FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

医療費が半額以下になります。
「これをやめればあなたの医療費は半分以下になります」この記事は某女性週刊誌に掲載されていました。勇気ある3名の医師が断言した医療費リストラ術と書いてあります。
私も個人的に日本人は何故無駄な健康診断をするのか、何故風邪くらいですぐに医者にかかる、ちょっとおかしいくらいですぐ医者にかかる何で自分で治そうとしないのだろうと考えています。
私も家内も60歳は過ぎていますが、健康診断は一度も受けた事がないのです、健康診断とは病気を見つける探す作業であり治す事ではないのです、自分で考えて駄目な場合のみ医者に行けば良いと思っています。
松本先生いわく、「私は日に数十人の方を診察しますが、その8割は来なくてもいい人たちです」。
日本の医療費は37,4兆円で過去最高を記録、松本先生はこの負担増に矛盾を感じ診療の傍ら過剰医療がもたらす弊害について全国を回り講演も行っている。
加齢による症状は自然にまかせるのがいちばん。薬でかえって悪化する例もある。
①降圧剤には脳梗塞の発症が2倍になるデータもある。
②コレステロール基準値を10下げると該当者が1千万人増える。
③骨粗しょう症薬の副作用で骨がもろくなる。
④日本のメタボ基準は世界の笑いもの。
名取先生談
⑤なんでもCT検査の危険
⑥子供にCT検査で知能低下の可能性も
⑦人間ドックは患者を「呼ぼう医療」
日本の医学を信じる人は宗教を信じる事と同じで改宗させることは難しい
近藤 誠先生談
⑧「ガンを早期発見」の無意味さ
⑨過剰な切除手術が人生を変える
⑩ガンの治療後の定期検査も被ばくが怖い
等である、日本人は医者によって洗脳されてしまっている、いわばオウム真理教とあまり変わりがないと思われます、もちろん全員ではないが、もう少しwhy?why?why?と考える事必要ではないでしょうか。CT装置が世界の7割が日本にあるということ、厳密に調査すればもっとあるであろう、外国では何で少ないのだろう、アメリカの人口は日本の倍であるにもかかわらず少ないのである、必要がないからなのであろう、器械を導入すれば機械の元を取ろうと考えるのは自然である、元を取ろうとすると使用する必要のないものにCTを使う事になる、CTは検査をする機器であり治す医療機ではないこと。
国民一人一人が医療費がどう使われているか考える必要があると考える。
整骨院の医療費は1パーセントです、どう思われますか?
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toprun.blog57.fc2.com/tb.php/479-1f9bea3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード