、皆さんも、もう忘れていますが納豆事件もそうでした。
さて、本題にはいりますが、外反母趾はポダイアトリストの見解では、治し方が筋肉はあまり関係ないと考えております、足には52個の骨と214の靭帯ありますが、外反母趾を治すには消去法を用います、まずダイナミックでの足の動きはどうか、スタティックでの関節の動きはどうか、足の後足部、中足部、前足部の関節の動きはどうか、さまざまな検査をします、もちろん、ポダイアトリストもテーピングを使用する事もありますが、テープが足医師専用のもので日本では手にはいりません、しかし、テーピングは一過性のもので治す事はできません、防止するだけです、ではどうしたら治るのか、これは処方箋インソールがベストだと考えるべきでしょう、足を矯正する事でMP1関節に無理な加重をさせなくします、その他の原因としては遺伝によるものもあります、しかし、治らないという事はありません、専門家に診てもらい正しい処方箋インソールを使う事です。
簡単です。
下の患者さんは外反母趾歴30年以上もある方で今年の2月に処方箋インソールを製作し経過観察をしています、治療は何もしておりません、ただ処方箋インソールを使用しているだけです。
2 007
s-s-009.jpg
s-003.jpg
s-s-024.jpg

最後の画像は久々に来院されたので画像を撮ってみました、もう少しで第2が入るでしょう、本当に治療はゼロです、何もしておりません。
処方箋インソール日本初
1997年にモントリオールのラボを訪れた際に目から鱗でした、それから早17年、まだまだ日本は足医学の分野で遅れをとっております、Top-Runではこのたび日本初の足型を読み取る機器を導入しました、この器械はまだ1台も日本には存在しません、この器械は石膏の足型、インプレッションボックス、(バイオフォーム、トリシャムとも呼ぶ)、素足をスキャンする事が可能な機械なのです、この器械を導入した事により、今までに3週間かかっていた納期が1週間短縮できるのです、スキャナーで取り込んだ画像を瞬時に外国に送る事が可能でになりました、もっともカナダの場合は14時間の時差がありますが、
とにかく画期的な機械だと思います、この方法も外国では主流になりつつあります。
私は17年前に外国のラボを訪問した時に思いました、処方箋インソールは日本では制作ができないと、最近では日本人もチャイニーズのように表面だけ真似をしてインソール制作をするインチキ会社も出没していますが、これは絶対に無理な事です。
もし、簡単にできるようなら私がすでに始めています、外国のラボの場合は歴史、専門大学、足医師たちが膨大なデータノウハウ、経験をもとに工房と密接な連携をとり制作されてきました、日本の浅い足医学の上からでは到底無理がある訳です。
日本の自動車メーカーも戦後から始まり少なくとも60年以上の歴史があります、そして世界でも通用する車が生産されています、どうでしょう、中国のパクリの自動車を誰が欲しいと思いますか、日本人なら絶対買わないでしょう、韓国の自動車メーカーも日本に参入しましたが撤退を与儀なくされました、カナダでは少し見かけましたが、安いから買うわけで、普通の人は買いません、韓国の自動車産業は三菱がエンジンを供与して始まりました、独自の技術はありません、前置きが長くなりましたが処方箋インソールはそんなに甘いものではないということです。
Hand in Handです,外国のラボでもそれぞれ特色があり、面白いのです、私の場合は現地のラボを直接みて視察をして、自分でテストをしてから患者さんに提供してきました、北米、オセアニア、イギリスなど8社の工場を訪問しました、ですから日本では出来ない事を良く理解しています、奥が深いのです。
いか、最新のスキャナーの画像を掲載します、この方法で外国に処方箋インソールを発注しているのはTop-Runだけです、価格は一番安いでしょう、経験と歴史でも日本で一番進んでいると確信しております。
123.jpg
CIMG4932.jpg
CIMG4933.jpg
CIMG4931.jpg

ガチンコ・スキーヤー必見
ガチンコ・スキーヤー達よ、上手くなりたければ見てください、プラスノーの斜面はとても難しく、前後・左右、スキーのピンポイントに加重しなければスキーになりません、何でも岐阜では10月29日にスキー場がオープンするようで今盛んに人工雪を作っているとの事です。
この動画は、岐阜県のガチンコ・スキーヤー熊田さんの処方箋インソールを制作をいたしました、そのレポートを動画にしていただきました、多分、長年のスキーに対する悩みが吹っ飛んだ事が驚愕であったと思われます、素人目線で制作されておりとても分かりやすい動画だと思います。
もちろん、ボランティアで制作をしていただきました、お礼の言いようもありません、スキーが上手くならない人に参考になれば嬉しいです、もちろん制作者の熊田さんも喜んでいただけると思います、それほどに足、インソールは重要なのです残念な事に市販品でここまではできません、ご了承おきください。
残念なことに現在の日本では規制や法律が無いためにゴミのようなインソールが山ほどあります、言い換えれば、良いインソールに出会う事ができないのが現状です、スポーツ店に行けば利益率の高いものしか販売されません、ご自分で良いか悪いか選択眼を活かしてください。
watch.htm

ポダイアトリスト・トロント
最新のカナダ・トロントでの足医師はポダイアトリストとは呼ばずカイロポディストと呼ばれておりトロント市内だけでも500人の足医師が活躍をしています。
さすが先進国です規模が違います、このドクターはダリル氏でトロントで活躍しています、以下、現場の画像です。
s-カナダ9月13日から 128
s-カナダ9月13日から 125
s-カナダ9月13日から 124
s-s-カナダ9月13日から 122
s-s-カナダ9月13日から 117
s-s-カナダ9月13日から 116
この治療では、巻爪、タコの研磨、処方箋インソールの型取りを含め約20分程度の治療時間でした。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード