FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
06 | 2019/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

オーダーメイドインソールでないオーダーメイド
最近ネットでオーダーメイドインソールと検索をしてみました、上からTop-Runまでは、はたしてこれがオーダーメイドと呼べるものなか疑問を覚えました。
以前にもこの文言をブログに掲載したことがありますが、英語と日本語、それに日本英語がゴチャゴチャになってきてしまっている感があります。
本来のオーダーメイドとは、洋服の世界は一枚の生地から制作されるものを指します、そして規制品に加工するものをハーフメイドと呼ばれております。
インソールの世界ではオーダーメイドの本来の意味はまったく形の無い一枚のポリプロピレンから制作されるものを本物のオーダーメイドとよびます、ですので日本のインソール業界で謳っているオーダーメイドの95パーセントは真のオーダーメイドとは呼べない製品をオーダーメイドと誇大広告をして販売がされております、ひどいものではオーダーメイドをネットで販売しているサイトもあるくらいです、本当にひどい世界です。
では真のオーダーメイドとはどういうものかというと、施術者が(ポダイアトリスト)患者さんの足を診断し分析をし処方箋に記入をし日本では制作ができませんのでTop-Runでは外国のラボ(工房)に制作を依頼します。
ですので真のオーダーメイドは世界で1人にしか合わないのです、他の人は使えません、ちょうどメガネを連想してみると解りやすいと思います、一人一人検眼をして制作される訳ですから、最近になってから私はオーダーメイドという呼び方を変えました。
処方箋インソールというようにオーダーメイドとは一線を画すように区別、分類を明確にする為に処方箋インソールと変えた訳です、私の癖ですが、ですからオーダーメイドインソールと謳って販売されていたら市販品インソールにパーツを貼ったり、少し削って販売です処方箋インソールが正しい呼称となります、現在処方箋インソールを正確に処方できるのはTop-Runグループだけとなります。
正しいものを提供する為にTop-Runでは外国の足医師(ポダイアトリスト)を招きワークショップを代理店の先生の為に毎年開催しております。
以下の画像は私自分用の処方箋インソールです、コレクションの一部です、16足分あります、もちろん良いものと悪いものが混在しています、あくまでも一部ですので少なくともこの倍は持っています、言い換えれば、それらの全部をテストしています。
s-009.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toprun.blog57.fc2.com/tb.php/691-356fb6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード