足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フィートデザイン・インソール
昨日の事ですが、弊社の代理店からフィートデザインろいうインソールが何でも3Dで製品が出来ると言うので私なりに調査をしました。
頭の良い人間であれば2次元のものを3次元にする事は不可能な事くらいわかるはずです、私達がバイオフォーム、イムプレションボックスを使いSTJ関節をニュートラルにして足型を取る訳ですが、これが現在の欧米の主流の制作方法でフットセンサーの情報だけで製品を製作する事は不可能なのです、例を挙げますと、例えばリンゴを画像で撮りそれをリンゴの形にすることができますでしょうか、画像を見ればリンゴだと解りますが、形は作れないのです、こんな単純な事も解らないでアメリカの義肢装具師が監修していると謳っていますが、義肢装具士はインソールはやりません、これはポダイアトリストの仕事で義肢装具士は他のやるべき仕事が沢山ありインソールなど制作しないのです、また、私は何度もお伝えしていますが日本の技術では制作ができないのです、ノウハウが無い、大学が無い、足医師がいない、これで良い処方箋インソールが出来る訳がないのです、また表参道の足の診療所の記載がありますが、この病院は名前こそ足の診療所となっていますが既存の日本医師会の外科や整形外科の診療となんら変わりませんし、おそらく本物の外国で制作される処方箋インソールを知らないと思います。
もし、本気で患者さんを治したいならば変な製品は提供しないでしょうし、絶対にしては駄目なのです。
日本の既存の医学と外国の足医学(ポダイアトリック)は、診かたがまったく異なります、従って治し方も違う訳で間違ってもヒアルロンサンなどは注射はしないのです。
いつも、このような警告を発していますが皆さんも宣伝やメディアに振り回されるのは止めたほうがよいでしょう、何が本物か偽物かよく調査すべきだと思います、いま、私の知り合いがフィートデザインに製作を依頼していて間もなく完成するそうです、実物をみたらまたコメントをする予定でおります。
とにかくせんじつもロフェという健康器具販売で1足9万円卸が6万3千円というものを販売しているところに直接なんでこういうものを販売するのか問い詰め、止めて下さいとお願いしましたが、売れているんだから、俺たちの勝手だろうと言われてしまいました。
とにかく、まがい物の方が多いと考えたほうが良いでしょう、どこで制作しているのか、どこの会社が輸入しているのか明確にできないものは買ってはいけません。
Footbionics使用の、福沢孝秋プロ
image2.jpg
リチャード・バックウェル選手(オーストラリア)Richad.・Backwell
りちゃど
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toprun.blog57.fc2.com/tb.php/768-2c8be9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード