FC2ブログ
足の事ならTOP-RUN
悪い足は身体全身に悪い影響を及ぼします!
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全米シニア、米山プロ10オーバー
さて、待ちわびていた全米シニア・オープンがはじまりました、残念な事に米山プロは10オーバーという結果でした、要因として考えられる事は、今年に入ってから米山プロ自体、昨年のファンケルの時のように本調子ではない事、24日に日本を発ち現地入りがおそかった事、ジェットラグが普通に戻るまでは普通であっても1週間ほどかかる事、またマークセンのように世界を飛び回り身体が順応していない事、また、世界の一流プレーヤーに圧倒されて本来のように日本でプレーするような訳ではない事など考えられます。
それにしてもマークセンはすごいですね強いです、また、出場選手の顔ぶれがすごいですね、その一流選手でさえ3、5オーバーが当たりまえのスコアーでプラス10は仕方がないのかなと思います、倉本会長のようにアメリカツアーで戦ってきたプロとは少し、経験が不足していると考えます、おそらくカットライン、私の予想は6オーバーくらいかなと思います、このコースのセッティングがその位なんど難度が高いと富永プロの解説でした。
私は、結果はどうあれ楽しんできて欲しいと思います。
2日目が終わった時点でマークセン2オーバー、米山プロは19オーバーとの事です、こればっかりは仕方がありませんですね、お疲れ様でした。
米山 剛プロアメリカ全米シニア、Top-Runサポート
先週の日曜日、スターツで米山プロにお会いし、急遽、プロにFootmaxx社のオルソティックを製作する事になりました、本来であればアメリカの工場を水曜日(13日)に出荷する予定でしたが本日、18日に日本に届きました、米山プロとはお電話で調整をし水曜日に神奈川の練習場で手渡しをする事になりました。
製品は、ボイジャーとエクスペディションの2タイプです、オールスポーツタイプでカーボンで制作しました。
製品の画像です。
IMG_20180618_164028.jpg
IMG_20180618_164016_20180619141109f34.jpg
IMG_20180618_163944_201806191411073dd.jpg
IMG_20180618_163933.jpg
水曜日にお渡しをし、木、金とゴルフをしたとの事で何か調子が良いとの事でした、24日の夕方、出発直前のプロから電話があり、これから行ってきますとの連絡がありました、私は楽しんできてくださいとお伝えしました、それと、腰の具合もよいとの事でした。
放映は金曜日の朝から放送されます、皆さんもご覧ください。
2018日本陸上10種競技
今日開催された日本陸上10種競技で右代選手が7度目のチャンピオンになりました、あめでとうございます、
Top-Runでは右代選手の足をサポートさせていただいております、footmaxxのインソールを使用していただいております、ますます右代選手の活躍を応援させていただきます、おめでとうございました。
https://jp.reuters.com/article/idJP2018061701001962
ある、お問い合わせ
一昨日、一本の問い合わせの電話がはいりました、東京の40前後の女性の方からで、左足が問題があり、ある整骨院に行ったらノースウェスト社のオーダーメイドインソールを勧められ依頼したという事でした、何と価格は10万円というのです、昨日注文したというので、私はすぐにキャンセルをした方がよいとお話しました。
私は10年ほど前にノースウェスト社の製品を使用している先生方を3名ほどフットセンサーで検証したことがありましたが、結果は駄目でした、とても満足のいく結果は得られませんでした、日本にも外国にオルソティック(オーダーメイドインソールとするとニュアンスが違うから)を製作依頼している会社が数社ありますが、中でもノースウェストはかなり価格が高いと思います、Top-Run、JPAでは世界の基準に合わせおります、ちなみに欧米では米ドルで500ドル~600ドル、3回のケアーが入った価格なのです。
問題は輸入元の会社の卸価格が高いこと、販売者が利益を取りすぎると感じます、ほとんどの業者、販売者は1社の製品しか知らないことも問題です、1社しか知らないという事は比較ができない訳です、また、ノースウエスト社はカーボン製ですので、特殊なケースを除いてトップランではカーボンを勧めておりません、例えば、プロゴルファーなどシューズに余裕がない場合、パンプスなど隙間がない場合はカーボンを使用して薄く制作いたします、当然にカーボンは硬い素材ですので疲れやすいという欠点があります、反面薄く制作できるというメリットもあります、その患者さんの用途に合わせて素材(後足から中足部の基本の部分)を選択します、またカーボン素材だから高いという事はありません、工場出しの価格に30ドルくらいしか変わりがありません、しかし、10万円という価格はひどいと思います、矯正具は医療用として使用されます、医療というのはお金儲けではありません、患者さんを助けるという事が最優先されなければなりません、お金を儲けたいなら他の仕事をした方がよいのではと考えます。
トップラン・グループでは大体3万円ぐらいで販売されております、先生によっては診断料が少しかかります、(3.000円~5.000円)それが合計の金額です、その話を大阪の代理店様と話をしましたら、大阪の先生が言うには3足制作できてしまいますね、とお互いに笑ってしまいました。その他、アトラでやっているロフェなんて製品もありますが、これはノースウェストよりもっと悪質です、素人の方が購入する場合は、サイトでしつこいくらいに調査をしてください、サイトでは上手い事ばかり書いてあるものは×です、
まだ、他にも沢山、ウサン臭いのはあります、アメリカの監修を受けて日本で制作してるなんてものもあります、だいたい、アメリカの会社が監修をどうやってするの、あり得ない話です、会社名はFeet何とかです、製品を見たのですが、私が見た感想は、なるほどね、という感じでしょうか、悪い人間は多いですよ。
スターツ、プロシニア・トーナメント
7日朝、6時30分に出発をし笠間ゴルフ・クラブに向かいました通常ですと試合の1日目になるのですが、この試合は木曜日がプロ・アマとなっており、思いがけず岡本ナツキさんと渡辺さんにお会いし画像を撮らせていただきました、岡本さんは昔とぜんぜん変わりないと感じました、一方、渡辺さんは始めてお話をしましたが、紳士であり好感の持てる俳優さんであると思いました。
男が見てもダンディーであります、お二人ともプロアマの常連です。
また、米山プロとお話をし、インソールのお話はしました、米山プロは硬い素材のものを探していたとの事で丁度よいタイミングでサポートさせていただく事になりました、また、全米シニア・プロに参加するとの事です、さて1日目が終わりトップは倉本会長、グレッグが並んでおります、マークセンも上に来ていますが、彼には遠慮してもらいたいのが本音です、しかし、勝負の世界は強いものが勝つことは当然ですので仕方ありません、最近のシニアをみてきましたが、一昔前のシニアとは少し雰囲気が変わってきました、レギュラーに少し近い感じかなというのが印象です。
米山プロ
IMG_20180607_140418.jpg
俳優の渡辺さん
IMG_20180607_143627.jpg
岡本ナツキさん
IMG_20180607_094136_BURST001_COVER.jpg



プロフィール

TOP-RUN

Author:TOP-RUN
TOP-RUNのブログへようこそ!
 

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード