FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

何てくだらない番組、主治医が見つかる
皆さん、この番組をみていて何か感じませんか?私はおバカ番組はみないのですが、今日はたまたま見てしまいました、そして、どこかのドクターが身体の○○を柔らかくすれば腰痛は防げるという問いがありましたが、私はすぐに解りました、膝の裏の筋肉を柔らかくすると腰痛にならないと、こんな事は我々治療家なら誰でも知っています、そうではなく、なんでそこが硬くなるんだろうと考えないのか不思議に思いました。
また、順天堂のスポーツトレーナーがストレッチを指導していましたが、あんなものはイスラム教のお祈りに全部入っていて私は患者さんに指導しています。
なにも、別段に取り立てて放送するような中身ではないですね、日本人もテレビ離れをしないといけません、こんな番組を制作する方もネタが無いのでしょう、医学は進歩しているなんていうのは真っ赤なウソで昔からほとんど進歩をしていません、逆に検査機器の普及によって昔で言う「お医者さん」が少なくなっています。
患者さんを診察するときに顔を見ない、パソコンをみて、加齢ですね、で終わりです、それはそうです何十人もの患者さんが待っている訳ですから早く診察を終わらせたい訳です、言い換えれば、患者さんは治っておらず、益々患者さんは増えているのです。
これでは、医療費がいくらあっても追いつきません。
やはり、この程度だと皆病気にされてしまうなと思いました、研ナオコさんが転倒して大腿骨頸部骨折になったという事で体幹の筋肉が落ちているから怪我になりやすいというのです、果たしてそうでしょうか、私はそうは思いません、身体の軸がぶれていて片足立ちになった時に十分に加重されずバランスをくずし転倒したと思います。
ここでも、足の重要性は取り上げられませんでした、まあ、こんもなんでしょう、私は患者さんにいつも言っています、ああいう健康番組は見てはいけないと、事実の10倍くらい大げさに誇張、拡大して放送しているんだからと言っております。
PS 先日Footmaxx社の処方箋インソールを製作された方に先ほど、お電話で調子はいかがでうかと伺いましたところ、日本で今買える処方箋インソールの中では一番良いと言っていただきました、テニスのパフォーマンスが上がったと思うとも言っていただきました、ポジションがいつも良いところで立っている為に瞬時に次の動作に入れる訳です、私はこのような声が一番好きなんですね、提供して喜んでいただけるなんて最高の喜びです。
スポンサーサイト
第8回 バイオメカニクス・セミナー内容
現在、セミナーの題材について最終的な詰めの段階に入っております、土曜日はセミナーが初めてという方々の為に、足の動きをマスターする為にFPIというテストを勉強していただきます、また、歩行の基本形であるゲイトサイクルにつおて講演をしていただきます。
ただ、基本は何においても必要でありますから何回受けてもよいと思います。、そして土曜日と日曜日の両日フットプレートの使用方法を説明していただきます、土曜日は紹介程度で詳しくは説明しません。
9日の日曜日はDr,Hongさんに外販拇指、股関節、猫背の足がどの程度影響しているか、また、診断、治療法も併せて講義していただきます、現段階でが猫背の題材を前足部の回内、外の題材にするか検討中です、また、Footmaxx社からはMetascanの活用法を説明していただく事になっております。
下の画像は5月3日にFootmaxx社において3人でセミナーの内容を検討している画像です。
CIMG4214.jpg

footmaxx
私はいままでニュージーランドとの契約でこりごりしましたので、製品を輸入する場合はガッチリとガードを固めないと思い今回アメリカのロアノークという都市にあるFootmaxx社との契約の為にアメリカ訪問となりました。
ロアノークという町はワシントンから真下に訳300kmほど下がったところで、日本の山々に似ていると感じました、本当に人々は皆親切であり好感が持てました。
footmaxx社には3日訪問しており最後の1日だけ、観光をしてきました、丁度イチゴの祭りを開催しており、アメリカの良い部分を見てきました。
今回の契約でTop-Runは日本で一番処方箋インソールでは良い製品を提供していると思います、バックボーンにはJPA(日本ポダイアトリック協会)の活動により足医学を啓蒙している訳です。
11401255_10152895394093244_5481892323930725164_n.jpg
16665484_10154266315573244_5566720437763383386_o.jpg
16665799_10154279889223244_3403746297222260341_o.jpg

Footmaxx社と日本総代理店正式契約
5月1日の午後5時のフライトでシカゴ経由でアメリカのロアノークという人口10万人ほどの都市に到着したのは同日、現地時間の午後10時半過ぎでした、成田からシカゴまで11時間、乗り継ぎで4時間シカゴからロアノークまで1時間半かかりました、成田でも出発が大幅に遅れ、結構疲れました、翌日‘Footmaxx社を訪問、ビデオで見た会社の全景よりもはるかに大きく驚かされました。
ここの都市は、東洋人が少なく、それもびっくりしました、アメリカ、カナダではどこでもアジア系が多いのですがロアノークは別格です。
セキュリティーがしっかりしていて無断では会社に入れません、いままでにも沢山のラボを訪問してきましたが、すべての面においておそらくアメリカではナンバーワンだと思いました、社員数は150名だと聞いております、会社は各部門に分かれていて、マーケティング、セールス、デザイン、コンピュータ-、製造工場など、工場の大きさは日本の一般的な小学校の体育館ほどの大きさです、その他ではジムも完備されています。
日本で、インソールを製作依頼に来る方々の中で一番多い質問事項は、何で日本で製作ができないのか、なのですが、あなた方はアメリカに行った事がありますか?アメリカの足医学を知っていますか、日本のレベルを知っていますか?知っていればそんな愚問はないはずなのです、その足医学はアメリカに追いつけないほど遅れているわけです。
ですから、この質問が一番私は嫌いなのです、ラボでも販売がうまい会社、品質は低いけれどプアーな製品を宣伝でカバーをし販売している会社も多くみられますが、この会社に来て改めて驚かされました、まるまる2日間沢山の説明を受けました、すべての社員が礼儀正しく仲良しです、20年間処方箋インソールの仕事をしてきて、しみじみとよかった、やっと運が巡ってきたんだと感じます、今日は最高の日でした、いままで‘Top-Runが提供してきた製品が悪い訳ではありません、しかし、何にでも上には上があるわけです、それがこの会社なのです。
いま私はロアノークのホテルでブログを書いています、明日また会社にいきます、残りの1日は近郊の名所を訪ねてから日本に長時間かけ戻る予定です、今年のセミナーはものすごくなります、女性で中国の医師免許とアメリカのバイオメカ二クスのマスターの資格を持つ医師が講師として来てくれることになりました、今回のアメリカ訪問は多くの意味がありました。
すでに、新しい方が2名セミナーにエントリーされております、今回のセミナーはとても内容が濃いものとなっております、乞うご期待ください。
kazu.jpg
会社のジムです、健康管理ができるようになっています。
IMG_1473.jpg
社員食堂です、信じられますか、この大きさ
CIMG7232.jpg



プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード