FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

処方箋インソール日本初
1997年にモントリオールのラボを訪れた際に目から鱗でした、それから早17年、まだまだ日本は足医学の分野で遅れをとっております、Top-Runではこのたび日本初の足型を読み取る機器を導入しました、この器械はまだ1台も日本には存在しません、この器械は石膏の足型、インプレッションボックス、(バイオフォーム、トリシャムとも呼ぶ)、素足をスキャンする事が可能な機械なのです、この器械を導入した事により、今までに3週間かかっていた納期が1週間短縮できるのです、スキャナーで取り込んだ画像を瞬時に外国に送る事が可能でになりました、もっともカナダの場合は14時間の時差がありますが、
とにかく画期的な機械だと思います、この方法も外国では主流になりつつあります。
私は17年前に外国のラボを訪問した時に思いました、処方箋インソールは日本では制作ができないと、最近では日本人もチャイニーズのように表面だけ真似をしてインソール制作をするインチキ会社も出没していますが、これは絶対に無理な事です。
もし、簡単にできるようなら私がすでに始めています、外国のラボの場合は歴史、専門大学、足医師たちが膨大なデータノウハウ、経験をもとに工房と密接な連携をとり制作されてきました、日本の浅い足医学の上からでは到底無理がある訳です。
日本の自動車メーカーも戦後から始まり少なくとも60年以上の歴史があります、そして世界でも通用する車が生産されています、どうでしょう、中国のパクリの自動車を誰が欲しいと思いますか、日本人なら絶対買わないでしょう、韓国の自動車メーカーも日本に参入しましたが撤退を与儀なくされました、カナダでは少し見かけましたが、安いから買うわけで、普通の人は買いません、韓国の自動車産業は三菱がエンジンを供与して始まりました、独自の技術はありません、前置きが長くなりましたが処方箋インソールはそんなに甘いものではないということです。
Hand in Handです,外国のラボでもそれぞれ特色があり、面白いのです、私の場合は現地のラボを直接みて視察をして、自分でテストをしてから患者さんに提供してきました、北米、オセアニア、イギリスなど8社の工場を訪問しました、ですから日本では出来ない事を良く理解しています、奥が深いのです。
いか、最新のスキャナーの画像を掲載します、この方法で外国に処方箋インソールを発注しているのはTop-Runだけです、価格は一番安いでしょう、経験と歴史でも日本で一番進んでいると確信しております。
123.jpg
CIMG4932.jpg
CIMG4933.jpg
CIMG4931.jpg
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toprun.blog57.fc2.com/tb.php/629-a52767af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード