FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
07 | 2016/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ベスト整骨院HP新しくなりました
http://best-footbionics.com/
まだ、トップページだけしかできていませんが、すぐに公開予定となります、新しいところではFootbionicsの市販モデルが2タイプ通販できるようになります。
Footbionicsとの違いは、処方者の治療院でお出ししている製品とは矯正力に違いがあります、矯正力が少し弱めのに製作されております、また、製品名も違います。
biomedical cushion
biomedical dual

スポンサーサイト
処方箋インソール注文が増えています。
今回のブログは前々から書こうと考えていた内容です、いいかげんにして欲しいと思うのです、適当な製品を売って自分達は儲かるからいいでしょうが、お客様の立場で考えた場合に腹がたちます。
最近、サイトを見て処方箋インソールの作成を依頼される方が多くなっております、少しづつですが足、インソールの大切さがメディアやネットで高まりつつあると思います。
何でも東京の高島屋では何十万もするインソールを販売しているそうです、また、牛久のテクテク館に行ったという人も多くおります、弊社では足を専門に診断しており、靴の販売はしていません、靴屋ではないのです、一般のテクテク館のような所では靴とインソールの販売をします、ダブルで儲かる訳です、靴も安いものは売りません、また、インソールはシダスに素人がパットを貼っただけのもので、我々がみたらなんじゃこれはと驚きます。
世間一般にデタラメなショップが多く、素人は値段が高いと良いと思い違いをしている方も多くおります、以前にも書きましたがアシックスのシューズでも1万5千円の靴と4.200円の靴を比較した場合、構造や原価は変わらないのです、デザインであったり付加価値を着けて値段を高くしているだけです、Top-Runではどうしても靴が欲しいという方には仕方なくメーカーから取り寄せ販売していますが、TJG134の4.200円の物を一番多く提供しています、中には、お父さんも靴が欲しいという方もおりますが当院は靴屋ではないので売りませんとお断りしています。
処方箋インソールの平均価格は(外国のラボで制作されたもの)Top-Runグループでは3万円から4万円までとなっており、この価格を目安にしていただき、これよりも高い製品であれば止めたほうが無難でしょう、
また、既製品にパットなどを貼り、それらをオーダーメイドと称して販売しているショップも多くみられます、これらは殆どがシダス・スーパーフィートの製品となります、何もシダウスやスーパフィートが悪いと言っているのではなく、それらを提供する側に問題がある訳です、処方箋インソールは足型を中立位で取り、それなりの説明が必要ですので1時間ほどは時間がかかります、待っていて出来る簡単な代物ではないのです、利口な方はきちんとサイトを調べてTop-Runまで来られます、運の悪い方は来る事がないのです、よほど注意をして見つける必要があります。
テクテク館に行った方の画像です、立位前方、後方
008_20160822091643ad2.jpg
009_20160822091702b0c.jpg
素足でのフットセンサー画像
012_20160822091833ef6.jpg
テクテク館のインソール・シダス,これで歩いたらまずいと思うのですが、
014_20160822091921ecd.jpg
footbionicsでの調整後,左足の中心が少し後ろにきていますが次回調整する予定です。
016_20160822092031b8c.jpg
シダスのカスタムインソールフレア角が少しきついのと、パットはどうみても素人の制作だと一目でわかります、普通はこの場所にはパットは貼りません。
017_201608220921175a8.jpg
018_20160822092132829.jpg
footbionics製品画像
004_20160822092240205.jpg
005_201608220923024c3.jpg
どちらが良いかは一目瞭然だと思います、良い悪いはフットセンサー画を参考にしてください。
Top-Runではメーカーを問わず、足の診療所、テクテク館にもセミナーの案内を出していますが、セミナーに来ないのです、来なければ自分の知識や技術の向上は無いでしょう。
フットバイオニクスはなぜ良いのか
Footbionicsは、私の息子、ポダイアトリスト(足病医)が一押しであるからなのです、Footbionicsを見つける前はFormthoticを推薦していましたが、プロの目からみるとFootbionicsは足病医が実際に足病院で患者さんに提供されているものであり足病医のみ購入が許されている製品なのです。
当然のことながらプロ用とアマチュア向けの製品には矯正力の差が歴然としております、Formthoticsはとても良い製品である事は間違いありませんが、プロ用ではない事なのです。

足病医(ポダイアトリスト)

川股弘治
South East Podiatry 勤務(オーストラリア)
オーストラリア足病理学会国家公認専門医
ニュージーランド足病理学会国家公認専門医
オーストラリアスポーツ医学会会員
こうじaus
ご覧のように外国では、ドクターは白衣を率先して着ることはありません、これは患者さんとの垣根をなくす為なのです、日本みたいに私は医者なんだと威厳を保つ為に白衣は着用しないのです、もちろん総合病院などは別ですが個人のクリニックではこれが普通なのです、これによって患者さんとの垣根がなく同じ目線で話が出来る訳です。
Rid主催、白鳥サマーキャンプ
8月5日の夕方6:30に自宅を出発、柏から高速に乗り、外環から練馬、関越道に入り、所沢の先を左に曲がり圏央道を通り中央道に入り、岡谷インターを右に曲がり松本で高速をおりました、途中、2回、覆面パトカーに捕まっているのをみました、安房トンネルを抜け高山まで、それから中部縦貫道に入り白鳥で降りピスラボ・ウィングヒルに到着しました午前1:00でした、どうしても東京を抜けるのに時間がくわれてしまいます、すぐに就寝しました。
翌朝は7:00に朝食8:50分から20数名のスキーキチガイが参加しキャンプが始まりました、コーチは利修さん、ナガセ・シオリさんの2名で、一応基礎班とアルペン班に分かれ、レッスンが始まりました、暑いと思えば暑いし、私はあまり暑くは感じませんでした、しかし日ごろから身体を鍛えていませんから皆より少し早めにレッスンから離れ休憩をしていました、終講ごホテルに戻りビデオの解説を利修さんにしていただき、午後7;00からバーベキューパーティーが始まりました、悲しいかな私は下戸なのでコーラを買い、8時くらいに部屋に戻り休んでおりました、他の皆さんは元気ですから夜中の11:30分頃まで飲んでいたようです。
翌日も午前、午後の合計4時間のレッスンがありました、例によって身体の事を考え私は午後は休んでいました、終講後、熊田さんを便乗させ東京まで戻りました、途中、中央道は渋滞がありましたので、蒲田で熊田さんを降ろしたのが12時頃でした、それから自宅に戻ったのが夜中の1:00でした、長い道中でしたがお陰様で何事もなく無事家に戻りました。
今日は8日ですが、朝は何事もなく今日も一日頑張ろうという気持ちになれました、やはり、スポーツはいいです、身体を使う事は本当に大事だと痛感しました、こんなに身体を使っても何事も無いのはインソールのお陰だと思います、キャンプを計画していただいたリッドさん、ジャパーナの岡田さん、シオリちゃんご苦労様でした、懲りないでまたよろしくお願いいたします。
ハートのサマースキーは非常に快適でした、冬板とあまり変わることがなく、まことに良く出来ていると思いました。
rid1.jpg
rid2.jpg
rid3.jpg
rid4.jpg

すごい反響、フットバイオニクス
昨日、今日とアクセス数がものすごいのです、何でかわかりません、しかしTop-Runの代理店様からのオーダーも格段に伸びております、いままでフォームソティックではこんな事はありませんでした。
私がフォームソティックを日本に輸入した本人がいうのもはばかりますが、絶対にFormthoticとFootbionicsを比較するには無理があります、片方は足医師が開発した製品であり今なお現役でクリニックを開業しているドクターが開発した製品です、販売先が足病医専門のものと一般のアマチュア向けに開発した製品では比較のしようがありません。
軽い乗りでインソールでも使ってみようかなという方はフォームソティックがいいかもしれませんが、足にトラブルを抱えている場合やアスリートの方々には断然にFootbionicsが有利だろう考えます。
私は車の事を引用するのが好きなのですが、ちょうど、タイヤを交換する際に安い韓国、中国のタイヤでもいいと思うかたもいれば、私は絶対に日本製のタイヤでないと嫌だという方に分かれるでしょう、車の事を何も知らない人は中国製でも良いと思いますが、私の場合はお金を頂いても中国製のタイヤは使用しないでしょう、材質が何でできているか、ノウハウはあるのか、耐久性はあるのかを考えてみれば、おのずと正解は見えてくるでしょう。
Formthoticsが悪いとはいっておりません、価格も4千円前後で気軽に購入できますからsunmple (1)
軽い乗りであればいいと思います、欠点は耐久性が無い事、それもメーカーのねらいで早く消耗するように制作されていますが、それでもスーパーフィートやシダスなどとは比べものにならないほど良いと思います、しかしプロの目から見れば違うのです、アマチュアが扱うには良いと思います。
一方、Footbionicsはプロが扱う製品となりますので簡単にネットで購入できないのがネックとなります、簡単に済ませるかプロの処方者のところでアジャストしてもらう方が良いのかは患者さんが決めればよいと思います。
製品郡
footbionics1.jpg
追加パーツ
footbionics2.jpg
5日の夕方に会社を出て岐阜白鳥にあるウィング・ヒルに利修さんのキャンプに合流します、多分、夜の10時から11時頃になるでしょう、戻りましたら画像を掲載します、処方箋インソールの制作希望の方がいるとの事です。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード