FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
05 | 2015/06 | 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

第4回バイオメカニクス・セミナー
6月7日にTop-Runにおいて第4回バイオメカニクス・セミナーが十数名の先生方が受講されました、皆さん充実した実りの多い1日を過ごされました。
遠くは、鹿児島、熊本、北は栃木の先生方があつまりました、朝の9;30分から午後の5:00まで、それこそビッシリとこれでもかというくらいに勉強をしていました。
当日は毎日新聞社からも取材にきていただき、だんだんとポダイアオリスト、バイオメカニクスという聞き慣れない文言があたりまえのようになってくればいいなと思っております。
第4回Top-Run セミナー

                    2015年6月7日
講義内容
講師 ポダイアトリスト(オーストラリア)
川股 弘治 先生
午前09:30~12:00

回内位・回外位
  診断、鑑別法
シンスプリント
  原因
  診断法
  施療法

昼食12:00~13:00(45分頃から石膏による足型のデモンストレーション)

午後13:00~17:00

足底板筋膜炎
  原因
  診断法
  施療法
先生方からの質問コーナー
フォームソティックの正しいアジャスト法

301-0836
茨城県龍ヶ崎市寺後3635番地小形ビル
Tel/Fax0297-85-4542
株式会社 Top-Run
川股 和博
PS このようにセミナーを開催をして先生方のバックアップをTop-Runでは毎年行っております、患者さんがTop-Runの代理店に足の問題で受診した際にどこの代理店でも同じに診療、診断が受けられるよに願いを持っております。
残念な事にセミナーを何回も欠席したり、極端に足の知識が少ない代理店様には代理店契約を無効とさせていただいており、厳格な指導管理を徹底しております。
スポンサーサイト
偽物にご注意ください。
緊急、最近通販で偽物が販売されているようです、中国製の偽物である製品が日本でも販売されているかもしれません。
Top-Runが正規の日本総代理店ですので気をつけてください。
現在、ニュージーランドの本社に問い合わせをしております、結果が出次第随時ご報告をさせていただきます、製品が売れてきますとこのような事が起こるという事は残念だと思います。
これらの商品はTop-Runとは一切関係がございません、万一ご購入されクレームが発生しましてもサイトから購入した製品には関与いたしません、ご注意ください。
スキーフォーラム2015
5月30日~31日の2日間、ベルナール新宿グランドにてスキーフォーラムが開催されました、Top-Runでもスキー用フォームソティッツクを展示いたしました。
入場者数は土曜日が1.500人、日曜日が1.000人と合計2.500人の来場者数がありました、各社の様子を見ますと、縮小している会社と拡大している会社の差が歴然としております,ゴールドウィンなどは、淋しい感じのブースです、小賀坂さんの新しいトライアンはデザインが一新されカッコウがいいと思いました。
ジャパーナさんのブースも現役の選手が応対をしており元気が感じられました、とてもよいです。
s-スキーフォーラム2015 001
s-スキーフォーラム2015 002
スキー用のフォームソティックを購入された方からインプレッションがはいりましたので掲載いたします。
Top-Run 川股様
○崎です。
さてインソール使用しました。
まず到着後に普段使用のウォーキングシューズに入れて近所を散歩。
独特の土踏まずに来る圧感覚に「ヒャー!」となりました。そして
独特の直線的に歩けるフィーリングに「これって矯正されているの
かなあ?」と感じて5分ほどで終了。自宅に到着後、右膝が痛みと
は違うムズ痒い感覚になりました。
翌朝、通勤で自転車に乗りました。ペダルを真っ直ぐ踏めてしまう
のです。自転車のペダル感覚も独特でやはり土踏まずフィーリング
が心地よくなりました。
歩行と自転車で感じたのは、この直線感覚は凄い!今までの歪みを
矯正してくれているんだな!!と感じたのです。
自宅でスキーブーツに入れて重力方向へ素直に立てることを感じて
「これはスキーが楽しみだあ!」となりました。
そして6日、野麦峠スキー場へ。まず板を履いてリフト乗り場まで
で例の直線感覚を感じて興奮と緊張状態に。(笑)
さてまず緩斜面をプルークボーゲンで。これは革命?革新?あまり
の足裏感覚に戸惑いました。(笑)そして横滑りをすると、今まで
角が邪魔して苦手だった右外足がスムーズに!
そして中斜面、急斜面へと移動しましたが、足裏濃度の濃さに保守
的な感覚が邪魔をして、午前中は、新しい足裏に頭が付いていかな
かったのです。(^^;
午後からは、馴染んできまして、保守的な感覚は正面の乗鞍岳方面
へ消えていきました。
明らかにポジションとバランスが向上しました。平日のスキー場を
一日滑っても楽でした。また滑りたいです!
ということで昨日も普段の靴に入れてしまいました。ずっと使うと
ヘタってしまいそうです。今まで普段履きに古いシダスを入れてい
ましたが、もうそれを使う気になりません。(笑)
個人ブログに段階的にレポートも掲載しますね。
ではまた!
もう1件お伝えします。
川股様

お世話になっております。

 Formthoticの使用感をお伝えします。 まず紙箱には僕の大好きなマイナー系スキ-メーカーZAGを履いたスキーヤーの写真が!偶然とはいえうれしかったです。インソールを取り出して眺めたところぱっと見の形状は何の変哲もないインソールに見えますが、踵裏には見慣れない掘り込みが施されているのがわかります。また量販店で売られているスーパーフィートやショックドクターは足に接触する部分はしなやかな板を曲げたもの、アーチや踵部はうらから成形された部品が接着されていますが、Formthoticはその名の通り発砲ウレタン?のみで構成されていて、形状の重要部は切削加工されており手間がかかっていることがわかります。 自分の脚は外反、ハイアーチなのでむしろ外側を持ち上げたほうが良いと成形外科から言われていたので、それに近いBMZをいれていたので、ブーツとは点で接触する感覚が強かったのですが、Formthoticはアーチのみならずそのまま踵前側付近の持ち上げ感が外側までつながっており、最初は青竹ふみしたような押され感がありました。スキーに行く前の一週間夜のみスキーブーツを履いて慣らしていると、いつの間にか押され感が消えて足裏全体で接触する感覚に変わったことに気づきました。 実際にスキーをしてみると、今まであったようなインソールの存在感が全くなく(体温で若干柔らかくなって
なつくのもプラスして)新品ドーベルマンでインナーブーツすらいじっていない吊るしの状態にもかかわらず良く履きならしたスニーカーのように、違和感が全くない痛みもあたりも全くなく、面で踏める感覚が強くてものすごく快適でした。美味い表現はできませんが違和感が全くなくて道具への信頼感が増し、どこでも滑っていける!という自信が生まれて、フラットバーン、不整地、キッカー何度でもござれでした。これはこのソールの形状良さと、ショック吸収性によるものと考えます。以上今のところのインプレッションです。 ありがとうございました。また購入する機会があるともいますのでよろしくお願いします。
このレポートは3月1日にTop-Runに届いたレポートです、誠に嬉しい限りです、いろいろと試した方は違いが理解できます。
たかがインソールされどインソール、このくらい違うのです他社のインソールを使用した方は余計に違いがわかります。
参考まで、


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード