FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
02 | 2017/03 | 04
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

デパートでインソールを買ってはいけない
先週の土曜日にインソールをデパートで販売しているが自分で納得がいかないという事で、ご相談に来られました、販売している製品はロフェインソールに酷似している製品でデパートで足のプリントをして圧力図だけでオーダーメイドインソールを注文できるという誠に呆れてしまう製品で、制作場所も不明だという事でした、最近この手の製品が多くみられます。
また、販売者も手数料を15パーセント以上デパートに支払うとの事です、言い換えればデパート側ではお金になれば何でも有りだという事ですが、普通の人はデパート、イコール信用という事が頭の片隅にある訳です、デパートでそんな事はしない方が良いと思うのですがいかがなものでしょう。
これらの製品は売り値が9万円以上する製品で、医学的が根拠がありません、カタログも見せていただきましたが陳腐なもので、どうしてこの製品がよいか解りませんでした。
ただ、私が嬉しかったことは販売する人が疑問を持ちながら販売している事実、ご本人が納得がいかないという事でした、そして3時間ほど本物の製品はこのように出来るという事を説明をさせていただきました、また、この業界の裏話、私が体験してきた経緯をお伝えしました、インソール業界は決まり事がありません、オーダーと言えばオーダーになってしまいますし、カスタムといえばカスタムになります、そのような意味からトップランでは処方箋インソールと線引きをしてきました、これは診断する方が処方箋を記載し外国にオーダーをする本物のインソールなのです、日本では制作する事はできません、その製品が3万円強でトップランの代理店から購入できる訳ですが、本気で制作された製品と、デパートで販売さえている9万円という金額はどこから出てくるのでしょう、これは製作会社、販売店、卸販売する会社がそれぞれ利益を搾取しているからなのです、処方箋インソールは現在の日本の技術では制作が出来ないのです、この事実は何回も何回もお伝えしております、皆さん絶対にデパートで購入してはいけません、インソールは正しい製品を使用すれば身体や足が改善されますが、合わない製品を使用することで悪くする事もあるのです、是非、専門のトップランの代理店からご購入ください。
目安としては3万円~4万円(診断料含む)が適正価格と考えます。
今回はメーカー名は伏せておきます、その方に迷惑がかかりますので。
スポンサーサイト
代理店様が増えております。
ようやく、足の問題が取り扱われる事が多くなりました、今週の土曜日は2件の代理店志望の面談があります、4月1日に神戸から代理店をしたいという方がお越しになります、4月8日は愛媛から飛行機でお越しになります、ずっと土曜日は空きがありません。
思えばランナートの木村さんも弊社に10回くらい来ております、今思えば彼は販売が目的でTop-Runの仕事をパクリたかったのでしょう、ですから足の事はほんの表面しかしりません、1年半位まえ私のところに来た時はまったくの素人でした、最初に来た時には、川股さんこんなすごいものを日本に広めたいと言っていましたが、所詮お金儲けをしたかってだけでした、足元をすくわれました、自分は足のエキスパートみたいな誇大表示をしていますが、所詮素人の域を出ていません、整復師を雇い治療院をした方が良いとアドバイスしたのも私でした。
また、弊社の物まねをして代理店を募集して販売店を展開しようと画策していますが、足医師の講師のコネクションもなく、足かじりの講師でどうやって普及させるのでしょう、売るだけのセミナーでしかありません、それでは困るのです、素人がインソールを販売したらロフェと同じになってしまいます、もっと理念を持たなければなりません、期待していたのですが可哀想な人でした。
しかし、木村氏のすごい点は非常に販売力に特筆すべきところがあります、これには頭がさがります、恐らく彼と会う事はないしょうし、相手にしたくはありません。
今のインソール業界は仁義無き戦いです、お金さえ儲けれいいと考えている人が90パーセントです、それでも弊社では、世界から良い製品だけを見つけて皆様に情報発信をしております、これは将来変わる事がないでしょう。
現在でも良い製品が何点か用意しておりますが、弊社でテストをしてGoサインがでたら皆様にご紹介したいと考えております、モニターでは右代選手などテストをしていただいております、乞うご期待です。
サーバー移管中のためサイトを見れません
サーバーがアイフラッグという適当な会社がきちんと移管をしてくれなかった為に一時サイトがみれません、誠にご迷惑をおかけしております、明日にはアップできると思います。
昨年、アイフラッグという会社から2名の営業員が来社され、とてもうまい事ばかり言われ乗せられてしまいました、知らない会社にサイトを依頼しては駄目ですね、特にこの「アイフラッグ」会社は最悪でした、よいサイト制作会社を探すことは難しいですね。
そんな訳で、明日くらいにはサイトが見れると思います、ご迷惑をおかけしております。
第10・11回茨城県マスターズ技術選手権大会
2月26日に福島県だいくら高原スキー場において茨城県マスターズ・スキー選手権大会が開催されました、参加者はマスターズ、14名の参加でほとんど50歳代の方達で60歳代は2名でした、そして私は最高齢の68歳で参加しましたが、最下位でした、仕方がありません滑走日数も6日くらいで筋力も落ちていましたし、だいたい競技の滑り方もよく知りませんでした、しかし、技選さながらの上手いスキーヤーも2名ほどおり、私などは遠く及びませんでした、しかしながら、悔しい思いもありますので、もっと練習をして次回は少し成績を上げようと思いました。
枯れ木も山のにぎあいと言いますがまさにそれでした、でも私はジャパ―ナとハートの宣伝も兼ねていますので、参加する事に意義があるのです。
25日の朝、家をでて東北道を下り、だいくらスキー場に着いたのはお昼くらいでした、それから少し練習をしてビジネスホテルに4時くらいに戻りゆっくりと休養をとりました。
翌朝、だいくら高原に午前8時に着き、受付をすませ9時45分から競技が始まりました、スタートはまったく緊張しませんでした、小回りの前に仲間がずらしを入れたターンの方が点がでるようだと聞こえたので、滑りを変えた事で小回りは失敗してしまいました。
やはり自分の滑りができなかった事が敗因でした、また、中回りというのを私は練習していなかったのでこれも駄目でした。
悔しいけれど、それがジャッチする方の目は正しかったのです、そんなに甘いものではありません、1年に数日の滑走日数では歯がたちません、しかし歳の性にはしたくはありません。
福島で感じた事は皆さん親切で優しいのです、人柄が好きになりました、福島万歳、そしてありがとう。
IMG_1394_20170302002021ecc.jpg
IMG_1395.jpg
PS 今回から使用したFootmaxx社の処方箋インソールは誠にいいです、カーボンで制作されていてブーツに入れても違和感がまったくありません、とにかく薄くできていますのでスキーには最高だと思います、インソールはよいのですが、成績がこれでは話になりません、上手い人が使えばもっと上手く滑れると思います。


プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード