FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
02 | 2020/03 | 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高圧的な医師
11月27日の朝日新聞、声の項に「不安募らすだけの高圧的な医師」という投稿があった、だいたい医師というと偉いと勘違いしているんじゃないでしょうか、いつも言うように理髪師、美容師、柔道整復師と同じなんですね、ただ違いは少し長く大学に行く事、少し頭が良いという事だけでしょう。
紙面によると息子が救急車ではこばれた、剣道の練習中に全身がしびれ動けなくなったとの事、看護師が打ってくれた偏頭痛を抑える注射で快方に向かいMRIの検査結果を待った、良い仲間と教師に恵まれた事が嬉しかった。
ところが医師が高圧的で患者を思いやる言葉も姿勢もなく、劇薬の皮下注射の処方箋を出すと言うので不安を感じ脳外科医の義兄に相談をしたいと申し出ると「そんなに俺の診断を疑うだったら話はおしまい、帰ってもらって構わないよ」とハエを払うようなしぐさ、家族には心のしこりが残った。
どのこバカ医者なんでしょかね、恥ずかしいというか子供ですよ、親が子供の心配をする事は当然の事です、世の中、こんな事は日常茶飯事です、まともな医師は1割くらいでしょう、その1割の先生を探す事で生死が決まります、運命といえばそれで終わってしまうのですが、少し前まで、役所の人達が高慢で態度が悪かったのですが、最近は応対が変わってきました、税金のお陰で食べさして頂いているんだという事がやっと解ったのでしょう、気持ちがいいですね、多分、近い将来医師達もそうなる筈です、そんな医師がいる病院は評判が悪くなり、開業医の場合も患者さんが二度と行くものかと思ってしまい患者さんが激減します、医療といっても現在は産業化しています、しかし、反対側からみるとモンスターペイシェントなんていう輩もいる事は事実です、患者さんには医師、治療院を選ぶ権利があり医師や治療家は選べない事が現実です保険証を出せば治してもらって当たり前という人がいる事も事実です、やたらに態度のでかい患者さん、我侭な患者さんには私は遠まわしにお断りしています、100人診て3人くらいは常識の無い人間もいます。
私は患者さんに良くいいます、良い内科医、歯科医、整骨院の三つは確保しておいた方がいいですよと、現実的にはかなり難しいと思います、グットラック、テイクケアー、ガットブレスユー、最後にナイスハバーデイ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toprun.blog57.fc2.com/tb.php/274-d2c3ca33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード