FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スキーヤー激減を考える
今から20年ほど前は、スキー場のリフトに乗る事も大変でした現在は待ち時間なしで乗れてしまいます。一頃一説には2千万人と言われたスキー人口は、7割減としても600万人という事になりますが実際にはもっと低いでしょう、では何故こんなにもスキー人口が減ってしまったのでしょうか?一番は景気の落ち込み、少子化によるもの、若者の嗜好性などであろう、言わずと知れた事ですが、スキーはお金がかかります、まず交通費、宿泊費、リフト代、スキー用具購入費など、ゴルフと比べたら比べようが無いくらい差があります。
ゴルフなどは平日であれば6千円から8千円くらい、日曜日でも1万円ほどでプレーができます、食事も込みでの金額です、雪国の方々は除いて都会からスキーに行くには一体いくらかかるのでしょう、新潟の舞妓高原に行くとしましょう、新幹線が往復で1万6千円、タクシーが往復8千円ほど、宿泊費が9千円ほど、リフトが2日間で8千円ほど、そしてスキー学校などに1日入学すると5千円、これだけで5万円近くになってしまいます。
2日間で5万円も使ってスキーに行ける人は日本にどのくらいいるでしょう、上記のものの中から下げられるものはリフト代と交通費だけでしょう、宿泊費は旅館や民宿は経費がかかっているのでこれ以上は無理だと思います。
また、家族でスキーに行くなんて事は、よっぽど高収入がある方でないと無理です。
リフト代を下げるべきです、リフトは1人で乗っても、100人が乗っても電機代は同じなんです、ですから子供料金は千円にする、大人も現在の4千円から半額にするくらい思い切った手を打たないと益々スキー人口が減っていくでしょう、リフト代金で稼がなくとも食堂などにお金が落ちる訳です。
それと、現在のSAJのメソッドは教程が4年~5年サイクルでころころ変わり付いて行けない感もあります、もっと楽しくスキーが出来る環境も必要ではないかと考えます。
とにかく、景気が悪い、子供が少ない、上向きの材料が無い訳です、スキー業界も本気で考えないといけない時期を通り過ぎています、みんなで考えましょう。
スキーほど、大自然と触れ合い、上手くなればなったでこんな楽しいスポーツは他には見当たりません。
現在のスキー業界は、日本の政治の縮図のようです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toprun.blog57.fc2.com/tb.php/449-2936f3c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード