FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
10 | 2014/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

口内炎に即効の方法
一昨日の朝、弊社の事務員に身体の調子はどうですかと聞いたところ、口内炎が痛くて困っているんです、とききました。
私は、1円玉、10円玉を利用した奇経療法の本を持っていて沢山の患者さんにも教えていて口内炎なんてすぐ治ることを知っていましたので、彼女に1円10円の貼ってあげました、翌日、開口一番、先生、口内炎がきれいになり痛みもなくなっているです、と聞かさせました、私は当然の事だと思っていましたが、彼女は相当びっくりしたようでした。
いままでは、口内炎が出ると、皮膚科に行き、のみ薬、ぬり薬をもらい治るのに数週間かかったのが、わずか一晩で治ってしまったのです、このような治療法も世界にはたくさん存在するのです、しかし1円、10円玉で合計22円で治ってしまったら皮膚科の先生が困ってしまいます。
以前にもブログに掲載した記憶がありますが、改めて記載します、人間の身体には12本の正径があり、その他にも8本の奇経が存在します、1円、10円玉療法とはこれらの経絡に1円と10円の元素の違いから発生する微弱電流を経絡に当て、気の流れをよくする方法です、理にかなった療法です。
腕のレッケツというツボと足のショウカイというツボに貼るだけです、この方法でほとんどの口内炎は治ってしまいます、あした、再度、このブログを手直しをしますので、その時にツボの場所を画像で掲載します。
治すという事は、こういう事です、自分の知っている事を患者さんに教えてあげるそれでいいと思うのです、お金なんていらないでしょう。
PS 明日は休日なので、ブログやお問い合わせの回答を書いたり、代理店様にメールをしたりして夜中の2時半になってしまいました、明日は10時くらいまで寝ています。
レッケツ・ショウカイのツボです、s-unnamed[1]
s-IMG_0253.jpg
10円1円を貼る場所はわかりましたら、左の口にできたなら右手のレッケツに10円左足のショウカイに1円玉とクロスしてはります、口の真ん中であれば両手、両足に貼ってください、テープは紙バンソウコウが一番使いやすいです。
では、口内炎で困っている人は試してみてください。
参考までに著者は形部忠和先生が書かれた本で「ウルトラ超11円ストレート療法」という著書です。
スポンサーサイト
不思議な国、日本の医療制度
当院に来院される患者さんからいろいろとお話しを聞きます、どどこどこの病院に5年通院してた、どこどこの病院では治らないと言われた、加齢の性、肥満の性、変形しているから、治らないと言われた、そしてなお通院していて、検査や薬をもらいそれでもまだ通院している、何か自分的には日本の医療は治らない方が儲かるシステムになっている気がしてならない。
痛みの原因は決して肥満、加齢の性ではないのです、私は患者さんに今までに一言も言ったことがないのです。本当に若い頃は、肥満も原因の一つだと考えていましたが今はそののような考え方をしません。
ご存じのように、患者さんが受診する場合は保険証を提出する訳ですが、一般の人がクレジットカードを出して勝手に使ってくれと言っているようなものです、現況では70歳過ぎでは患者さんが問題の本質を見れないので、10万円かかっても1割の1万円しか払わない訳ですから自分では安いと勘違いしているのです、しかし、残りの9万円は国や自治体、国民が支払っている事を理解できていないのです。
病院では患者さんが来れば、それこそ、さまざまな検査をする訳です、当院に来ていた患者さんの例をご紹介いたします。
腰の治療で通院していたのですが、ある時に下腿部が異常に浮腫み、佐藤さん(仮名)これは問題だから、どこか内臓の検査をしてもらったらとアドバイスしました、そして3ケ月の間、それこそ、あちこちの病院に行き、検査、検査で3ケ月もかかった訳ですが、原因がわからないというのです、そして、浮腫みは自然に消失してしいまったのです、過去にもこのような状態が10年くらい前にもあったというのですが、その時にも検査をしてもわからなかったという事でした。
では、検査を何十回もした費用はどうするのでしょう、当然、1割の負担ですから患者さんの負担はあまり感じない事でしょう、レセプトを提出する側は親方日の丸的な感覚で請求しています、他方、経済的に苦しい独立健康保険では頭の痛い問題ではないでしょうか、やはり、日本国民がこの悪循環に気づいてほしいと願います。
私は70歳過ぎの患者さんにいつも言っています、何で検査なんかするの、70歳まで生きられたんだから、あとは儲けものでしょう、何で、検査なんかして重箱の隅をつつくような事をするの、100パーセント健康な人はいない訳ですから、と言っています、私たち夫婦は65歳を過ぎていますが二人とも健康診断というものを受けたことがありません。
具合が悪ければ自分で解りますし、人間、生まれて死ぬ事は誰も避けることはできません、寿命で死ぬ訳で病気で死ぬ訳ではないのです、いま、日本は財政的に非常に苦しい状況にあります、それには医療費の異常な圧迫に気づかねばなりません、私たち、整骨院では、腰痛で来院された場合は初診料も含め2,000円ほどです、1部位治療して600円と決められ、現状では2部位、すなわち1.200円が治療費となり、一部負担金は3日目から380円と決まっております。
その金額で、1割、2割、3割と窓口の負担金を患者さんにいただく訳で、とても医師のような高額な請求はありません。
そんな整骨院でも最近はあまり良い噂を聞きません、ビジネスライクになってきていると思われます、私は嫌ですが、みんなで真面目に仕事をすれば医療費も現在の三分の一は抑える事が簡単だと考えます。
余談ですが、医師の診療報酬は出来高払いとなっているのに対して、整復師は医師ではないので委任払いになっております、ですので医師の診療報酬も委任払いにするこでと医療費もかなり違ってくると考えます、というのは患者に委任され診療報酬をする訳ですからレセプトの調査も保険者の(支払う側)権限が強くなりより過剰診療を調査しやすくなると思います。
一般的に何でもそうですが、工事をお願いするには、見積もり書というのを業者に依頼できます、そうではなく、てやってしまってから、これだけ費用がかかったよ、と言われるまま支払う訳です、どう考えてもおかしいと思うのです。
こんな事をいつも考えています、何で、何で、どうしてと、中には私のようなバカ正直な者もいてもいいでしょう、何だかグチっぽくなってしまいましたが、どうみても日本の医療制度はおかしいと思うのは私だけでしょうか。
最新のテクノロジー
だんだんと寒くなってきました、皆様におかれましては気候の変動に気をつけ風邪などをひかないようにしてください。
さて、Top-Runでは今年の10月より最新の機材を導入しました、今までは足型を航空郵便で外国に送っていましたが、現在はデリカムというメーカーの3D読み取り機で瞬時にデーターを外国のラボに送ることが可能になりました、これにより今まで3週間を要していた製作期間が一機に10日前後と短縮することができます。
このデリカムは
足のスキャン、インプレッション・ボックス、石膏で作られた足型を読み取る事ができます。
ノンウェイト、セミウェイト、ウェイトベアリングと足の情報を読み取りができます。
3秒以内、1mmの精度で高品質の3D画像を読み取ることができます。
デリカムのiQube機は世界で一番の先端をいく3Dスキャナーです、
ちなみに、この器械は日本にはまだ1台も入っておりません、Top-Runだけとなります、日本でこのスタイルで外国のラボラトリーに発注しているのはトップラン社だけとなります、この計画は何年も前から構想を抱いていましたが、3D読み取りの器械が沢山あり、また非常に高い製品ですので熟慮して決定をした訳です。
s-11月18日 019
s-11月18日 018
s-s-10月16日 024
s-10月16日 022


Top-Runに質問する場合
よく、お問い合わせの項にさまざまなないようの問い合わせがあります、しかし、Top-Runは神様でもなんでもありません、処方箋インソールだからと言って何でも治る訳ではないのです、あくまでも足に異変が認められた場合のみとなります。
先日もお問い合わせがあり内容をご紹介いたします。
【お問合わせ内容】
62歳女性です。9月末に突
然右足甲の痛みを感じ、整
形外科を受診「疲労骨折」
と診断されました。ハイヒール
で一万歩強を歩いたり、足
は酷使したと反省していま
す。今後の靴の選び方、ま
た疲労骨折の足にオルソティック
は有効でしょうか?教えて
ください…
この質問への回答
○○ 様
メール拝見いたしました、それはさぞ大変な事でしょう、いつもブログで書いていますが現在の医師会はまるで株式会社のようで、患者さんの痛みを少しでも理解していません。
X線、MRIなどの検査をし、何ともない、痛み止めを出しておきますから様子をみてください、このワンパターンです、残念ながらこれが今の日本医学の常識になっております、ご存じのように当院は足の専門の整骨院です、この短いメールの文章で診断ができたとしたら私は魔法使いになってしまいます。
ご縁がありましたら、それほど遠くはありません、一度来院をお勧めいたします、お大事に、
診療時間、平日は9:00から11;30分、午後は2:30から6:30分となります、ご検討ください。
Top-Run
川股
いちばん多い例です、整形に行ったら、こう言われた、などと私にはどうでもよい事です、人の診断はそれぞれの診かたにより違います、どこどこの大学病院ではこう言ってた、通院しても治らないなど聞きたくもありません。
それは貴方が選択をして、行った訳ですから貴方の責任でしょう、医師の性にする方が間違っています、話が逸れますが子供を学校に行かせ、担任の先生が悪い先生だとしたら仕方がないのです、しかし、通院は自分の判断で決める事ができます、もう少し頭を使い良い先生を見つけることです。
ガチンコ・スキーヤーのレポート
本日、岐阜県スキー連盟ガチンコ・スキーヤーの熊田さんから早速初滑りのレポートをいただきましたので掲載させていただきます。
ご無沙汰しております。
ようやく初滑りで今日はスキー場にやってきました。

所属しているスキー学校の校長と来ていますが、昨年より数段ポジションが良くなって安定していると言われ、自分自身でも進歩を感じるので、インソールのおかげです。

両足がしっかりセンターで踏めてるので、今日の斜面は柔らかくて不整地になってますが、前後左右ともキッチリとポジションがコントロールできます。
サマースキーはシビアすぎるので、それと比べれば雪の上は相当楽チンです。
では、お正月お会いするまでキッチリ滑り込んでおきます。
s-熊田1
s-熊田2

熊田 様
すごいですね、もう初すべりですか、いいですね、何よりも熊田さんのようなお便りが一番私には嬉しいのです、それにしても、あちこちに行っていますね、羨ましいです、ではお正月にまたお会いできる事を楽しみにしております。
Top-Run
川股

メール2回目
それと、普段履きのインソールのおかげで、左膝の痛みが完全になくなりました。
先日も韓国で3日間歩き回ったんですけど、快調そのもの。正しい骨格に合わせて筋力もついたせいか、足場もしっかりしたようです。
以前は、車の座席や椅子に座ってると、特に疲れてる時に、なんとも言えない膝裏のツーンとしたような痛みが時々起きたのですが、それも皆無です。
本当に助けていただきました。
以上、本日メールでのレポートを掲載させていただきました。
ガチンコ・スキ-ヤー必見
s-940-tina-maze-8col[1]

s-018.jpg
s-017.jpg
そろそろスキーシーズン開幕が近くなりました、ガチンコ・スキーヤー達よ準備はできていますか、上の画像を見てこの人の滑りが解かりますか、わかる人はかなりの足前という事になります。
スキーというのは格好が良くなくてはいけません、当然の事ながらファッションも重要なことです、格好の良いスキーウェアーを身につけ颯爽とゲレンデを滑り降りてくるスキーヤーを見ると、自分もあのようになりたいと思うものです。
しかし、スキー技術という観点から見ればそんなに上手いスキーヤーというのはさほど多くはいません、一昔前のようにスキーが華やかな時代ではなくなりました、景気も左右するでしょう、また遊びのスタイルも変わってきてしまっているのでしょう、スキーをした事がない人には理解できないスキーには魅力があります、スポーツの中では一番難しいし一番楽しいと言えるでしょう。
スキーは雪面の情報を板、靴、そして身体の順に脳に情報を伝えます、また目からの情報とシンクロさせ一瞬の間に判断をします、また、スキーを操作するという事は体重をうまく足にかけ板を操作していく訳です、そこで足が健全な人は問題ありませんが、9割以上の人達は足が悪い事を知らないというのが実態です、処方箋インソールは健全な足に近づけるツールなのです、決して貴方の技術が悪いのではなく、足が悪い性で健全な人のような滑りが出来ないだけです。
シダスやスーパーフィートを使用しても変化が感じられなかった人達は是非、本物の処方箋インソールにチャレンジしてみてください、こんなにすごいものがこの世の中に存在しているという事を認識するはずです、日本の足医学は最低ラインだと考えてください、また日本のインソール業界は滅茶苦茶だという事も。
知らない事は恥ずかしい事ではありません、知ろうとしない人は進歩がなく恥ずかしい事です。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード