FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
06 | 2015/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右代 選手がTop-Runに来ます
8月5日に右代選手がTop-Runに挨拶にくるという事です、その際にはFormthoticのアジャストと微調整をしたいと考えております、
やはり一流のアスリートは違いますね、少しでもタイムを短縮させたいのです、いろいろとお話を伺い8月の世界陸上で活躍ができるようTop-Runでは少しでもお力になれたらと考えております。
8月5日の午後にお越しになりますので右代選手にお会いしたい、サインなどが欲しいと思っている方はご連絡をください、ご要望にお応えできるように努力いたします、そしてみんなで右代選手を応援いたしましょう。
NHK魂のアスリート 再放送 8月9日 NHK BS 午後5時から再放送が放映されます、必見です。
スポンサーサイト
右代啓祐 選手使用
とんでもない事になってしまいました、元全日本スキージャンプのナショナル・コーチ、トレーナーの渡辺さんから連絡が入り、川股さん右代のインソールをケアーしてくれと依頼され、すぐに右代選手に製品を送りました、先ほど右代選手から電話が入り、早速使用させていただくとの報告がありました、とんでもない事です、あの武井ソウさんなんかよりもすごい成績を出しており、オリンピックにも出場してることがネットで調べてわかりました。
何でも、右代選手が先日北海道に行った際、渡辺トレーナーと会ったそうで、ナベさんが右代選手の足を診て、これはインソールを使用したほうが良いと判断をし、使う事になった訳です。
渡辺さんとは10年以上前からのお付き合いをさせていただいており、渡辺トレーナーはずっと長い間、子供達のトレーナーをして来たわけで、右代選手も子供の頃からトレーナーをしてきたそうです。
そんな訳ですから、私も本当に嬉しく思います、右代選手にはこれからももっと頑張って日本の為に活躍をしていただきたいと願っております。
おそらく、インソールメイカーの人が当社の製品を使用してくださいとお願いしても無理だと思います、今回の経緯は右代選手が渡辺トレーナーを信頼しているからこそ使う事を選択したと思うのです、逆に渡辺トレーナーは私を信頼してくれているからだと思います。
s-image1.jpg

The Open
今年の全英は実に見ごたえがありました、私はザック・ジョンソンが好きなので優勝して本当によかったです、それにしてもトップのグル-プはやはりあまり変わりません、根底に芯の実力が無ければ無理だということです、順位をみましてもスピース、ガルシア、ジャイソン・デイ、実力者揃いです、日本人だから松山選手を応援したいのは分かりますが、やはり実力が少し違うかなと感じました。
それにしても3人のリーシュマン、ウーストハイゼン、ザック・ジョンソンのプレーオフもすごかったですね、私もエジンバラまでは車で行った事がありますので次回、訪問した時にはコースを見てみたいと思います。
誰が勝ってもおかしくない試合でした、でも、苦労人のザック・ジョンソンが勝って良かったです決して体格的には恵まれない身体にもかかわらず素晴らしいショット、パットをしました、いい試合を見せていただきました。
一般のゴルファーは15番ホールくらいになると腰が疲れて下腿部も張りがでてきます、これは足が原因だという事に気がついていません、Top-Runでは現在価格を大幅に下げて販売しております、この機会にインソールを使う事をお勧めいたします。
きっと今まで体験した事のない壮快感でゴルフが出来ると思われます。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%EF%BC%86%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%89%E3%82%A2-Formthotics/s?ie=UTF8&field-brandtextbin=Formthotics&page=1&rh=n%3A14304371
Top-Runでは2000年から2年間ゴルフツアー機構のトーナメントプロサービスをしておりました、ですので沢山のトーナメントに火曜日から会場にサービスカーで入り金曜日まで待機していた事があります、私も友利勝義さんのキャディーをした経緯がありますのでゴルフには多少の心得があります、ダイドードリンコで練習ラウンドをする予定でいましたがパートナーが元全英のチャンピオンのハミルトンでしたので何か友利さんはハミルトンと周りたくなかったのでキャンセルをし練習ラウンドなしで試合に出場しました、決勝は加瀬さんと伊沢さんでした、その後伊沢さんは頭角を顕わしました、友利さんも全英に何度も出場した事があります、お陰様でいまでもお付き合いをさせて頂いております、友利さんは最初お会いした時にはオーラを感じました、侍みたいなプロゴルファーです勝負士です、驕らず、誰に対しても同じです、尊敬できる数少ないプロだと思います。

PS コメントを送ってくる人が多多おりますが、ご自分のアドレス、身分を証明できる人のみ掲載します、文句があるようでしたら、自分の身分を明かしてからコメントしてください、匿名など卑怯な人間のものは削除します。

S2000とボクスターの比較
土曜日にポルシェ・ボクターに試乗する機会がありかなり長い時間、約600kmほど運転をしましたのでインプレッションを書いてみました。
タイトルのS2000との比較となっておりますが、これは車が違うので比較しようがありません、ただ、私は2000年にS2000を実際に当時購入した経緯がありますので、正直にかきますが、あくまでも個人のフィーリングですのでHonda関係者の方に失礼があったらお許しください。
S2000は50周年記念という事で販売され世界で11万台販売されたそうです、ただ今の私はS2000は懲り懲りしましたので今は欲しいとは思う事はないでしょう、販売前の煮詰めが甘かったのでしょう、その後何年か後にサスの改良などがされたそうです。
S2000のハンドルはピーキー過ぎで非常に疲れます、それとサスがまったく作動せずビルシュタインに入れ替えしましたが改善されませんでした。
11日の午後、時間があったのでロードスターの試乗もしました、最初に見た感じはとてもよく着座位置も程よく、運転がしやすかったです、シフトのフィーリング、サスの動きもしなやかで、内装の造り込みも良くお金に余裕があれば欲しいと思いましたが、さすがに2名乗りですのでほとんど趣味の車です、S2000もこのような足廻りであったなら良かったのにと思います。
さて、ボクスターは予想通りに良い車です、ハンドリング、エンジン、PDKの出来もよくさすがと思いました。ただ、PASMはスポーツモードを選択するとさすがに硬く感じ、ノーマルモードで十分だと感じました。
100kmくらいからアクセルを踏むと、すかさず何のショックもなく心地良いエンジンサウンドと共にグングンと加速していきます。
1400kgの車重に260Psですからパワーウェイトレシオもかなり低いでしょう、さすがだと関心しました、車種はボクターの2011年モデルでした。
ナショナル・スキーチーム・Top-Runのインソール使用
現在、元ナショナル・チームのメンバーであり現デモでいらっしゃる某有名スキーヤーが先日、岐阜の人口スキー場でBMZとTop-Runの処方箋インソールの比較テストをしました。
明らかに、違いのわかるビデオですがこれはさすがに一般公開はできません、残念ですが。
また、他に男女各1名、合計3名のナショナル・チーム・スキーヤーがTop-Runの処方箋インソールを使用しています、厳密に言うと来期からです、彼らは今後合宿でNZや欧州にはいります、そこで真価が発揮できると思います、上手い人ほどマテリアルに気を配る必要があります。
よくブーツをいじる人、いじるスポーツ店がありますが足を矯正してあげればブーツはいじらない方が絶対によいのです、よく例に出しますが、自動車も工場から出たものが最高なのです、特にサーキットを走る、ラリーをする場合は別ですが、メーカーでは何万回とテストをして一番良い状態で市場にだしている訳です、私はブーツをいじる事は好ましいとは考えておりません。
東京の某スポーツ店ではブーツとペラペラのインソールと少しのチューンアップを施し金20万円もふんだくります、これは人の弱みに付け込む悪徳商法です。
とにかく、今後Top-Runでスポンサードをした選手が活躍する事が私の願いであり、また、全日本スキーヤーの夢でもあるのです、テニスやゴルフはそこそこまで来ていますがアルペンスキーも頑張って欲しいと願うのです。
また、時がきたら選手の名を公表いたします。
不当表示について
最近、ネット販売の増加にともない誇大広告や虚偽広告を多くみるように感じられる、私も気になって弁護士の先生に相談をし沢山の事を教えていただいた。
不当表示には大きく分けて3つの種類がある。
1)優良誤認表示    商品、サービスの品質,規格、その他の内容についての不当表示
2)有利誤認表示    商品、サービスの価格、その他の取引条件についての不当表示
3)その他、誤認されるおそれのある表示 一般消費者に誤認されるおそれがあるとして内閣総理大臣が指定する不当表示
そもそもの発端はお客様がネットにこのような記載があると教えてくれた事でした、あるインソール販売において以下のように
記載されていた。
「本国では医療用として足病医にのみ処方が許されている商品を、日本でいち早く正規品として一般発売します」、これはあきらかな
有利不当表示に当たります、というのも、ニュージーランドの会社では完全にスポーツ店に販売する製品と足医師に販売をするメディカルラインを分類しており、普通の人は購入できないものなのです、それを足医師が処方している製品を販売するという事はあり得ない事なのです、スポーツ用と足医師用ではまったくの別物だという事です、例として、日本で、お医者さんしか手に入らない物を特別に販売しますと言っていることと同じです、また、いち早くという文言も、まるで最初に輸入販売しているかのようなニュアンスですが私は4年前から輸入を始めております。
一般的に事実に反する事をねつ造して販売する事はどうかと考えます、一応、消費者庁にも調査を依頼してあります、このような事を平気で使用し販売をする事はいかがなものかと考えるるのです、素人の方は皆信用してしまうでしょう。
また、一般的に会社名を付ける時には・・・・メディカル社と使用する事は
法律上の規制
1)医療法第3条
疾病の治療(助産を含む)をなす場所であって、病院又は診療所でないものは、これに病院、病院分院、産院、診療所,医院その他病院又は診療所にまぎらわしい名称を附けてはならない。
2)医師でなければ、医師又はこれらに紛らわしい名称を附けてはならない、と記載がある。
例として、フェイスメディカルと謳った場合は一般人であれば形成外科かな、口腔メディカルであれば歯医者さんに関係があるのかな、と思う訳で、よって、医師、以外の物が・・・・・メディカルという会社名を附ける事はいかがなものかと考える、医師や医療従事者であれば理解もできるのですが、素人であればなおの事慎重に考えて名前を命名しないといけないのではと考えます、いや、素人だから考えつくのでしょう、われわれ整骨院でも沢山の規制があり、それらを順守している訳です、だからこそ社会が成り立つ訳でルールも法律も関係なくなってしまったら怖い事です、余談ですが巷に存在するマッサージ院、FCの店は有資格者が施療しているものではありません、タイ式マッサージなど全部違法です。
また
以上、最近、調査した結果ですが・・・・・・メディカル社と名乗る会社があるとすればこれは問題なのである、以上、顧客様を混乱させないように弁護士の先生と相談した結果であります。
販売している製品は調査した結果、問題がない製品である事は事実であるが、販売の宣伝文言に相当な有利誤認表示があると思われる。
http://www.top-run.jp


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード