FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スウィングの理論
最近、特に思う事でスウィングについて、いろいろと考えてみました。現在はティーチイングプロがもてはやされ、ゴルフ雑誌で沢山取り上げられております、谷正貴、江連忠さんなどのテーィチングプロなどですが、決して彼らに教ったからといって上手くなった訳ではありません。
中島さんや、片山、丸山茂樹など、沢山のプロがテーィチングプロに教えてもらい成績が上がったという事ですが、それは違います、彼らはもともと素質があって上手くて、人一倍練習をしているからなのです、それはたまたま人間ですからスランプもあるでしょう、そんな時にちょっとアドバイスをしてもらうだけなのです、そこを、皆さんは勘違いしないで下さい。
私はスウィングで一番大切な事は身体が健康で正常に各関節が作動しているかという事です、その上でゴルフの理論が生かされるのです、まず、バックスウィングですが、正常に立っているか、腰はどうか、肩や肘、手首は大丈夫かチェックしなければなりません、そして、バックスウィングが浅い人、切り替えしの早すぎる人ほど、胸郭、特に肋骨が硬い人が多いという事ですが、そのこと事態本人が気ずいていない事が問題なのです、チェックの仕方は前屈が硬い人、また、イチロー選手がよくしている股を大きく開いて、肘を膝の上に伸ばし、肩を入れる動作です、これがよく出来ない人はまず、バックスウィングは浅くなります、当然な事です肋骨は左右12対あり背骨から胸骨まで半円を描き内臓の保護と呼吸運動の補助をしていますが、この肋骨の柔軟性が非常に大切なのです、是非、チェックをして下さい。
ご存知の通りスウィングはバランスです、1ヶ所でも異常があると良いスウィングはできません、そして何よりも肝心なのは足です、後ろから踵を観て、踵が内側に傾いている、外返し、その逆、内返しですが、外返しの人は膝が内旋され股関節も締められる為、腰の回転がしにくくなります、逆に内返しの人は絶対にスウェーをします、それは踵の中心がずれているので出来ないのです、私は強く言いたいのです、これらの事を踏まえた上でないと良いスウィングなど絶対不可能なのです。現在の一流プロは生まれ持って、良い足を両親から受け継いでいる一握りの方達なのです、以上、私は考えているスウィングについての理論です。
何でもバランスだと考えます、土台が固められるとバランスが良くなり
ヘッドスピードも上がりますから飛距離も伸びます、スウィングがバラバラで道具がどうたら、ボールがどうたら、メーカーに翻弄されています、もっとスウィングを掘り下げて考えて見てください、きっと、追求していれば、もっと他の視点から考える事ができると思われます。
身体のチェックから初めて下さい、シングルには誰でもなれます、しかし、片手以下は無理です、才能とお金がないとなれません。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://toprun.blog57.fc2.com/tb.php/82-6c0b853c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード