FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カスタム・オーダーメイドインソールの選び方
カスタムメイドとオーダーメイドの境界線がなく、選ぶ側としては困惑しているでしょう、実際にオーダーメイドの物は無形の物から有形の物が作られると考えます、カスタムメイドとは既成の製品が存在しそれらを少し加工した物をカスタムメイドと考えられます、HPで本物のオーダーメイドインソールを探す作業は難しい事です、それは探す人が素人だという事なのです、ですので販売する側も適当な事を誇張して宣伝しても解らない訳で、ファーストフードの店員と同じでマニュアルがありその指示通りにお客様に提供しています、店員も良く解らない訳でマニュアル通りに説明をします。
最初にこのシステムを考案したのは三井物産がシダスというブランドでスポーツ店に進出しました、それはスキーヤーは上手くなりたい為、新しい物を探しております、シダスはスキーヤーの心理を利用しスポーツ店にインソールを販売するに必要な器機を購入させ販売拡大に励みました、当然スポーツ店でも機器購入代金を回収したい為、それらの製品が良くも悪くも関係なく販売しなくてはなりません。
結果、カスタムインソールなんてたいした事では無いと人々は考えるようになりました、その次はアシックスで販売を開始したアムフィットというインソールであり、計測機が300万円でしたがあまりにも評判がわるく撤退をしましたが、いまだ、その系列で販売している製品も存在します、これは器機の上に立つと下から細い棒状の物が出てきて足の形状になります、大きな間違いは2社とも立位で製作されるという事である、荷重をかけるという事は悪い足のまま荷重がかかり何の意味も無い事なのです正しい足型、我々専門家は荷重をかけて足型はとりません、無荷重の状態で取る訳ですから足の悪い状態が正確に把握できます、それを元に足医師が診断をし経験のある熟練工が製作をします、これが本門のオーダーメイドインソールと言える確かな製品なのです。
ですので、30分ほどの待ち時間では絶対に出来ません、私はシダスもアムフィット共、自分で購入しスキーでテストをしていますがプラシーボのレベルだと個人的に思っております、それと、もう一点大事な事は母体である中足部の素材であり、少し強度があり尚且つ硬すぎ無い事、適度な復元力を持つ素材が大切である、また、踵の深さ、踵の角度を調節するリアーフットポストは必要であると考える
以上の事から、簡単にカスタム・オーダーメイドインソールの選び方で改善されるか悪くなるか決まってしまう事が恐ろしいと思います、プロゴルファーの丸山茂樹さんとお話をした際、彼はインソールなんて何を使っても一緒で変わらないねと言われました、一般の方々も使用された人達は同じ気持ちではないでしょうか、その責任は自民党と同じで自分達が今まで何をしてきたのか解らない、悪いと反省していない、ただ、ノルマを達成して店の利益になれば良いとしてきた事が本物のオルソティックの普及に支障をきたしています、本物のオーダーメイド(オルソティック)は、それを見た義肢装具師の方が、これは日本では出来ないと明言されました、これが事実なのです、スポーツ店や他の整骨院で販売されている物に期待する方が間違っています、例えば車を例にとりましょう、現実に最近の日本車は以前より良くなっていますが、いくら何馬力あるといっても、ドイツの車はアウトバーンで200Km
巡航できるように作ってあります、日本車を200Kmで巡航する能力があるでしょうか、これは文化、製作する目的が違うのです、日本車は日本の道を快適に走らせるには世界一でしょう、しかし200Kmで巡航する為に作られてはいないのです。私の場合はスーポツ店で販売している製品は使用しません、クッションや快適さを求めるだけならかまいませんが、どこか身体の悪い部分を矯正したいという目的であれば本物を探す事です私はカナダのバイオップを日本に最初に輸入した経緯がありバイオップの製品は確かな物です、しかし現在、当社で販売している製品にはかないませんトップランでは品質、価格どれをとっても確かな製品を提供しており、今後ますます発展するでしょう、いつの日にか日本一になると確信しております、それには、皆様の期待を裏切らないという事、信頼関係だけではないでしょうか、立位で型をとる製品はバツです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toprun.blog57.fc2.com/tb.php/262-0afd5194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード